君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ところどころ泣いてたけど、最後のあのセリフを聞いてミスチルの主題歌が(ミスチルのファンだからっていうのもあるが)流れた時、号泣でした。顔がくずれるほど泣きました。主人公2人が、初々しくて可愛かったです。メッセージ性もあって良かったです。
A53

A53の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

感動、明日があるかは分からん。
大切に。
りす

りすの感想・評価

4.0
2017年223本目、9月26本目、劇場64本目の鑑賞

小説が原作


タイトルの意味を理解した時に号泣するみたいな宣伝文句だとそんなに感動できないなぁって…
むしろ途中はすごい良かったです

今作は中々良かったです
最近の邦画は良いなぁと思えるのが少ないので、こういった邦画らしさで攻める作品が増えればもう少し状況は変わってくるのかなぁと思いました
mutsumi

mutsumiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とっっっっても北村匠海くんがかっこよすぎたし、最初そんなにかわいなって思わなかったのに最後には美波ちゃんに魅了されてました。
なんでそーなるんだ
とか
そーなったらこっちはどーなるんだ
とか思ったけど
すごい感動した。
たくみくんの演技が素敵すぎたのかな。たくさん泣いた。
あとそこまで悪役がいなくてわたし的には素敵な作品だった
今を大切に生きなきゃだなって思わされた感じ。
最初は全然いろいろ乗り気じゃなかったたくみくんがだんだん心開くのがかわいかった。
けどあんなかっこよさでクラスに友達いないとか言われても信じられないです。
偶然が生んだ奇跡のラブストーリー的な感じだった笑
あの死に方はかわいそうだなぁ

このレビューはネタバレを含みます

桜良さん、退院した途端あんなにダッシュは無理だろ、という冷静なツッコミはあるものの桜良の母の「あなたのおかげで桜良は人生全うできました」というセリフが印象に残りじんわり来た。
fuu

fuuの感想・評価

2.5
終わり方が微妙だったな〜
でも泣けた
あんな

あんなの感想・評価

4.1
* 記録用 *





小説とはまた違っていて
でも小説にも忠実な感じでよかった。

小説読んでから観たので
ストーリーはわかっていたけど
泣いてしまった。

人の命は尊くて儚い
毎日そんなことを考えて生活はできないけど
いつ何が起こるかわからない
いつでも会えることは当たり前ではない

大切な人達とか生きてる現在とか
大切にしたいと思った
想いはちゃんと伝えたいし
会いたいと思ったら会いに行こうと思った
hiroshi

hiroshiの感想・評価

4.0
良かった
koudy

koudyの感想・評価

4.6
題名が気になって観てみた。浜辺美波に終始キュンキュン。彼女以外があの役をやると観ていられなかったと思う。役の可愛さが浜辺美波をこえられなかったから受け入れられた。観る前は、なぜ小栗旬?って思ったが、小栗旬で良かった。