牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版1991年製作の映画)

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter Summer Day

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:236分

4.3

あらすじ

1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

個人的な事情で寝不足の状態で挑んだ為、少し長尺がきつくて…笑万全の状態で見たかった。
内容は素晴らしかったです。


暗闇とバスケットボールのショットは鳥肌がたった。
社会のひずみとか少年の鬱屈した感情とかそういう単純なものでは言い表せない、
決して抗えない大きな何かに飲み込まれていく青春。

印象的な場面は数え切れないほどあり、
久々に「映画」をみた幸福感に包まれました。

小四がなぜあのような結末になったか、一応の”理由”は描かれている。だがこの映画で描こうとしているのは、
そんな”理由”を超えたところにあるものな気がした。

小四と小明のあの事件が大筋だからそこだけみればこの映画のテーマは青春の暗部のようにも見えるけど、
実はそうでなく、この映画の描く”暗闇”はもっと計り知れないくらい広く深いのではないかと思いました。

そしてこれは決して遠い世界の話ではない。
小明が撃った空胞が無邪気な日常に一瞬にして亀裂を与えたように、
”暗闇”は私たちの日常と常に背中合わせにあり、ふとしたことからそれが顔を表し、いつのまにか侵食されていく。そんなことが私たちの身にも起こりうる、そんな気さえするのです。


もう一度見たらまた違うものが見えるかも。
万全な体調のときにもう一度、必ず見たいです。
この映画内の一連を「殺人事件」と括ってしまうのはどうなの?って、タイトルに引っ張られまくった私は思いました。
いろんな意味で予想外で(自分が大爆睡かましたことも)
もっとスペクタクルでもっと無秩序でギラギラしてるものだと思っていたけど違った

タイトルに騙されたけど、英題で納得
A Brighter Summer Day
複数形じゃないとこがいい。
あるシーンで部屋から漏れ聞こえてくる京劇の音色が情緒的で、実家に帰ってきた感があってドキュメンタリーみたいだった。
闘争のシーン、吹奏楽のシーン、保健室のシーン、ラストシーン
ここらへんはなぜがパッと目が覚めてたな。
ごめんなさい、またちゃんと観たいです。
まりあ

まりあの感想・評価

4.7
点数はうまく4.6 に合わせられなかったからなんだけど、これでいいのかも。
完璧な映画。
リョカ

リョカの感想・評価

4.8
ヤンキーの元カレ、縄張り争い、女の取り合い…ずっと既視感があったけどこれ携帯小説に登場しがちなキーワードなのでは?恋空〜〜???(もちろんそれだけじゃないんだけど、)ごく簡単なあらすじだけで言えばどうにも陳腐になってしまうこのストーリーを、4時間かけて描く、そして魅せるというエドワード・ヤンのパッションよ

ブラスバンド部の演奏をバックに小四が小明に「ずっと君を守るよ」と誓うシーン、心臓がぎゅってなっちゃった

若さという凶器が「若気の至り」では許されないほどの過ちを犯してしまうってこと、あると思う。冒頭からずっと、光と闇の交錯という描写が繰り返されていて、それが示すとおり10代の少年少女にとって一歩間違えばそこは深淵だ。きっと簡単に踏み外せてしまう危うさ、精神の脆さ。10代後半から20代前半にかけて、人生おける最重要なあれこれの経験を積むはずだったのに…40歳になってから15年刑務所に入るのと、14歳の時から15年刑務所暮らしするのとでは訳が違うよなあ、、しょっぱいなあ、、、、、、


合格者の名前発表(ラジオ)→
朝会で生徒の顔が沢山並んでいる

合唱団の顔がたくさん並んでいる
←合格者の名前発表(ラジオ)

っていう円環構造、素晴らしいな
映画全体を俯瞰して見たときのシンメトリーさというか、椎名林檎の歌詞かよ、上手く言えないぜ
まあ結論は出会う男すべて狂わせるガールには近づくなってことですね
10代の脆さ、危うさ、不安定さ
小明の出会う男すべて狂わせるガールっぷりさよ

構図特に光の演出方法がすごくキレイというか計算されまくってるな〜という素人感覚
殺伐とした時代に思春期を過ごす男の子たちのどこか冷めた乾いた感じと、それでも本能的に落ち着きなく暴れたくなってしまう危うさに胃がキリキリする。常に張りつめた空気の中、ちょいちょいと差し込まれる小四と小明の可愛らしいやりとりにキュンとさせられるのだけれど、癒し効果はなくてむしろ余計に苦しくさせられた。小四がひねくれたように見えて意外と純粋なのがとにかくしんどい。小明の存在感がこの映画のみそなんだけれど、底の知れない怖さがあって、この子は天使なのかビッチなのか…と小四目線で翻弄された。
ko

koの感想・評価

3.5
同發新館
(横浜中華街映画祭)
人生で初めて4時間映画を観た気がする!
時代背景とかがわからなくて難しいと思ったけど、なぜか目が離せない映画だった
>|