デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり/ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • ドイツ映画
  • デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり/ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの映画情報・感想・評価

デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり/ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴット2015年製作の映画)

Hello I Am David!

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

「デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり/ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴット」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.5
映画「シャイン」のモデルとなったデイヴィッド・ヘルフゴッドと奥さんのギリアンのドキュメンタリーなので、まだの方はシャイン後の鑑賞がオススメかも。

シャインで描かれているデイヴィッドそのままで、彼は行く先々で、誰にでも挨拶し、どこから来たのか聞き、握手しハグをする。それはスーパーの店員さんでも、空港の職員でも、ただすれ違っただけの人でも、自身のツアーでのお客さんでも損得感情なんてなく平等に。

人って誰しも善悪の両面持っていて、どんな悪人であっても必ず「善」の面を持っていて、他人から受けるアプローチによって善になったり悪になったりするものだと思うのだけれど、無欲で起こる全ての事象に心から感謝する彼との対話には、木も花も鳥も虫も善人も悪人も関係なく地球上に存在する全てが「善」にアプローチされ彼を好きにならずにいられないようだ。だから彼の行く所には笑顔や愛が伝播していき、花はさらに鮮やかに咲き、森にはさらに太陽の光が降り注ぎ、彼を取り巻く全てに爽やかな微風が吹くように見える。

とにかく魅力的な人だし、こんな世の中だったら争いなんてないのにねなんて思う。とにもかくにも素晴らしいピアノの旋律と愛の物語で泣いちゃった。
みどり

みどりの感想・評価

4.6
「人生は旅 行き先じゃない 楽しめ」「感謝を 感謝をするんだ 」「心配しない 後悔しない」「挑戦し続ける 自分に正直に 何を失う? 何も 今だ」「全て計画通り」
carmen

carmenの感想・評価

4.0
デビッドの人間性に興味がつきない、ドキュメンタリー。演奏シーンがたくさん出てきて、特にラフマニノフはやはりすごい。まわりにもしこんな人がいたら、こんな風になれたらと想像かき立てられる。音楽も映像もいい。
ハーブ&ドロシーと同じように、観ると元気に、笑顔になれるドキュメンタリーだった!

シャイン、みなきゃだわー!
Miki

Mikiの感想・評価

3.7
下知識なく視聴。
柔らかなドキュメンタリー映像。
明るくて和やかなデイヴィッドの笑顔に癒されるもその過去を思うと少し切なくなる。ピアノの演奏もドラマチックでとても素敵。夫婦へのスポットは思ったより少ないけど、奥さまの少ない言葉と表情に愛がこもっている。
MURSJ

MURSJの感想・評価

4.0
デイヴィッドの存在は奇跡というほかなく、そのバランスは非常に危うい。事実が多面的であらゆる解釈が可能であるなら、その全てにできるだけ親切な理解をしてあげたい。
nagisa

nagisaの感想・評価

3.8
180610 amyuあつぎ sc-2
映画「シャイン」のモデルのデビッド・ヘルフゴッド、子供のように落ち着きが無く、男女関係無く、親しげに仲良くなる所と、歌いながら、演奏をするシーン凄い。オーケストラとの競演は、ピアノが引っ張っていました。
奥さんのギリアンは、疲れますね。面白かったけど。
ちー坊

ちー坊の感想・評価

4.0
途中から、ん?これって?と思ったら「シャイン」のモデルとなったピアニストのドキュメンタリーでした。
「シャイン」は凄く思い出に残っている映画。
驚くほど澄んでいて優しい音色に心が揺さぶられて、もしこんな人に出逢ってしまったのなら、人生は変わってしまうだろうなと思った。
>|