君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

よかった。よくあるストーリーなんだけど、飛行機でビール飲みながら見たというのもありとても泣いた。
Sakikosa

Sakikosaの感想・評価

3.5
最初はヒロインがトレンディ映画のヒロインみたいだなーと思って見てたけど、後半涙止まらなかった…!
小説同様にさくらが魅力的で、見終わったあとも頭の中で何度もさくらの笑顔を思い返したい映画でした。
意外な結末でビックリさせられました。
思っていたよりは感動出来ず…
ヒロインが良い意味でわがままというか素直。そこはいいんだけど、話がいい話過ぎて現実味がないです。
Mr.Childrenの主題歌「himawari」は良かった!
sutebun

sutebunの感想・評価

3.9
まずタイトルから惹かれる。過去と現在に行ったり来たりするけれどややこしくなく観やすかった。桜良の声が広瀬すずちゃんそっくり。北村匠海くんの演技がナチュラルで心に入ってきやすくて泣けた。
F

Fの感想・評価

4.7
なんやこれ、、傑作やん、、
北村くんがとてもよかった。

なんやねんこのふざけたタイトルって思っちゃってすみません
Sakurako

Sakurakoの感想・評価

3.5
悲しかったコレ、
まさかそうなるっていう…
現実ってこんなだよね。
原作読んだので、観てみたが、イメージと違いすぎて序盤で断念、、、
さくら役の子、そのままでかわいーから変に作りこまなくてもいいのに、、、やりすぎ感。
前向きに、人と繋がり大事にして生きていこうと改心する話のはずやのに大人になった設定の小栗くん暗すぎやろ

最後まで観たら変わるのかな、、?でも観れる気しないのでスコアなし。
ゆかり

ゆかりの感想・評価

3.2
小説を読んでからの鑑賞。
映画だけではタイトルの意味理解できないのでは?と思いました。
でも、淡い雰囲気と主演の女の子の儚げなさ明るさとテンポの良さはとても良かったです。

回想シーンでは涙がホロホロ。
回想シーンだけでも何度でも見たい。

小説と映画で相互補完して完璧という感じでした。
逸

逸の感想・評価

-
素敵 これ舞台版もあったら見たいなぁ ラスト舞台でやったら満点だもん

途中まで痒すぎて1人で暴れた

あと浜辺さんは声優志望だったんですかってくらい声綺麗、声が喉じゃなくて体全体から出てる、いやぁ感想が「これの舞台版が見たい」に行きつく