トゥルー・グリットの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「トゥルー・グリット」に投稿された感想・評価

Haruki

Harukiの感想・評価

4.5
やっぱりヘイリー・スタインフェルドはいい。
彼女の視点で物語が語られ、知らない世界を見ていく成長譚になっている。

コーエン兄弟らしいユーモアのあるオシャレな脚本で、なおかつ泥臭さや哀愁がある。
頑固で強いように見えて、実は孤独を抱える擦り切れた一匹狼のような哀愁。
リメイクと知らずに観た。西部劇は観ないが、これは特別。派手ではないが記憶に残る。
Romantico

Romanticoの感想・評価

4.0
春の日の中 君と走り抜けた
忘れないずっと ♪
(never young beach-春らんまん)

四月物語(監督-岩井俊二 主演-松たか子)
を足したような麗かな雰囲気の中、父を殺された幼い松たか子じゃない、、
14才の理髪な少女は猛烈な巧妙さと猪突な純粋さで、酔いぼれ保安無頼漢のおじいちゃんと屈曲なお喋り動けないテキサスレンジャーを手玉に取り、どちらかといえば悪役の方がまともに見える父を殺したチンピラヤンキーとその一味をバチバチに殺しまくる復讐青春西部劇。

ひね曲者の乱れ撃つ弾丸、青春新芽色。
この爽快感の異変に涙よ自覚せよ。
niku007

niku007の感想・評価

4.8
最初は劇場で鑑賞。何気鑑賞した『イーストミーツウエスト』がアレだったもんで口直しにチラ見するつもりで鑑賞し始めたら最後まで観てしまったので改めて感想。
好きな作品が多いコーエン兄弟作品の中でもかなり好きな作品。ゴア表現も暴力描写もそこまでではないので一番多くの人に楽しんでもらえるであろう出来の作品。一番コーエン兄弟作っぽくないとも思えるが、いつもどおりの驚異的なクオリティであり、単に西部劇モノとしても一風変わった作品にも思える為、やはりコーエン兄弟作らしいとも思える。画面の良さはもちろん、ジェフブリッジスとマット・デイモンも良いがやはり主演の女の子は当時も見返しても剛力彩芽っぽいリアルな良い可愛さだなーと、キャストは毎回間違いなく勿論キャラクターの造形の良さは毎度の事だ。戦闘といった所謂アクションは少なくて途中とクライマックスくらい。それは前述した『イーストミーツ・・』と同じようなバランスなのだが・・・受ける印象は全く違う。アクションが少なくてつまんないとか暇だとか間延びしてるなんてそんな事は思わない。凄くよく出来た作品。それにしても本作公開が2010年とは、俺も歳を取った。
Yuz666

Yuz666の感想・評価

4.2
見直してみたらものすごく評価上がった笑

おとぎ話を見ているような気持ちのいい時間がゆったりと流れる。
ラストの絵のような星空が胸に来ました

映画最高
ピナコ

ピナコの感想・評価

4.0
『勇気ある追跡』のリメイク映画
オリジナルは観てない。
スピルバーグが製作総指揮の映画。

この映画はジェフ・ブリッジスが出るから観たかった。
ちょっとぐうたら保安官
でもいい奴。

そしたらマット・デイモン出てるし
テキサスレンジャー役
長い息を吐いて遠くの敵を撃つとこカッコいいよ😊

ジョシュ・ブローリン出てるし
髭面だし痩せてるから誰か分からなかったw

あのバンブルビーの彼女
出てるんじゃないですか‼️
まだ若くでも気の強い女の子の役を上手く演じていました。
なかなかの俳優人で何倍も得した感じw

バリー・ペッパー
名脇役なんでしょうかw
先日観た『モンスタートラック』にも警官役で出てた。
ちょっと尖った顔が特徴でw
初めて観たのはたしか『プライベート・ライアン』
銃の腕前凄い方だったと記憶。
何者?と興味を持った俳優さんだ❗️
新作『クロール』にも出てんじゃんw
観なきゃ😃

あらすじはあらすじ読んでね☺️

アカデミー賞10部門ノミネートで無冠だったようです。なんで?
marumame

marumameの感想・評価

3.6
父親を殺された気丈な少女の復習劇!
役者がドンピシャはまってた。
生意気なほど気が強くしっかりものの少女。大人相手に交渉がすごすぎる!ただもんじゃない。
交渉の末雇った飲んだくれ保安官と、テキサス・レンジャー。この2人が少女 目の前に大人げないケンカばかりする💦
ラスト銃撃戦は保安官ジェフ・ブリッジスがかっこええ。ろくでなしそうにみえてやるときゃやる男やらせたら最強。
締めくくりはちとおセンチになります。
ろっち

ろっちの感想・評価

4.3
西部劇ですね。父を使用人チェイニーに殺された14歳の少女マティ。口が上手く度胸あるマティは腕利きのコグバーン連邦保安官を雇う事にする。そしてテキサスレンジャーのラ・ビーフも仲間になり、色々あって(笑)……って話。
面白かった。ジェフブリッジスさんはカッコイイ親父でアル中役が本当に上手い。
マットデイモンさんも何を演じても様になります。ストーリー展開も良かったです。余計な所もありますが、時代背景やら世界観を見せるのにあってもいいと思う。
まぁ多くは語るまい(笑)
あだち

あだちの感想・評価

4.0
コーエン兄弟、こんな仕事も出来るんや!っていう感嘆につきます。西部劇としても完成されていながら、作り手特有のひねくれた部分もあり、シンプルに演者のパワーもすごい。ジェフブリッジズやけにかっこ良いし、ジョシュ・ブローリンがこの手の映画でカス悪役なの面白い。
1969年の西部劇『勇気ある追跡』のリメイク。

こんなド直球の西部劇で、主人公が幼くも逞しく、彼女を助けてくれるヒーローが見事なまでにヒロイックで、でも全てのキャラクターがコーエン兄弟然としている2010年の映画とは思えない西部劇の傑作。ジョン・ウェイン主演のオリジナルもぜひ観たい!