君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

出た当初ぐらいに友達に借りて小説読んだので、うる覚えだったのですが雰囲気とかはちゃんと再現されてたと思います

ただ、小説を読んだ時も正直感動は無かったのでこうゆう表現が私は好きではないのかも…?
というか主人公役が弟にそっくり過ぎるのと、ラストがこんなんだったけって思ってるのが強すぎて全然集中してみれなかった笑

んんん、、、でも個人的にはあまり感動というか泣いたりはなかったですが、1日1日しっかり生きようという気持ちや素敵な言葉だったり響くものはあるので悪くはないと思います
あと、エンドロールのミスチルがとても良きです、、、流石
けつ

けつの感想・評価

5.0
あまりこう言う映画は見ないのだがとても感動した。最初から最後まで切なさや悲しみが込み上げるが、頑張っている姿を見て感情の起伏が激しかった。
タイトルの意味はこの映画を見終わったあとよく理解できると思う。
感動したい、少し悲しい物語が見たい人にはおすすめである。
泣いたわたしは好きでもハッピーエンドが好きだな
とにかく感動!感動!
素晴らしい映画です‼️
友達に誘われて観に行ったけど
ボロ泣きすぎてやばかった。
嗚咽&鼻水のオンパレード。
とにかく最高だった!!
わ

わの感想・評価

2.0
小説には敵わない
しんご

しんごの感想・評価

3.5
機内でボロ泣きした
結末知ってたけどずるいわ
mitugu

mituguの感想・評価

5.0
小説を読んでよかったが映画もよかった
小説の世界観とか人物像にしっかり合ってて泣ける
AZUL

AZULの感想・評価

5.0
この作品タイトルと言い何より邦画だから舐めてた。
タイトルも素敵だし感動できる作品だった。
こんなにもう一度観たいと思う作品にはなかなか出会ったことがない。

まずストーリーとしては誰とも関わらずに自分の聖域を守ってきた地味なクラスメイトの君とクラスの人気者でありながら膵臓の病気を患っている余命少しのさくらが心を通わせていく話。

個人的に観てきた数少ない邦画の中で1番良かったかもしれない。それぐらい素敵な作品だ。
そしてさくらの可愛さに終始やられた。

2人の関係は決して「好き」や「恋仲」などそんな単純な言葉で表してはいけない様なそんな関係。

さくら。普通そんなに死ぬとわかっていて明るく振る舞えるのか、だけどそうでもしないと恐怖に押し潰されてしまっていたのかもしれない。そして君のことを好きだったのだろう。好きになってしまえばこの関係だけでなく周りの全て君のことも壊してしまうかもしれないと思っていたのだろうか。

君。最初は好きではなかったかもしれないいや、最後まで好きに気づけなかったのかもしれない。今まで人を拒絶してきた彼だからこそ気づけなかった。でも全てを客観的に観ることができたからそんな彼にさくらは恐怖からの逃げ方を知りたかった、一緒にいて欲しかったのかもしれない。君も同じようにずっと一緒に居たかっただろう。

うまくまとめたり書くことができないけど浜辺美波さん演じるさくらの明るくて上から目線というより対等に話しかける姿とかおっちょこちょいない所とか時々見せる無理してる感じとか僕の心のストライクゾーンのど真ん中を射抜いていて何回でも見れるしありえん可愛い。ありえん好きになってしまった。
あんな彼女が欲しかった。笑顔が素敵で仕草が可愛い女の子にやられちゃうんですよね〜。

そして最初に言ってた番号の意味がようやく12年後手紙を見つけるもどかしさ。
個人的にいろいろ重なる部分が多すぎでまじで泣けた。
手紙はもっと早く見つけたかったなぁって。失ってから気づいても遅いんだよなぁって。ほんまに色々個人的に重なること多すぎて。

今を生きること。支えたい人がいることの大切さ。そんな大切な人を失ってから探してもどうしようもないことのもどかしさ。

まるで今の僕はさくらが死んでから1ヶ月間不登校になった君のようだなって思った。

2人の関係はただ好きな人って表せるような簡単なものではないのかもしれないがお互いがお互いを知りたくて真っ直ぐに向き合えなかったのかもしれない。

展開はなんとなくわかってしまったけど、それでも感動した。

浜辺美波が可愛いのかそれともさくらが可愛いのか。

そして色々な人の立場になって何度でも観られる作品だ。

とにかく人生は人と心を通わせる事で失ってから気づいても探しても遅い。そんな当たり前に改めて気づかされた作品だった。
>|