デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり/ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • ドイツ映画
  • デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり/ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの映画情報・感想・評価

デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり/ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴット2015年製作の映画)

Hello I Am David!

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

天才ピアニストでアカデミー賞受賞作『シャイン』のモデルとなったデイヴィッド・ヘルフゴッドは、幼少期より神童とうたわれ、その才能を発揮。数々のコンクールで優勝し、世界屈指の音楽大学、英国王立音楽大学に特待生として入学。音楽の殿堂ロイヤル・アルバート・ホールでのコンサートを大成功させるも直後に精神病に陥る。ピアノなしで 11 年もの間を精神病院で過ごした彼のピアニストとしてのキャリアは終わったかと思…

天才ピアニストでアカデミー賞受賞作『シャイン』のモデルとなったデイヴィッド・ヘルフゴッドは、幼少期より神童とうたわれ、その才能を発揮。数々のコンクールで優勝し、世界屈指の音楽大学、英国王立音楽大学に特待生として入学。音楽の殿堂ロイヤル・アルバート・ホールでのコンサートを大成功させるも直後に精神病に陥る。ピアノなしで 11 年もの間を精神病院で過ごした彼のピアニストとしてのキャリアは終わったかと思われた。しかし音楽の力と、妻ジリアンの深い愛と助けにより、再び人生とコンサートのステージにカムバックを果たす。映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』は、天性のピアニスト、デイヴィッドと彼を深く理解し、愛して寄り添う妻ギリアンの間の深い愛についての映画である。

「デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり/ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴット」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.5
映画「シャイン」のモデルとなったデイヴィッド・ヘルフゴッドと奥さんのギリアンのドキュメンタリーなので、まだの方はシャイン後の鑑賞がオススメかも。

シャインで描かれているデイヴィッドそのままで、彼は行く先々で、誰にでも挨拶し、どこから来たのか聞き、握手しハグをする。それはスーパーの店員さんでも、空港の職員でも、ただすれ違っただけの人でも、自身のツアーでのお客さんでも損得感情なんてなく平等に。

人って誰しも善悪の両面持っていて、どんな悪人であっても必ず「善」の面を持っていて、他人から受けるアプローチによって善になったり悪になったりするものだと思うのだけれど、無欲で起こる全ての事象に心から感謝する彼との対話には、木も花も鳥も虫も善人も悪人も関係なく地球上に存在する全てが「善」にアプローチされ彼を好きにならずにいられないようだ。だから彼の行く所には笑顔や愛が伝播していき、花はさらに鮮やかに咲き、森にはさらに太陽の光が降り注ぎ、彼を取り巻く全てに爽やかな微風が吹くように見える。

とにかく魅力的な人だし、こんな世の中だったら争いなんてないのにねなんて思う。とにもかくにも素晴らしいピアノの旋律と愛の物語で泣いちゃった。
MURSJ

MURSJの感想・評価

4.0
デイヴィッドの存在は奇跡というほかなく、そのバランスは非常に危うい。事実が多面的であらゆる解釈が可能であるなら、その全てにできるだけ親切な理解をしてあげたい。
nagisa

nagisaの感想・評価

3.8
180610 amyuあつぎ sc-2
映画「シャイン」のモデルのデビッド・ヘルフゴッド、子供のように落ち着きが無く、男女関係無く、親しげに仲良くなる所と、歌いながら、演奏をするシーン凄い。オーケストラとの競演は、ピアノが引っ張っていました。
奥さんのギリアンは、疲れますね。面白かったけど。
ちー坊

ちー坊の感想・評価

4.0
途中から、ん?これって?と思ったら「シャイン」のモデルとなったピアニストのドキュメンタリーでした。
「シャイン」は凄く思い出に残っている映画。
驚くほど澄んでいて優しい音色に心が揺さぶられて、もしこんな人に出逢ってしまったのなら、人生は変わってしまうだろうなと思った。
miru

miruの感想・評価

-
I watched a documentary of about David Helfgott, who was the inspiration for a film called 'Shine'. He plays 'Flight of the Bumble-Bee' while humming. His Rachmaninoff is also played spontaneously and passionately.
I always imagined a bird flying above a river when I listen to his piano. His wife says 'he thinks about rivers and trees and sky and birds when he's practicing. It's not the notes going through his head.'
His father was really strict so the piano destroyed his psyche in the past. He doesn't care about the rules and plays the piano freely now.

