牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版1991年製作の映画)

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter Summer Day

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:236分

4.3

あらすじ

1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

個人的な事情で寝不足の状態で挑んだ為、少し長尺がきつくて…笑万全の状態で見たかった。
内容は素晴らしかったです。


暗闇とバスケットボールのショットは鳥肌がたった。
社会のひずみとか少年の鬱屈した感情とかそういう単純なものでは言い表せない、
決して抗えない大きな何かに飲み込まれていく青春。

印象的な場面は数え切れないほどあり、
久々に「映画」をみた幸福感に包まれました。

小四がなぜあのような結末になったか、一応の”理由”は描かれている。だがこの映画で描こうとしているのは、
そんな”理由”を超えたところにあるものな気がした。

小四と小明のあの事件が大筋だからそこだけみればこの映画のテーマは青春の暗部のようにも見えるけど、
実はそうでなく、この映画の描く”暗闇”はもっと計り知れないくらい広く深いのではないかと思いました。

そしてこれは決して遠い世界の話ではない。
小明が撃った空胞が無邪気な日常に一瞬にして亀裂を与えたように、
”暗闇”は私たちの日常と常に背中合わせにあり、ふとしたことからそれが顔を表し、いつのまにか侵食されていく。そんなことが私たちの身にも起こりうる、そんな気さえするのです。


もう一度見たらまた違うものが見えるかも。
万全な体調のときにもう一度、必ず見たいです。
ゆうや

ゆうやの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

1960年、台湾。夜間中学に通う小四は、ある日、不良グループのリーダーの恋人と噂される少女、小明と出会い、淡い恋心を抱く。次第に親しくなっていくふたりだが、大人たちの抱える不安や社会を取り巻く不穏な空気が、少年少女たちの世界にも暗い影を落とす中、小四は衝撃的な事件を起こす…

小四も小明も親は中国共産党との内戦に敗れて台湾に渡ってきた外省人である。しかし、台湾では支配階級でありながら、満足のゆく生活は送れず、本国への帰郷も夢見て叶わないまま、辛酸をなめる思いで日々を暮らしている。そんな大人たちの無念が蔓延する環境の影響を受けた彼らの青春は、昏く、混沌として、なにより光り輝いている。

彼らと同じ時代を生きた監督は、大人となった現在のではなく、かつてのまなざしでその世界を再現する。そこには感傷も郷愁もなく、不穏な闇の中に立ち込める血の匂い、恋人たちが戯れる草むらの匂いまで立ち昇ってくるようだ。そして、ほとんどのエピソードは事件とは直接の関係はないにも関わらず、そのすべてが引き金となり、私たちの心に重くのしかかってくる。

「僕だけが君を照らす」と泣き叫ぶ小四に残酷な言葉を言い放つ小明。二人が接近するきっかけは保健室での出会いだが、それよりも前にふたりはほんの一瞬だけすれ違う。すぐに忘れてしまうようなシーンだが、思い返せば、悲劇はあらかじめ定められていたのだと感じずにはいられない。
しお

しおの感想・評価

4.8
ミンの力強い目がすき
クーリンチェ少年殺人事件、観た。
なんかすぐに言葉にできなかった。4時間の長さは感じないけど、濃くてしっかりとした映画。良い映画を数本見たあとくらいの満たされ感。カットごとの絵も良いけど、シーンの描き方が素晴らしい。印象的なシーンが幾つもあった。エドワード・ヤン監督。1991年。
小四が、小明を追いかけて告白するシーン。廊下の縦目のアングルも良いし、裏でブラスバンドの練習をしている感じも良い。バスケのシーンはどれも絵が綺麗で好き。保健室のシーンも印象的。最初の夜の学校?の暗い、ちょっとしか写ってない絵作りも良い。演習場のデートのシーン。絵は本当に好き。
cleo

cleoの感想・評価

4.9
4時間が必要な映画!!
傑作と言われても、言っても、、、と思いつつ見ましたが、文句なしの傑作!!!若き日の張震がたまらん。
閉ざされた空間で蠢く少年たちを見て、「やっぱ男の子って嫌いだな!」と思いました。デジタルリマスターなのに閉塞感いっぱいなのはよかったかもしれない
momo

momoの感想・評価

5.0

センスありすぎる
4時間は長すぎるけど

主人公とミンの銃であそんで発砲しちゃうところが良かった
タイトルもいいしな
yuien

yuienの感想・評価

-
闇の中を懐中電灯で照らす少年の姿が非常にシンボリックで、そこに全てが収斂されている気がした。
ohassy

ohassyの感想・評価

5.0
「カップルズ」という映画を知ったのは25歳のころだったろうか。
当時勤めていた制作会社の映画オタク先輩が熱く語っていて、そんなに言うなら観てみるかーとレンタルして、そのままヤン監督が好きになった。
他の作品は全部観てる、これは未見だった。

