武士の家計簿の作品情報・感想・評価・動画配信

「武士の家計簿」に投稿された感想・評価

Yasushi

Yasushiの感想・評価

5.0
算用型の子は算用型。音楽が心に染みる。
ayakaroll

ayakarollの感想・評価

3.5
テレビで見たので
Wikipediaでざっと内容読んで、
いろいろ調べてみたけど

これ、現存する本物の家計簿から
江戸時代史、近代史を観れる
かつ、映像として映画で観れる。

そういう観点でみると
ほんとおもしろいなぁって!

家計簿を見たら、
その家族構成も想像できる。。
恥ずかしいけど、
だからこそすごいリアリティがある。

ストーリーや映像に
大きな起伏はないかも知れないけど
それでも心に残るものがあって、
こういう時ほんと「語彙力…!」ってなるけど
趣があるっていうのかなぁ、、。

最後の収め方がとても良きでした。
BSプレミアムシネマで鑑賞

そろばん凄腕の堺雅人が借金だらけの家を建て直していく話
仲間由紀恵演じる妻お駒が甲斐甲斐しくて可愛い。いい夫婦。

刀ではなくそろばんと筆で生活する武士の姿と日常が描かれている。どの様な時もそろばんばかりの父に息子は反発するが、息子が引き抜かれたのは父から受け継いだそろばんの才だった。お家芸を受け継いできた人々の生き方が見られる映画。
実在した人をモチーフにしているので昔々歴史の裏でそろばんを弾いてやりくりしていた縁の下の力持ちがいたのだな…と感慨に浸る。

しっとりしたおだやかなテーマソングが良い。
特に時代劇フリークでも、詳しくもない僕ですら新しい大河ドラマ観て、当時こんな着物が鮮やかなわけねえだろ!!!と憤慨していたから、ディテールが丁寧な(いや、当然ですけど)こういう作品が好きだわ〜。鯛のくだり、なんか言語化できない込み上げる感じ、めちゃくちゃ泣いてしまったんだけど、あのリズムで、あのシーンの長さで涙が出るってすごいことだな、と思う。ちょっともっと映画観ようと思った。
湖土

湖土の感想・評価

-
森田芳光監督の時代劇
いいですね
そろばん!いいですね
実際?の入り払い帳や日記を基にした幕末から明治の加賀藩の一家の物語

刀で戦う侍ではなくソロバンで家族を守った父と、そんな父に反発しつつも新政府の要職に就いた息子の関係性が本当に素敵でした(*´-`)
ごまふ

ごまふの感想・評価

2.0
BSプレミアムにて鑑賞。

淡々と進み、淡々と終わった。
クライマックスの盛り上がりもなく、平坦な作品でした。
幕末というマクロの視点ではなく一家族の家系にフォーカスしたらこうならざるを得ないんだろうなあ。
>|