ブレア・ウィッチの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブレア・ウィッチ」に投稿された感想・評価

ひで姐

ひで姐の感想・評価

3.6
1999年に公開された「ブレアウィッチプロジェクト」。ワシ、この映画大好きなんですよ。ブレアの森に纏わる魔女伝説の検証ドキュメンタリーを作るために問題の森に入っていった学生チームが行方不明になり、捜索の結果いくつかの遺留品とビデオテープを発見。そのビデオを編集したもの(という設定)がブレアウィッチプロジェクトなのだが、当時POVモキュメンタリーという手法は今ほどメジャーではなく…というか少なくとも自分は全然知らなくて、実際にそういう失踪事件があったもんだと思い込んで観賞したらその衝撃度に思わず劇場に3回足を運び、その後発売された「ブレアウィッチプロジェクト完全調書」(事件の捜査資料という設定の本)にまで手を出す程にハマったのでした。

で、この失踪した学生チームのリーダーを務めてたねーちゃんの弟が、姉の失踪に絡む真実を探るために仲間と共に森に入っていった…というのが2016年版ブレアウィッチ。ブレアウィッチプロジェクトの正統後継作品という宣伝文句だったり前作の弟を主人公にしたストーリー設定だったりと後継作品と呼ぶにふさわしい感じではあるけど、どちらかっつーと「続編」ではなく「リブート」な展開でしたね。99年版ではテープ式のビデオカメラに両手で広げて見る地図を頼りに森の中をさまよっていたのが、2016年版では耳かけ式の小型カメラにGPS、果てはドローンというテクノロジーを駆使するあたり現代風にアレンジされてるけど、そんな現代技術に「知るかボケ!」と言わんばかりの勢いで襲いかかるオカルト現象の数々。最初はややダレ気味でしたが2日目の夜から一気に来ます。

でもあれなんだよな…99年版のよかったところは、「追い詰められていく人間」ってのがしっかり描かれてたところ。そういう所の描き方が2016年版はやや物足りなかったかな~?POVの元祖でもあり最高傑作でもある99年版を超えるのはやはり難しいんですかねぇ…?
Fsuke

Fsukeの感想・評価

3.0
なんかFlash時代のホラーゲームを思い出した。
前作みたいな売り出し方はできないなりに、雰囲気崩さないように頑張ってると思う。
普通はもっと見せたくなっちゃうでしょ。
初代が「エイリアン」なら、本作は「エイリアン2」だ。

魔女も怪奇現象も殆ど見せてくれなかった初代ブレアウィッチと違い、今作では序盤から登場人物の1人が足を切ってしまうなど、不穏な空気が常に漂っている。そう、そもそもコンセプトが異なっているのだ。初代は"本当にあるかもしれない恐怖"を描いているのに対し、本作は"POVホラー"というジャンルの中で観客に恐怖を与えることに挑戦している。だから、正直あまり怖くはないんだけど、その代わりにある程度の(良い意味での)嫌悪感は保証されている。

暇潰しには最適だし、量産されているPOVホラー(モキュメンタリ―)の中では一定の水準を超えている作品と言えるだろう。

上にも書いたけど、足を切るシーンが本当に痛々しくて、”超自然的な存在としての森"に対する恐怖、畏怖を感じさせるシーンはここがピークだったような気もする。普段ではあり得ないような怪我や事故の描写をもっと増やせば、作品内リアリティを更に高められたかも。
ヘザー(1作目の登場人物)の弟ジェームスは失踪した姉の生存を確かめるため、バーキッツヴィルの森に足を踏み入れる🎦

ヘザーを探しつつ1の物語をなぞる展開は結構好き。
ただカメラ関係の性能が向上し過ぎてPOV感が薄れているのが一長一短📹

あと完全に化物系になっちゃってるのが残念😓
何かグレイヴエンカウンターズと同じ化物が出てきてません?😅
との

とのの感想・評価

3.0
ブレア・ウィッチ・プロジェクトの"正統な"続編と名乗って?いるだけあり、1作目が好きな人なら楽しめる出来になっているんじゃないかと思う。ブレアウィッチ2と違いちゃんとPOVで物語が進んでいくのが好印象。喧嘩以外の盛り上がりもあり、個人的には1作目よりもストーリーとしては面白かったと思う。
普通に面白かった。
F

Fの感想・評価

-
POVがちょっとぐわんぐわん酔い気味。暗い、逃げれない、迷う。行ったらダメな所はいかないでおこう。
第一作「ブレアウィッチプロジェクト」で行方不明になった姉を探しに行く弟の話。
20年後だそうだ。
訳わからない理不尽な呪い好きとしてはこれも観なくては!と鑑賞。

色々意見はあるだろうが、自分は好きな方かな。
YouTubeで気になる映像見つけたり、ドローンだったりGPSだったり現代っぽい。まー、これが役に立たないんだけど。笑
映像的には一作目より見やすい気はする。綺麗になってるので臨場感という部分では劣るかも。

家に着いた時はワクワクしてしまった。笑
明けない夜なんてホント怖い。
しかも呪われた森で逃げ続けるなんて、あっという間にムンクの叫びの顔になる自信がある。
tom

tomの感想・評価

3.0
飛び立つテント
竜平

竜平の感想・評価

3.3
擬似ドキュメンタリー、通称「モキュメンタリー」の手法による主観映像(POV)ホラー『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の続編。
余談として、今作よりも前に『ブレア・ウィッチ2』という一応の続編が作られたらしい、けど今作こそが“正統な”続編とのこと。あーはいはい、人気の出なかった作品をなかったことにするパターン、あると思います。というわけでそっちすっ飛ばしてこっちを鑑賞。舞台は前作から20年後。前作で行方不明となってしまった三人のうちの一人「ヘザー」の弟が、ひょんなことから姉を探すためにまたしても曰く付きの森へ、という内容。20年という時代の変化と共に機材の種類、持ち込む数、撮影方法も増えて、更に画質まで良くなってるもんだから描写としては前作よりも俄然見やすい。技術の進歩ありがとう。森に入る人数と、そこにある見えない思惑というのも増えつつ、今作では森の新ルールというか新要素も出てきたりして前作以上に予測不能、且つ不条理な展開。極限状態で怖がるやつ、すぐカッとなっちゃうやつ、それでもカメラを回し続けるやつ、嘘や隠し事をするやつなど前作にもあった人間模様の旨味もしっかり踏襲。で、結局わからない部分が多いのは間違いないんだけど、今作はなんというか、なかなかやりたい放題。ビビらすだけならまだしも何やらキモいのとかも出てきて、あからさまな感じもちょい目立ったり。個人的な感想ではあるけども、前作で「足りない」と思ってた部分が今作では「あざとい」というか「やりすぎ」というか。うん、ホラーって難しいね。
まぁでも複数のカメラを駆使した映像演出、最新のカメラによる鮮明な映像と少し古いカメラによるちょい画質の劣る映像の使い分け方などなど、ここらへんは感心してしまうほどに上手だなぁなんて。記録映像風(ファウンドフッテージ)ならではの、ちょっとした謎の作り方というのも絶妙だなと。総じて、前作よりは好きかも。いやしかし、もし自分がこんな状況に立たされたら発狂して何もできないわ。おしまい。
>|