君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

me

meの感想・評価

1.0
恋愛モノはあまり得意では無いのですが、評判がいいので思い切って鑑賞。


こんな女の子…現実にはいないよねぇぇぇ。
ファンタジー。
ヒロインの小悪魔ぶりに最初から最後まで悪い意味で鳥肌が止まらず…(アニメにしたらまだ多少我慢できるかも…)
演技が不自然過ぎ。
可愛子ぶりっ子のアイドル好きな人にはいいかもしれません…。


良いところだけ見せて、汚いところは目隠しするという美学。私は苦手です。

嫌われたくないから、好かれていたいから
楽しい時間にするために、無理をして、我慢して笑う。

私は好きな人が辛い時は、取り繕わず目の前で泣いて欲しいです。
嫌なところをひとつも見せず、消えていくのはずるい。
そうすることで、相手の心に強く印象を刻みつけ、その人の存在がいつまでも消えずに残るのですから。
まるで呪いです。

苦手な作品でした。

「綺麗な姿だけ見ていて欲しい」
風立ちぬの菜穂子を思い出しました。
原作を読んでからの鑑賞。
本を手にした時、始めは「なんてマニアックなタイトルだろう」と思ったが、読み終わるととても深い意味を持っていた。

映画はシチュエーションに違和感。小栗旬の見せ場を作るためなんだろうけど、先生が生徒にこんな話するかな。まぁそれを置いておけば良い出来だと思う。主人公の二人がイイ感じ。
原作と違って最後は宝探しで見つけるのね。映像的にはこっちのラストがいいかも。
見てよかった.もう一回原作読み直そう.
yukke

yukkeの感想・評価

3.9
最初は病気に対する緊迫感のようなものを感じず、これはきっと泣けないなと思っていましたが、「君の膵臓をたべたい」という言葉が、少しずつ少しずつ心に浸透していきました。

何よりも好きなシーンは
「偶然でも運命でもなく、自分達のひとつひとつの選択によって今がある」というニュアンスの言葉。
心に響きました。
この言葉に出逢えて良かった。

浜辺美波さんの透明感、陽と陰がよかった。小栗旬の目力ない演技も凄いと思いました。
そして故郷の滋賀の舞台がたくさん出て来たところも良かった。映画中は全く気付かなかったけれども。。
zzz

zzzの感想・評価

3.5
こういった恋愛ものは基本的に観に行かないのだが、諸事情により鑑賞。(なんだそれ)
結果、意外と良かった。全く期待していなかったのもあるからかな。
気になったのは言葉使い。全体的にポエミー。すごいポエミー。独特な言葉回しなので、感動のシーンでもつい笑ってしまった。そこまで拘らんでもよくないか…?雰囲気出したいのはわかるけれども。
北村匠海くんの泣くシーンが良かった。ちゃんと鼻ピクピクしてる!と興奮しました。
友達と観にいった
泣くと聞いてハンカチ準備
友達は泣いていたけど私は…
うるっとくるところはあったんだけどなぁ
ヒロイン可愛かった!
まちこ

まちこの感想・評価

3.9
漫画でも泣いたけど、映画も泣けた
本当にこの物語は言葉が綺麗
shio

shioの感想・評価

4.5
桜良ちゃんがとにかく可愛すぎる。

純粋で強くて、、、
とにかく涙が止まらない。

何度も見たくなる映画。
本を読んでからの映画だったけど、感動しました。
>|