牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

余韻がすごい。
本当に濃密で心に深く残り、かつ刺さってくる映画。
236分の傑作。
見逃してもよいシーンが一つもなかった。

正直内容はとても難しい。
この時代の台湾ならではの空気感と雰囲気、インターネットがない時代の中で通い合うコミュニティー。

少年少女のみに焦点が当てられて展開していくかと思いきや、それぞれの家族や先生などの大人の生き様まで見せてくれた。

中学生とは思えないほどの覚悟や度量を持ちながらも、いつ壊れるかがわからない脆弱性。
不条理な社会に従うか、自らの信念を貫き通そうとするか、で揺れ動く葛藤。
初めは後者であったが、社会に抗えずに前者を選んでしまいそうになる。

この時代ならではの人間模様やそれぞれの人の生き方がとてもリアルに映し出されていた。
こんなもやもやする波乱万丈な中学生活を送る少年少女たちはいるだろうか。

時代の転換期で、社会も大人も安定しておらず、何も信用できない中、もがいていく少年少女たちの強さと絆が壊れていく脆さ。
仲間が殺されたときの復讐。
裏切られたときの苛立ち。
相手が自分の思い通りにいかなかったときにとってしまった行動。
何を信じるかわからず、疑心暗鬼になっていく様。

好きでたまらなくて、自分がこれほど愛しているんだから、こうあって欲しいという想いが強いがために、相手に過剰な愛を求めてしまう。
自分の都合のよいように、自分を想ってることを前提で進んでしまう。

自分勝手で過剰な愛が、一方通行だと感じてしまったとき、少年は冷静になれず壊れてしまい、やってはいけないことをやってしまった。
そして時間はもう戻らない。
無秩序な世界、彼女の中の世界を変えて照らすことは並大抵のことではなかった。
独りよがりに人の闇を照らそうとしてはいけない。

この時代を普通に生きていくことの難しさ、大人になりきれてない少年少女の強さと弱さと脆さ、社会や大人の不安定さ、危うさ、裏切りや人が変わっていく様など、236分にこれでもか、というくらいに色んなものが詰められていた。

なんかもうこの時代の何日かを過ごしたかのような、この時代にタイムスリップしたかのような感覚。
鑑賞というよりも体感、体験に近い。
それだけリアルにひしひしと伝わってきて、感動どころかただただ茫然とエンドロールを眺めていた。

強い者が愛する人を守れる時代、愛することにこれだけの覚悟を持たないといけないのか、と。
しかもその覚悟を中学生が持っていたのか、と考えるとただただ驚きを隠せない。
ただ、守る覚悟はあっても、どんなその人をも受け入れる覚悟はまだ持ち合わせていなかった。
中学生っぽくなくて中学生っぽかった。

言葉数は多くはないが、それぞれの立場の生き様が詰まっていて、伝わってくる本作。
光と闇の使い分けも完璧。
戦車などが出てくる雰囲気から時代背景までも読み取ることができ、今と違う環境にリアリティーもあったため、入り込みやすかった。
演技も素晴らしすぎて言葉が出ない。

長い作品ではありますが、絶対観て損はない傑作。
思わずスコア5をつけました。
本当にどう表現するかが難しい。
とりあえず観て欲しい。
繊細。神秘的。退廃的。浪漫的。
アジアの良さを出してくれて有難う。

なんて言っていいか分からないって
この事だわ
まだこの映画にぴったりな感想が
思い浮かばない

もみあげに剃り込み入れて
ニッカポッカ履いてる地元の人達には
最後まで観れる人はいないだろう
Masaya

Masayaの感想・評価

3.1
台湾で実際に起きた殺人事件のそれまでの過程を四時間掛けて描き出した作品。当時大人も子供も皆んな不安を抱えて生きていることがわかる。人々の生活もギスギスしてて暗いし、閉鎖感があって生きづらい世の中だなぁと思った。唯一共感したのは『私を変える気? この社会と同じ、何も変わらないのよ』という女の子の言葉。
あ

あの感想・評価

5.0
4時間の使い方すごい。登場人物多い、誰と誰が戦ってるのかわかりにくいからなんとなくわかるみたいな感じなのにずっと観れる。とてもよくできた日記を読む感じに似てる。割と演出抑えめなのに見応えあるのがすごい。
あずさ

あずさの感想・評価

3.2
少年が静かに少しずつ変化していく様子がリアルだった…

登場人物が多すぎるのと、皆同じ格好同じ髪型で、なかなか見分けがつかなくて理解するのに苦労しました。
おはる

おはるの感想・評価

4.5
長かったけど全く退屈しなかった。
静かに激しい話だった。
大も小も色々なことが積もって絡まって、こういう出来事に繋がったのだと思うけど、やっぱり狭いコミュニティーとその中の恋愛が一番怖い。
初めてこんな長い映画見ました。
3時間来たあたりから最初の1時間の内容飛んでたけど、思っているよりは中だるみしない感じ。というのもほんまにノンフィクションなんか?ってくらい人死ぬからびっくりする。
時代なのか国柄??なのかわからないですけど、日本の60年代とのギャップを感じました。
女ごときで…とか言えなくなる1作。
見る価値があります
観たよ



1960年代
日本に統治された名残の残る台湾の生活風景が妙に懐かしく風情があってそれだけで画になり淡々と進むストーリーに色を添えている(まるで小津映画の様)

様々な国の思惑により利用されながらここで生きる人々の生きづらさがさらりと描かれていて、そこに潜む歪みは映画全体に広がっていく…そんな当時の不安定な台湾の社会問題をも浮かび上がらせている

また只の青春映画かと思いきやとんでもない愛憎劇でもある

時代の被害者なのか…それとも…
懐中電灯の光だけでは未来までは照らせない
その先の光りを見つけられかった少年と少女を想うと胸が締め付けられる


何より小猫王の美声にビビる。
とりあえず次の自転車のカスタムは決まった
ま

まの感想・評価

-
長!!
セーラー服のハニーは確かに格好いい、けど名前ハニーて。
>|