上映時間4時間という迫力に気圧され見て見ぬ振りをしていたのだけど、何人かに勝手に後押しされて突然決意して、貯めまくってる代休カードを切った。
あの時の僕は素晴らしい判断をしたと思う、きっと数年後もそう思えるくらいには素晴らしい。

何を4時間も語るんだ。
みんなそう思うし僕もそう思う。
実際半分以下にまとめられるくらいのストーリーラインだ。
でもそれは違う映画になる、僕は彼らとひと夏を過ごした。
パンフレットに3時間版でカットされているシーンのことが書いてあったけれど、確かに無くても話は破綻しないけれどやっぱり違うものになっていると思う。
あのしつこいラジオのくだりがバッサリ無いなんてちょっと想像つかない。

何がそんなに良いのかなんていくらでもあるけれど、やっぱりヒロインの小明が艶かしすぎる。
決して整った顔立ちでもなければスタイルがいいわけでもない。
なのになぜ?分からない、でも絶対に無視できない。
誤解を恐れずにいえば、僕は完璧に整った顔よりは、どこか破綻してる顔の人が好きだ。
こんなところで性癖を晒すこともないと思うが、好きなんだから仕方ない。最近よく見かけるジェニファーローレンスもその類だ、すごく美形というわけではない。
どちらかといえば佐々木希のほうが整ってるのに、なんだか強烈な魅力がある。

小明役の彼女も、実のところは全然整ってない。
色白でやたら透明感があるけれど、美形かと言えばそうではないと思う。佐々木希のほうがよっぽど…、佐々木希のことは忘れよう。
とにかく世界中の中学生男子が無視できない魅力が備わっているのだ。
15歳という瞬間は、男女の精神年齢の格差が残酷なまでにまでに広く、女性が大人へとまっしぐらに登っていて、なんなら登り終えているところを、男はだいたいおっぱいのことしか考えていなかったりする。
「あいつは絶対処女だ」なんて安心してても実は全然そんなことなかったりするから、そういう真実はできれば一生教えないでください。深く傷つきます。

基本的にFIXでヒキ、深すぎる闇と映り込みを活かした演出など、ヤン監督らしさは堪能し放題。
人とグループと場所の名前が入り混じって何がどうなっているのか把握するのに難儀はしたけれど、こんなに長い映画なのに、短いカットは何か見逃したのではないかと不安にさせ、長いカットは期待もしくは不安を募らせるばかりで、なんだかずっとドキドキしていた気がする。
タイトルから殺人事件が起こることは分かっているから、それがいつどのような形でこの2人に降りかかってくるのだろうか、出来れば何事もなく夏が終わり幸せな青春の1ページとして残せないものだろうかと思いながら観ていたからかもしれない。

映像を生業としている目線からだと、シナリオは一体どうなっているのかと思う。
ト書きとかあまり想像できないから小説風なのかな。
あの緻密さだからコンテはあるだろうから、もしかしたらコンテから書いているのかもしれない。
その緻密なコンテに沿って、でも偶然も活かしながら、撮影されたに違いない。

シナリオよかったな、とか、そういう感想は無くて、ふとした時に、あっ!と思い出す。
そう言えば小四は流れ弾に当たったふりをしたし、ガンマンの真似事をしたし、暴発で危険な目にあった。
そんな積み重ねを、そう言えばそういうこともあったなあと思い出す。
まるで日常生活じゃないか。

その、小四が流れ弾に当たったふりをして小明が駆け寄るシーンが1番好きです。
小四にとっての幸せの絶頂期に違いない。
パンフレットの裏表紙にもなっているけれど、とても美しい。
.
鑑賞後に飲んだビール、すごく美味しかったな。
>|