君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.7

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

2017年8月5日土曜日
ユナイテッドシネマ豊洲
泣かせていただきました。
takechi

takechiの感想・評価

4.3
題名で観るのを戸惑っていた。
早く観れば良かった。
若いってだけで、素敵!
遠くに行ってしまったなー。
泣かされるってわかってるのに泣ける。

あんな風に強くて優しい女の子になりたい。そりゃあもうすぐ死ぬって言って大事にしてもらいたい。けど、友達を思ってそのことは言わないんだ。

あぁなんて友達想いなんだ。

そんな女の子にわたしはなりたい。
yoppe

yoppeの感想・評価

4.3
あんな泣くと思わんかった
Toku

Tokuの感想・評価

3.4
気になった音楽
himawari/Mr.Children
2018年 111本目
馮美梅

馮美梅の感想・評価

2.5
小説がベストセラーになっているみたいですが未読。

人と関わることを好まない男子とやたらそんな奴に絡んでくる女の子。膵臓の病気で老い先短い人生。なぜかそんな親友にも言ってないことを彼にペラペラ喋っちゃう。

どちらにしても結局、早かれ遅かれ、理不尽なことと向き合わらければならない。その時、そのあとどう生きていくのか。

どうしてもこういう作品は意図的にお涙頂戴な演出をしようとして反対に冷めてしまったり、しらけてしまう場合があるけど、この作品も私的には、微妙な感じだった。一応最後までは観れたのでギリ許せるラインの作品でした。
>|