リコ

笑う故郷のリコのレビュー・感想・評価

笑う故郷(2016年製作の映画)
3.6
作家として賞賛される主人公が、多忙な中、1通の手紙より故郷に帰ることを決意する。
最初は街中が歓迎ムードだったけれど、次第に批判の声が高まり。。


観終わって、感想をスラスラ言えるほど受けたものは明確ではないのだけれど、この映画から何かを伝えられたような感覚にとらわれる。

現実はない、あるのは解釈だけ。
最後に笑うのは果たしてどちらか。

最後の笑顔がとても印象的。


作品としては好き嫌いはかなり分かれると思う。