君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.7

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

浜辺美波さんと北村匠海くんをほかの作品で知ったので視聴。

何より「僕」と桜良ちゃんがとってもかわいい。
何よりかわいい。すごくかわいい。語彙力が死滅するほどかわいかった。
結末が予感できているから切ないけれど、二人で普通で綺麗な日常を送るの素敵だった。
北村くんも浜辺さんもちょーかわいい・・・。

まさかの結末に言葉を失ったし、共病文庫による桜良ちゃんの答え合わせが「お門違い」だけど涙が止まらなかった。
そのシーンの北村くん、「お門違いなのはわかってるんですけど、ごめんなさい。もう泣いても良いですか」って冒頭のシーンを思い出すし泣いても良いかと聞く前に我慢しきれずにこぼれてしまった涙がすごかった。

とても綺麗で本当に綺麗なお話でした。
「君の膵臓を食べたい」こんな綺麗な気持ちの伝え方、相手への愛情だけではない告白、ほかにはないのだろうと思いました。

ガム君好きだったし、まさか君ガムくんか!?ってなる瞬間最高だった。
このタイトルを思いついた時がこの作品の頂点だったんじゃないかと思う。とは言っても、このストーリーの奥に進んでいくとしっかりとしたメッセージに辿り着けるので良かった。
これほど明るい病人に心を動かされるのかどうかは別として、よくある闘病物語とはちょっと違う印象があった。普通の青春恋愛系とも少し違ってるようで。フォーカスしたいところに向かって、映画的な展開も工夫されてた。
意表を突いてきたり、でも甘酸っぱいところもあったり、見方によっては奥深い終わり方のような始まり方でもあったり。桜の季節に観るとまた違った感情が出てきそう。
まる

まるの感想・評価

3.6
小説で凄く泣いた。映画も話がわかっていても凄く泣けた。北村匠海くんと浜辺美波ちゃんの演技が良かった。
かば

かばの感想・評価

3.7
原作を読んで、嗚咽するくらい泣いたのでどうなるものかと思ったけど、良かった。

浜辺美波、可愛さのクセが強いと思ってたけど、明るさが強い分、影にもグッと来てしまった。爽やかと愛嬌から生まれて来たみたいな子ね。


惜しいのは、
【僕】の名前の件!確かに映画で再現するのは難しいけど、結構大事なことだからどうにかなったら良かったんだけどね!

原作では、僕の名前は最後まで伏せてある。僕は、「名前を呼ばれたときに、周りの人間がどう思ってるのかを想像するのが趣味。」だから、本ではその時々の僕の想像が名前の役割をしてる。これは、僕の心情がわかりやすいし、本名が「小説家っぽい名前」の伏線にも繋がって良かったんだけどな〜〜
Yuji

Yujiの感想・評価

3.6
映画のスピード感 0.7
感動 おもしろさ 0.8
意外性 ストーリー性 0.8
映像や音楽の美しさ 0.8
初めてみた衝撃とその後心に残るかどうか 0.5
タケシ

タケシの感想・評価

4.0
真実と挑戦ゲーム、
なんか青春でいいですね!

学生時代のときに
恋人とやってみたかったなーw

「うーわ、マジメだなー!」、
「こうして君といられてよかった」とか
1つ1つの言葉と1つ1つの行動、
めちゃ可愛い笑顔で振る舞う桜良のこと、
個人的に惚れてしまったw

桜良役の浜辺、可愛すぎる。。

ガム君、イケメンでもないけど、
カッコよくみえてしまうw

"生きる"とは?という部分、
共感できるし、感動しました。。
もし映画館で観たら、100%泣いてたかも。
ゆい

ゆいの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

え、そうやって死ぬの!!
主人公の二人が可愛くて、ずっと「あぁ、可愛い…可愛い…」と心の中で唱えながら観てた。
お互いを「キミ」と呼び合う二人の可愛さ…。。。

最後の一言で、じんわり感動が押し寄せてきた。
良い映画だった。
記録

記録の感想・評価

3.4
内容は薄い
浜辺美波が可愛い
>|