ピッコロ

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門のピッコロのレビュー・感想・評価

3.5
またつまらぬ物を斬ってしまった。

やっぱり、ルパンはこうでなくっちゃ。
ハードボイルドなルパンが大好きだ!。
 
個人的に苦手だった「峰不二子という女」、久々にルパンで満足できた前作「次元大介の墓標」に続く3作目。
今作は、十三代石川五ェ門が主人公。
このシリーズは、前作もそうだけどギャグが一切なく原作に近いハードボイルドな世界観がたまらない。

次から次へと、血しぶきをあげながら敵を斬っていく。
肉がえぐれる描写もあり、かなり痛々しい。
地上波では絶対に放送できない暴力描写満載である。

今作は、五ェ門でも敵わないホークという敵が登場する。
元軍人で、戦争中に敵兵2,000人を殺した伝説を持つ。13年前にバミューダ海域で戦死したとされており、「バミューダの亡霊」と呼ばれている。
オノを両手で振り回し、徹底的に力でねじ伏せてくる不気味な存在。
そんな相手に五ェ門が、どう立ち向かうのかが見どころである。

前作より、少し劣るけど観て損はない。大人向けの作品。

さて、次作はどうなるのか。
銭形か。それとも、マモーか。
いずれにせよ。ルパンの新作は、どんなものでも楽しみです。

そろそろ、ルパンの単独映画復活してもいいと思うんだけどなぁ。

GYAO