• Filmarksトップ
  • 牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の感想・レビュー

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter Summer Day

上映日:2017年03月11日

製作国:
  • 台湾
  • / 上映時間:236分
    監督
    エドワード・ヤン
    脚本
    エドワード・ヤン
    ヤン・ホンカー
    ヤン・シュンチン
    ライ・ミンタン
    キャスト
    チャン・チェン
    チャン・クォチュー
    リサ・ヤン
    エイレン・チン
    チャン・ハン
    チェン・シャンチー
    ニー・シューチュン
    リン・ルーピン
    あらすじ
    1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。

    「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2017/05/11
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    個人的な事情で寝不足の状態で挑んだ為、少し長尺がきつくて…笑万全の状態で見たかった。
    内容は素晴らしかったです。


    暗闇とバスケットボールのショットは鳥肌がたった。
    社会のひずみとか少年の鬱屈した感情とかそういう単純なものでは言い表せない、
    決して抗えない大きな何かに飲み込まれていく青春。

    印象的な場面は数え切れないほどあり、
    久々に「映画」をみた幸福感に包まれました。

    小四がなぜあのような結末になったか、一応の”理由”は描かれている。だがこの映画で描こうとしているのは、
    そんな”理由”を超えたところにあるものな気がした。

    小四と小明のあの事件が大筋だからそこだけみればこの映画のテーマは青春の暗部のようにも見えるけど、
    実はそうでなく、この映画の描く”暗闇”はもっと計り知れないくらい広く深いのではないかと思いました。

    そしてこれは決して遠い世界の話ではない。
    小明が撃った空胞が無邪気な日常に一瞬にして亀裂を与えたように、
    ”暗闇”は私たちの日常と常に背中合わせにあり、ふとしたことからそれが顔を表し、いつのまにか侵食されていく。そんなことが私たちの身にも起こりうる、そんな気さえするのです。


    もう一度見たらまた違うものが見えるかも。
    万全な体調のときにもう一度、必ず見たいです。
    岩崎宏美
    岩崎宏美の感想・レビュー
    55分
    -
    この世の全て
    mrhs
    mrhsの感想・レビュー
    13時間
    5.0
    今はこの映画の重みを、僕はしっかりと感じていたい。
    そう、この重みは、エドワード・ヤンだけが背負っている重みではない。
    われわれひとりひとりがしっかりと受け取るべき重みなのだ。
    こんなにも「克服すべき受難に満ちた祝福」をありがとう、小四、小明。

    俺達はやるよ。
    み
    の感想・レビュー
    1日
    3.5
    記録
    8bit
    8bitの感想・レビュー
    1日
    3.9
    もう一生観ることが叶わないと思っていた「牯嶺街」が、まさかの4Kリマスターでリヴァイヴァルされ、ついに私の街にやってきました。
    もうワンシーン、ワンカット、交わされる言葉、ひとつひとつを噛みしめるように観た。

    こんなにも長い時間、映画館の椅子に座り続けたのは初めて。
    そしてこんなにも睡魔と闘った映画も初めて笑。

    60年代初頭の台北で実際に起きたという、少年が少女を刺殺する事件。
    それに至るまでを、当事者のみならず友人、家族、果ては無関係の人間までも丁寧に丁寧に丁寧に描き、事件当時の空気感を映画の中に蘇らせた。
    スクリーンを見つめながら、自分の心は60年代台北の〝A Brighter Summer Day〟に飲み込まれていった。
    淡々と描かれる日常が、少しずつくすんでゆく。
    生き生きとした子供たちの様子に癒やされつつ観ていたのに、気付いたらとんでもないところまで来てしまっていた。
    そうだった。この映画のタイトルは「牯嶺街少年殺人事件」だったんだ…。

    光と影で紡ぎ出される繊細な映像と、間延びという言葉さえ無意味になる、ゆっくりとしかし確実に流れてゆく時間は心地よく退屈。
    「1、2時間くらい寝てもいいよ」って言われてるような気さえしてくる。
    コーヒーで目を覚ましながらっていう手もあるけど、そうすると今度は尿意がねえ…。
    でもそんな睡魔が吹っ飛ぶくらいの良いシーンが沢山あった。

    というわけで良かったシーンベスト3
    ・授業中に小四が217の連中に拉致られると、すぐさま仲間たちが椅子をぶっ壊し、武器をつくるところ。一連の動きがキレッキレで手際がいい笑。
    ・パーティで歌う二條がヴォーカルを小猫王へバトンタッチするところ。ま、まさかの美声。リトルプレスリー!!笑
    ・なんと言っても〝事件〟のシーン、周りの人たちが少しずつ異変に気付いてゆく様子にゾクッと来た…。

    手放しで絶賛できるほど理解を深められた訳じゃないけど、ずっとずっと観たかった映画を最良の状態で観れたことはとても感激でした。

    こうなったら〝小四〟チャン・チェンと〝小猫王〟ワン・チーザン、そして〝飛機〟クー・ユールンが再共演した「カップルズ」も是非是非リマスターしてリヴァイヴァル上映していただきたい。
    リマスターされた「カップルズ」をスクリーンで観れるなら、全国どこへでも飛んで行きます!!
    ucchang
    ucchangの感想・レビュー
    1日
    -
    青春映画の全てがそこにある。
    けいてぃ
    けいてぃの感想・レビュー
    2日
    4.0
    言葉が見つからない。もう1度観賞しなければ…と思うのに躊躇…
    SALLYDETH
    SALLYDETHの感想・レビュー
    2日
    4.6
    わたしは目撃してしまった…って感じ。4時間の間の無駄な映像すべてが愛おしくて目が離せなくなる。嫉妬って恋ってろくなもんじゃないし、金持ちの遊びはいつの時代もやっぱりすごい。はぁ切ない。エドワードヤンに恋をした。
    ariri
    aririの感想・レビュー
    2日
    4.6
    4時間の素晴らしい映画体験。
    どういう風に素晴らしかったか、考えても説明出来ない。いつか、もう一度見たらその時には…w
    >|