君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.7

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

gk

gkの感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

主人公の名前が「サクラ」で、エンディングが「ヒマワリ」
苦しい事も乗り越えて次の季節に行くしかないよってことかな?

浜辺美波はかわいい。
だけ。

このレビューはネタバレを含みます

いやー、なんつーかですね、アレだ。
泣きましたwww

始まって5分で理解すると思うから書くまでもないけれど、余命いくばくもないヒロインが、本の虫の主人公に病気の秘密を知られたことがきっかけで恋に落ちる話です。

セカチューとか、ああいうヤツだ。

いやさ、ちょっと仕事で疲れてたりしましてですね。
稲川淳二よろしく、「あぁれー、おかしーなーおかしーなぁー、泣きたいなぁー」ってなりまして。
あるよねそういう夜。
地上波を録画してたやつを。
泣く気まんまんだったから、事前にお手洗行ってクッション抱えて。
部屋真っ暗にして観ました。
自分の泣き顔、画面に写り込ませたくなかったから。
いい場面で心霊写真になっちゃうから。

…うん、この判断、正解!
しゃくり上げて、鼻水たれるくらい泣きましたw

いやー、途中までは読めていたというか、ベっタベタな展開だし、クラスの最底辺陰キャラが、才色兼備の美少女にぐいぐい迫られるという、ある意味甘えまくりのヲタの願望丸出しなシチュエーションですが。

…よかったです。
よかった。

ちょっとサプライズというか、結局丸く収まるという。
仲間由紀恵ですな。
丸っとね、丸っと。

ラストシーンの北川景子の泣きが足りなかったけど、まぁそこはね、致し方なし。
メイクが剥げちゃうーttのくだりがナチュラルだったから許す。

つか。
つかつか。
ヒロインの浜辺美波の透明感ね。
これまたベっタベタだけれど、よかった。
小ダサい(失礼)雰囲気の衣装含めてよかった。
八重歯にやられる。
昔の沢尻エリカがよぎる。
そんくらいにかわいかった。

軽く親目線でも見ちゃって、まぁ、涙なくしては語れないっす。
いやぁ、うまいこと消費させていただきました。
人生にはなんの影響も与えないけどw
こうして泣く時間があってもいいよね(誰)

完全にタイミングの問題なので、疲れてイージーにサクッと泣いときたい時に、どうぞ、な1本。
原作とはちょっと違う展開もあったが、やっぱり泣ける。題名の意味に最後にまた泣く。
とても面白かった!
原作を読んでいる人は残念という人もいるが読んでない自分からすればとても感動した
n

nの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

サントラは素敵です
最後通り魔にしたのはなぜ、、、?
最近感動しにくくなってる😂わたしの心の問題か?

このレビューはネタバレを含みます

観ました‼

泣くよ。。。そりゃ泣くよ。。。
君の膵臓を食べたい理由も泣くよ(T0T)

お話
膵臓の病におかされてる彼女と僕の物語‼

好きな所
小栗旬の最近であまり見かけなくなった男臭くない役

浜辺美波が可愛すぎる。。。。(笑)

最初はなんやこりゃ少女漫画の実写化か?なんてふわっとみてたら違うよ。。。
途中2人で旅行する位からもう彼女の気持ちに感情が入ってしまったのでした‼

彼女が自分が居なくなった後も彼女のまわりが幸せである事を祈る彼女の思いやりに涙はグズグズなる。。

またいつか観ようシリーズ‼

このレビューはネタバレを含みます

死と頑張って向き合う
残された時間をどう過ごすか

あるきっかけにより彼と関わりをもち
唯一の秘密の共有者となった
そして彼の人間性に惹かれていく

残り少ない命と
決まっていたかもしれないが
彼女は彼のおかげで楽しい時を
過ごしたんじゃないか
死ぬまでの時間を充実して
過ごせたんじゃないか



そんな中
通り魔により突然命を絶たれる

積み上げてきたストーリー
感動性がぶち壊されていく感じ

この手の映画において
感動性がなければ
ただの可哀想な女の子
という話になる感じが

フラグは新聞記事のときから
めちゃくちゃあった
今後の展開に絡んでこないと
不自然な程に
それもあんな序盤に
そこも何か不快だった

彼女が通り魔に殺されてやる必要が
この映画にあったのか
それだけが疑問でした

彼女はそれはもう
無念だったんじゃないかとか
考えてしまい
あれだけ病気に向き合い
残りの時間を精一杯生きると決めた
彼女に対してのあの仕打ちは
観てて気分が良いものでは
ありませんでした

穿った観方かもしれないし
死に方どうこうの問題では
ないかもしれないけど
映画ならではこそ
展開に疑問が残ってしまい
泣くに泣けませんでした

正直に言って
この映画に対して
面白いとか感動したとか
何度観ても泣けるとか
そういった感想に
まったく共感ができません
通り魔に対する怒りなら
共感できますが

死因を通り魔にしたことによる
意図やメッセージ性みたいなのも
あるんでしょうけど
個人的にこの展開が自分に
合いませんでした

ただ浜辺美波のファンにはなりました
賛否両論ありますが
saki

sakiの感想・評価

1.5
全然はまらなかった(笑)
置いてきぼり感はんぱない。
北村匠海のかわいさでこの評価(笑)
人と人の繋がりの尊さや儚さ。

「私はこの映画が、皆さん自身のかけがえのないものを見つけ出す、“宝探し”になるといいなと思います」。
pan

panの感想・評価

-
最後はえってなった
あんまおもしろくなかった
女の人かわいい
>|