オアシス:スーパーソニックの作品情報・感想・評価

「オアシス:スーパーソニック」に投稿された感想・評価

ナガセ

ナガセの感想・評価

3.7
2018.12.9

寂しがり屋の弟と、ツンデレ兄貴。

どっちも暴れん坊で、親父のDNAを受け継いでいる事は、容易に伺える。

ドラッグを語る時の兄弟は狂っているはずなのに、何故かカッコよく見えてしまう。
社会的によろしくない記録映像の数々。

oasisを語る上で重要な教材ではあるが、子供たちには見せたくない。
ビートルズ以来の英国が誇るバンド、オアシス。その栄光の軌跡を辿るドキュメンタリー。
前から見たいと思っていたが機会がなかったので満を持して観賞。

高校で初めて聴いた時、音作りの奇怪さに(倍音?)に驚いたが、その誕生秘話まで本編では描かれていて興奮した。
おさや

おさやの感想・評価

4.7
ファッキン最高!
アカペラみたいなLive foreverめっちゃよかった
一昨年のサマソニのリアムもまじでイカれた奴でびっくりしたけどそれ以上に狂ってて超かっこよかった
blurも好きだけどやっぱりoasisの方が好きだな〜
服も歌い方もタバコの持ち方もかっこいい
個人的にLylaも聴きたかったなー!
映像も雑誌の切り抜きとかラジオみたいで好き
今まで見た映画でfuckを一番聞いた
ファッキン最高
村

村の感想・評価

4.0
オアシスの全盛期を見事に詰め込んだドキュメンタリー。
見たことないオアシスのTV出演やライブ映像が所々に入っていたのがよかった。
ギャラガー兄弟のトークも相変わらずキレッキレ。
トニーの事件は可哀想だけど、ライブ音源とか聞いてもジャカジャカうるさかったし、あれはあれで仕方なかったのかなと思います。
live forever作曲したノエルへの「お前じゃないだろ、良すぎる」て褒め言葉にシビれる!最高の賛辞。
オアシスの曲色褪せないなあー!
中身はこんな滅茶苦茶なのに笑、一生残る名曲を生み出し続けた彼らは本当に凄い。
途中に出てくるOasisの曲やライブ映像が本当にカッコよかった。はっきり言ってOasisにはそこまで詳しくなかったし、ただノエルとリアムが喧嘩ばっかりしてる頭のおかしい兄弟だというぐらいの予備知識しか無かったのだがこれを見て彼らはファッキンイカした奴だってことが分かったし、ボーンヘッドはただの薄毛マンだと思ってたけどバンドの結束に欠かせない存在だったことも知れた。ノエルが当然のように突拍子もないことを言うシーンは何度見ても笑っちゃう。あとドラッグを「朝の紅茶と一緒だ」と言っていたシーンは普段ドラッグとは縁遠い生活を送る日本人の僕にとってかなり新鮮だった。バンドのドキュメンタリー映画で声を出して笑う体験なんてこの先二度と無いんだろうな。
メメ子

メメ子の感想・評価

3.5
曲は聞いててバンドの歴史はwikipedia程度しか知らなかったが、初期メンバーの人間関やレコーディングの過程が丁寧に描かれているので充分に楽しめた。ノエル兄貴が汚い言葉を使いながらも冷静に的確に分析しているのが印象的だった。
キック

キックの感想・評価

4.0
オアシス好きには感慨深い映画。

やべー。この映画で初めてノエルが左利きだってのを知った。20年以上知らなかった。
結構自分は左利きと言うマイノリティのアイデンティティを持って生きてきたから、多くの左利きをチェックしてるのにこんな一番近い所を見逃してたなんて…

好きなバンドを聞かれ、ビートルズと言ったあと、オアシスと言うと「直球だね!」と20年前から言われるが、オアシスにビートルズを感じたことは殆どない。
ってか、それを言ったらロックの殆どはビートルズの影響を受けている。

マイフェイバリットボーカリストは、ヒロトとリアム。
>|