トゥルー・グリットの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「トゥルー・グリット」に投稿された感想・評価

5分に1回ペースで名シーンが出てくる。このマット・デイモンが一番好き。溢れ出た芋感。馬のラストランは目に焼き付いて離れないコーエン兄弟だけれどスピルバーグ感ハンパない。
たなち

たなちの感想・評価

4.3
父の仇

コーエン兄弟による西部劇。父の仇を取るために交渉を重ねて資金繰りをした14歳の少女が街のofficerを雇い復讐の旅に出る激アツ物語。 父の仇を人生に捧げた屈託なき少女のグリットをひしひしと感じられ、勇気を与えられる素晴らしい映画だった。まさにトゥルーグリットという印象で、その上カーターファミリーの様なカントリーソング、ディズニーで流れるような古き良きアメリカの民謡サウンドが個人的にはどハマり。 飽きずに見続けられる。
さゆう

さゆうの感想・評価

3.9
"Time just gets away from us."
痺れる!
面白かった。日本には昔から能や歌舞伎、小説から映画に至るまで、仇討ものが多く存在し、慣れ親しんでいるからか、こういった少女による復讐劇もすんなり気持ちに入ってくる。
ヘイリー・スタインフェルドの小生意気な少女役は見事で、その後の活躍を予感させる。
momo

momoの感想・評価

3.5
ヘイリー・スタインフィールドの生意気な感じが良い。
西部劇ルール?は理解が難しい部分もあったけれど、ハッピーエンドかも分からなかったけれど興味深い映画でした。
あべま

あべまの感想・評価

3.7
最近自分の中でもヘイリーフタインフェルドがきてるので鑑賞。
当時14歳でこの演技力てすごすぎでは。。。
原石感ありますな。
butasu

butasuの感想・評価

2.0
見ている間はそこそこ面白いし主人公の女の子のキャラクターは悪くないけど、色々唐突で全然感情移入できなかった。どうやら私はコーエン兄弟が合わないらしい…残念。
父親を殺した男を追う賢くて気丈な14歳の少女と老保安官の旅の話。

ひとつひとつ珠玉のエピソードで積み重ねられた職人技の西部劇。
「オーブラザー」を超えると思う。

まるで名作を読んでいるようでページをめくるのもどかしいほど。

音楽も映像も素晴らしく。

馬、荒野、ウイスキー、保安官美味しいものがスクリーンの中にたくさん並んでる。

最初から最後まで丸々全部楽しめた。

主演の女の子もジェフ・ブリッジスもマット・デイモンも素晴らしかった。

ジョンウエインの白黒映画のようにエンドロールなしで「The End」とばーんと出て終わって欲しかった。

録画したのを消そうか保存しようか迷ってる。
私は西武開拓時代の映画はあまり好きではないですが、この作品は好きでした。
この時代の女の子が(しかも14歳)大人に対してはっきりものを言っていて、かっこよかったです。
あと、マットデイモンがお尻ぺんぺんしてるシーン笑いました。
chi

chiの感想・評価

-
ドーナルが出てるから見たけどこれコーエン兄弟だしちゃっかりマットデイモン出てるじゃーん。
セリフに所々皮肉効いてて好き。
ヘイリーちゃんもかっこよくてかわいかった!