君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.7

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

me

meの感想・評価

1.0
恋愛モノはあまり得意では無いのですが、評判がいいので思い切って鑑賞。


こんな女の子…現実にはいないよねぇぇぇ。
ファンタジー。
ヒロインの小悪魔ぶりに最初から最後まで悪い意味で鳥肌が止まらず…(アニメにしたらまだ多少我慢できるかも…)
演技が不自然過ぎ。
可愛子ぶりっ子のアイドル好きな人にはいいかもしれません…。


良いところだけ見せて、汚いところは目隠しするという美学。私は苦手です。

嫌われたくないから、好かれていたいから
楽しい時間にするために、無理をして、我慢して笑う。

私は好きな人が辛い時は、取り繕わず目の前で泣いて欲しいです。
嫌なところをひとつも見せず、消えていくのはずるい。
そうすることで、相手の心に強く印象を刻みつけ、その人の存在がいつまでも消えずに残るのですから。
まるで呪いです。

苦手な作品でした。

「綺麗な姿だけ見ていて欲しい」
風立ちぬの菜穂子を思い出しました。
RIMU

RIMUの感想・評価

5.0
女の子も男の子も演技が絶妙!!!
繊細で泣かせにくる映画。すきです
maki

makiの感想・評価

3.5
その人がいついなくなってしまうかなんてのは本当にわからないものだと改めて考えさせられました。

このレビューはネタバレを含みます

君の膵臓をたべたい 実写

- [ ] 通り魔に刺されたニュースを見て棒立ち
- [ ] クラスメイトのいじめのような雰囲気がきつい
- [ ] 恭子 たかひろの演技が良くない
- [ ] 死んだ時のインパクトが足りない
- [ ] 小栗旬と北川景子のところが完全に蛇足
- [ ] 桜良の部屋に行った時の押し倒すまでが違和感を感じる
- [ ] 桜良の母親が悪くないがアニメの方がいい
- [ ] 桜良が『僕』のことを最後に春樹呼びするのはうーん
- [ ] 小説で言いたかったことを伝えきれていない気がする
- [ ] 小栗旬 北川景子のシーンがあるせいで重要シーンの尺が短くセリフが短い気がする
アニメよりも良かった点
- [ ] ガム君の扱い
- [ ] 主題歌が普通にいいなとは思ったでも歌のメッセージ性はやはりアニメの方が上
浜辺美波も北村匠海もかわいい
原作の方が良いけど
原作読んでたのに、号泣
Babybrown

Babybrownの感想・評価

3.7
女の子の演技が鼻についてしかたなかったけど、、小栗旬がしっかり回収してくれて… 切ないなぁ。

やっぱり大号泣しちゃったわ。最後はね。北川景子とか別にいらんかな。
マサ

マサの感想・評価

3.0
実写版。死の影が迫っているというのにあそこまで明るくできるなんて強い子。じっくりじっくり描いてると思ったら、まさかあんな展開とは…。なんだかんだずっと一緒にいたいはずなのに、笑顔でデートに送り出すお母さんが一番すごいと思ったよ。
泣いてもうた
学生時代の胸がときめくような想いを思い出させてくれる映画♡
浜辺美波ちゃんの輝くような笑顔と北村匠海君の自然体で役に溶け込んでいた演技で、より感情移入することが出来ました。
まさかの展開が衝撃的で、少し違和感を感じてしまったけど、微妙な距離を保ちながら、明るくて人気者の「彼女」が、人とあまり関わろうとしない孤独な「僕」にかける屈託のない言葉と笑顔が、大人になった私の心にもストレートに届きました♡
現実には一緒に居られないけれど、「僕の心の中」にいつまでも生き続ける「彼女」が少し羨ましいなと思いました。
>|