映画『シャイン』のモデルとなったデイヴィッド ヘルフゴッドのドキュメンタリー。彼はハミングしながら『熊蜂の飛行』を演奏する。彼のラフマニノフもまた即興的で情熱的です。彼のピアノを聴いているといつも川面に飛ぶ鳥が思い浮かぶ。彼の奥さんが言います「彼は練習中、川や木、空や鳥のことを考えてる。楽譜は彼の頭を通り過ぎていくだけよ。」
彼の父親はとても厳しかったし、かつてピアノは彼の心を壊しました。今はルールなんか気にしない、ピアノで自由を手に入れたようでした。
dita

ditaの感想・評価

5.0
@第七藝術劇場  

音楽における付加価値というものは時に純粋に音を楽しむという行為を妨げるし、音楽家にとって本意ではないことも多くて、例えば耳の聞こえない作曲家、盲目のピアニスト、美人ヴァイオリニスト、巨乳歌手、触れるきっかけとしてとしては有効だし聴かせてなんぼの世界で使えるものはどんどん使ってよいと思う。

ただ、それが聴く側に影響を及ぼしてしまうのも事実で、実際わたしだって穿った見方や聴き方をしてしまう。
「精神を患ったピアニスト」という肩書きはデイヴィッド・ヘルフゴッドにとって正しいものなのかそうではないのか、その肩書きが邪魔をしないのかと正直思っていた。

という浅はかなわたしの考えを軽く飛び越え、心の底から湧き出る感情にわけのわからない涙を延々と流し続け、上映後も顔を覆って泣いてしまい全く立ち上がれず、スタッフさんが片付けに回ってきても聞こえない声で「ごめんなさいちょっと今無理…」としか言えないくらい、デイヴィッドのピアノに魂が震えた。

予習(復習?)の意味も込めて午前中に『シャイン』を観返していたのもあって、冒頭から色んなことを思いながら観ていて、サムズアップ好きな爺さん誰やっけ浪越徳治郎やとか(アレは指圧やけど)、ジェフリーラッシュの再現度凄いなとか、いつ乳揉むねんとか(シャインでめっちゃ揉んでたから)、そういう邪念もいつの間にか消えて、音符もこんなに楽しく表現してもらったら嬉しいやろうなとか、歓びという感情を音で表現するというのはこういうことかとか、純粋に音楽を楽しむ自分がいた。
The Musicっていうバンドがいたけど、デイヴィッドはまさに「音楽が人の格好をしている」と思った。

デイヴィッドにとってギリアンは妻であり母であり友でもある。コンサートで会う人や道で話しかけれらる人は困惑しつつも笑顔になるけど、いつもデイヴィッドと一緒にいるギリアンは時に怒り不機嫌な顔をする。
映画がそこを掘り下げてはいないのは、過去のデイヴィッドの苦しみやギリアンの苦労よりも、今ふたりがどのように人生や音楽と向き合っているかを伝えたいからだと思った。

人は変われる。愛する人や物があれば前を向ける。
デイヴィッドは「人や物事はどこかで必ず干渉し合う」と言う。それならば人とは笑顔で接しよう。物事には素直に向き合おう。

クラシックを知らなくても、デイヴィッドのピアノを知らなくても大丈夫。選ばれた才能と積み上げた努力、演奏する歓びによって奏でられる彼のピアノは無条件で楽しいから。

素晴らしい音楽映画であり、素晴らしい人間賛歌。
音量上げめで掛けてくれてありがとう七藝さん。是非ひとりでも多くの人がこの作品に触れて幸せで楽しい気持ちになりますように。
ヘルフゴッドのファンなので見に行った。内容としては、テンポが悪いせいかきつかった。が所々美しいショットがあったのが救い。
あくまでも映画の上ではいいところしか見せない。悪いところは想像してってスタンスはずるいけど、いいと思った。

こんなおじいちゃん誰でも顔が緩んじゃうよね
>|