牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版1991年製作の映画)

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter Summer Day

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:236分

4.3

あらすじ

1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

個人的な事情で寝不足の状態で挑んだ為、少し長尺がきつくて…笑万全の状態で見たかった。
内容は素晴らしかったです。


暗闇とバスケットボールのショットは鳥肌がたった。
社会のひずみとか少年の鬱屈した感情とかそういう単純なものでは言い表せない、
決して抗えない大きな何かに飲み込まれていく青春。

印象的な場面は数え切れないほどあり、
久々に「映画」をみた幸福感に包まれました。

小四がなぜあのような結末になったか、一応の”理由”は描かれている。だがこの映画で描こうとしているのは、
そんな”理由”を超えたところにあるものな気がした。

小四と小明のあの事件が大筋だからそこだけみればこの映画のテーマは青春の暗部のようにも見えるけど、
実はそうでなく、この映画の描く”暗闇”はもっと計り知れないくらい広く深いのではないかと思いました。

そしてこれは決して遠い世界の話ではない。
小明が撃った空胞が無邪気な日常に一瞬にして亀裂を与えたように、
”暗闇”は私たちの日常と常に背中合わせにあり、ふとしたことからそれが顔を表し、いつのまにか侵食されていく。そんなことが私たちの身にも起こりうる、そんな気さえするのです。


もう一度見たらまた違うものが見えるかも。
万全な体調のときにもう一度、必ず見たいです。
上海(中国)から台湾へ渡った家族の苦難と悲哀、それでもその子どもたちに未来は託され、少年たちは自らを守る為に徒党を組むけれど、親の意を汲み取り学業で未来を切り開こうとする真っ直ぐな少年が、複雑な思春期そのままに堕ちて行ってしまう。
小四が恋した小明は、貧しく、病気の母親を抱え、男たちを引き寄せる自分の美しさを利用して生きてきた少女であり、彼女の生きて来た環境からすると決して彼女を責められない。おそらく彼女の恋人のハニーは理解していたけど、父親譲りの頑固で真っ直ぐで人の良さのある小四には受け止めきれなかったのだろう。まだ恋愛事も良く解らない容貌にも幼さの残る少年だから。小明の小悪魔的な部分は小四には理解し難かったのかも。そして小四はこの世界を変えることが出来ると思っていたからかも。
描かれているのは、14、5歳の思春期の少年を取り巻く世界。しかしこれを自然でさりげない光と影を利用した映像表現と、取り巻く環境に浮遊し続ける少年のあるがままを映し出し、なにこれこの静かに漂う緊張感。
少年が犯した罪は、愛憎からの独占欲であったかもしれないけど、でもその衝動へ行きつくまでの、善良であった少年が殺意の衝動へ至るのは、実は普遍的でもあるのだわ。罪を認めるのではなく、その過程での様々な出来事を観てほしい。
例えば、上海から台湾に移住した小四/張震の、公務員であるお父さんが、上海時代の恩や繋がりの所為か、台湾の公安警察みたいなのにしょっぴかれて尋問、密告させられようとする場面など、小四の将来への不安も浮かび上がる。
小四が巻き込まれてしまうのは仕方がなかったのかもしれない。でも小明と出逢わなければと、歪んでしまった小四の人生が悲しい。

張震/チャン・チェン以外に、さすがハニー役の林鴻銘/リン・ホンミンがとても良い!短い出番ながら、張震/小四がハニーの恋人、小明に惹かれるように、惹かれてしまうその風貌から感じる人間性がとてもカリスマ的で良い。それに張震/小四の友である気が強く歌の上手い小猫王/王啓讃(ワン・チーザン)も良い!高い歌声が女性みたい、声変わりしたらさぞ嘆くだろうなあとか思いつつ。彼は本当に本当の小四の友だちだったね。

リアルタイムでは観れなかったから、今回全長3時間56分の修復版での公開はとても嬉しい!それより日本初公開時3時間8分なんだけど、どこに切るところがあるのだ?そしてその長尺と思われる時間も流れる時間の一瞬なのだ。
え

えの感想・評価

4.5
やばい 14の季節、大人になりきれなかった少年少女たち…
ksk

kskの感想・評価

3.6
これを観た帰り道にヒロインそっくりの女の子が歩いており、お前‥!!という気持ちになった
rollpain

rollpainの感想・評価

4.5
5時間ぐらいに感じた…。
良かったけど。
戦い

戦いの感想・評価

3.5
流石に4時間は長いよ
一花

一花の感想・評価

4.2
映画館にて鑑賞。

台湾旅行に行ったばかりということもあって、より、歴史的な背景を詳しく知りたくなる内容でした。勉強してから、また見てみたい。

「人生の貴重な1日を費やすのに、ふさわしい傑作」というコピーがあったけど、言い得て妙です。

4時間の映画!というものすら初体験だったけど、
「人生の貴重な1日をこの映画に捧げたい!」という気持ちで観て欲しい。
こういうものが映画であってほしい!と、思わず唸った。
プハラ

プハラの感想・評価

5.0
大河ドラマ一気見するくらいの情報量と重量感と。だけど、あの長さがあるからこそ、闇の深さに説得力があるのね。人物も世界も。

ハニーまじハニーだし、小作り色白少女のアジアンファムファタル感‼︎

懐中電灯一本の中で閃く刃先にゾクゾクする天才の所業だし、日常を生きる人たちの中で、彼女だけがただ一人死んでいくのよ。それを引きで撮るのよ。容赦ねえ‼︎
からのプレスリーのテープよ‼︎
傑作って言葉すら安っぽく聞こえてしまうほどの大傑作。
桃子

桃子の感想・評価

4.4
画がとても美しい、、、青も緑も赤も引き込まれる世界で光の具合がなんとも言えない
小明がとてもタイプな顔だったり、小四のスタイルの良さだったりとか様になりすぎてるんだけどそれが普通みたいなところがよかった
私じゃわからないところ沢山あったから色々検索してレビュー見たんだけど、あ〜〜ってなるところが沢山あったからもう一回見たい、、、
4時間丁寧にじっくり描かれた映画。
だからこそ、彼の最後の突発的な行動に痛みを感じてしまった。
長い時間を掛けてみた価値はあった。これは映画体験。
>|