君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

Soshi

Soshiの感想・評価

3.5
意外とよかった。これまで原作が良くて映画化された作品に感動を覚えることが少なかったため、本作もあんまり期待してなかった。その分感動が大きかった。
年末年始に太宰府で奉仕していたこともあり、懐かしさを感じながら鑑賞できた。
刹那儚いストーリーは原作のよさを上手く抽出していた。
とよ

とよの感想・評価

3.3
美波ちゃんがかわいすぎてやられた。
原作を読まずに映画を見たので、急展開に涙が溢れました。爽やかな出演者に胸がキュンキュンそました。
anna

annaの感想・評価

3.8
2017/08/01
m

mの感想・評価

3.6

最後のミスチルのhimawariが良き。
ミ

ミの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ところどころ泣いてたけど、最後のあのセリフを聞いてミスチルの主題歌が(ミスチルのファンだからっていうのもあるが)流れた時、号泣でした。顔がくずれるほど泣きました。主人公2人が、初々しくて可愛かったです。メッセージ性もあって良かったです。
A53

A53の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

感動、明日があるかは分からん。
大切に。