オアシス:スーパーソニックの作品情報・感想・評価

オアシス:スーパーソニック2016年製作の映画)

Supersonic

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:122分

4.0

あらすじ

リアム&ノエル・ギャラガーが製作総指揮を務め、バンド結成から96年のネブワース・ライヴまでの軌跡を描くオアシス初の長編ドキュメンタリー。

「オアシス:スーパーソニック」に投稿された感想・評価

ojun

ojunの感想・評価

-
青春だね
ナリ

ナリの感想・評価

3.6
アルバム2枚目のモーニンググローリーの所をメインに構成されてて好感もてた。やっぱそこだよねっていう。
よ

よの感想・評価

4.0
わかりやすすぎ
マイクD

マイクDの感想・評価

3.7
oasisのデビューからの軌道を追うドキュメンタリー。喧嘩もしますが、なんだかんだでお互いを尊敬している素敵な兄弟!『モーニング・グローリー』のアルバムは大好きでよく聴いてました。ベタですが「Don't Look Back in Anger」が好きです。この曲はノエルが歌っているのがまた良いんですわ。後、リアムの腕を後ろに組んで歌うスタイルも独特で好き。そう言えば前に「東京エトワール音楽院」と言う番組でoasis vs blurって回があって栗原類がoasisについて熱く語っていたのを思い出しました。栗原くんまだ元気かな。「ビートルズを越えようと思わなければそれはただの趣味だ」の発言は痺れますぜ!Beady EyeもNoel Gallagher's High Flying Birdsも聴くけど、やっぱりoasisが好き。
JJ

JJの感想・評価

3.6
最高に仲の悪い兄弟だけど最高の兄弟だと改めて感じた。ライブかっこいい。
sae2921

sae2921の感想・評価

4.0
私の音楽、映画、すべてはoasisから始まったと言っても過言ではないです。

それだけ思い入れのある大切なバンドなのですが、残念な事に2009年、彼らが解散した直後に初めて出会いました。

解散後、兄弟別々の単独ライブに行きoasis時代の曲も何度か聞きましたが、やっぱり兄弟揃ったoasisのライブが見たかった。

この映画はそれを少しでも叶えてくれる、当時1番勢いのあったoasisをリアルタイムで見ている気分になれる素晴らしい映画でした。


※ここから全然関係ないです
初めてoasisを聞いた時、なんて素敵な声!さぞかしイケメンが歌っているに違いない!と画像検索し出てきたのは、目の上に大きな毛虫を乗せたガラの悪い兄弟で大変驚いた事は内緒の話です。

あと、下手なドラマーがいるバンドを見ると、土に埋められた挙句クビになるんじゃないかと心配になります。
ddio

ddioの感想・評価

2.0

彼らが今日もキレキレの悪口を言い放ってくれている。そう思うと、この世の小さなことなんてどうでもよくなってくるな。もちろん、いい意味で。
まろん

まろんの感想・評価

4.0

イギリスのバンドOasisのドキュメンタリー

Oasisってのはリアムとノエルのギャラガー兄弟がメンバーにいたり………いつもケンカしてたり………時に乱闘あったり………ドラムの事とか映画では裏の裏まで出てくる………いっつもはちゃめちゃだけど………それがまんまのOasis

初期の名曲で映画のタイトルスーパソニックは夜中の3時に書いた意味不明の歌詞って………凄い!
それがスーパソニック!!
mochikun

mochikunの感想・評価

3.0
映画ではセカンドまでのことを振り返っていた理由として、サード以降は笑い話にもならないくらいバンドが悲惨な状態だったんでしょうね。
僕はサードアルバムわりと好きなんですけれど、世界の定説としてセカンドまでがオアシス(のピーク)なんでしょう。確かにサードは傑作で、セカンドは音楽史に残る名作ですから。

2017年にギャラガー兄弟はそれぞれソロアルバムを発売しましたが、お互い勝負しているわけではないとはいえ、どうしたってノエルのアルバムに軍配を上げざるを得ない。映画に関係ないですけど。

本作で語られてるエピソードはだいたい知っていましたが、本人たちや当事者の声を聞きながら見るとでは印象が変わるもんですね。面白かったです。
>|