牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版1991年製作の映画)

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter Summer Day

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:236分

4.3

あらすじ

1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

個人的な事情で寝不足の状態で挑んだ為、少し長尺がきつくて…笑万全の状態で見たかった。
内容は素晴らしかったです。


暗闇とバスケットボールのショットは鳥肌がたった。
社会のひずみとか少年の鬱屈した感情とかそういう単純なものでは言い表せない、
決して抗えない大きな何かに飲み込まれていく青春。

印象的な場面は数え切れないほどあり、
久々に「映画」をみた幸福感に包まれました。

小四がなぜあのような結末になったか、一応の”理由”は描かれている。だがこの映画で描こうとしているのは、
そんな”理由”を超えたところにあるものな気がした。

小四と小明のあの事件が大筋だからそこだけみればこの映画のテーマは青春の暗部のようにも見えるけど、
実はそうでなく、この映画の描く”暗闇”はもっと計り知れないくらい広く深いのではないかと思いました。

そしてこれは決して遠い世界の話ではない。
小明が撃った空胞が無邪気な日常に一瞬にして亀裂を与えたように、
”暗闇”は私たちの日常と常に背中合わせにあり、ふとしたことからそれが顔を表し、いつのまにか侵食されていく。そんなことが私たちの身にも起こりうる、そんな気さえするのです。


もう一度見たらまた違うものが見えるかも。
万全な体調のときにもう一度、必ず見たいです。
poem

poemの感想・評価

4.5
思春期に差し掛かった若きティーンエイジャーの姿が非常に美しかった。心優しく臆病だった小四が、友情や恋愛や家族を通して、更に組の抗争を経て、繊細な心模様がぐらついていく様子が、大長編作なだけあり、丁寧に描かれていたと思う。
大人と子供の社会観の齟齬を対比的に表現されていたため、当時の複雑な台湾の社会状況がひしひしと伝わってきた。
光陰を巧みに用いたカメラワークも印象的だが、片方のみ写した対話シーン、俯瞰などの画が非常に漫画のコマ割りに似てるな…という印象を抱いたが、監督が手塚治虫好きと後から知って納得した。
この作品の魅力の1/50程度しか気づけてないと思うが、無駄なシーンが一切なく大満足の一作であった。観れてよかった。
登場人物の名前の暗記が追いつかなくて、把握できなかったセリフが結構あったけど、いいシーンがたくさんあって4時間楽しかった。
画もすごく新鮮だったし映画館の大画面で観れてほんとよかった
この時代にはタイムスリップできないけど一度は行ってみたい!台湾!という気持ちになりました
4時間。長さは感じませんでした。しかし身体は正直で、席を立つとき尾てい骨が痛かった。


見終わって二時間経つが全然消化できない。とても寂しい気持ちだ。
シミズ

シミズの感想・評価

4.1
2回目 長い
佐藤皓

佐藤皓の感想・評価

4.3
新宿のケイズシネマにて鑑賞
4時間に及ぶ大作

台湾における初の未成年者による殺人事件の背景を丁寧に描いた作品。
光の使い方で少年の心を描くという手法には感動した。

けど難しい!!
解説見ないと理解できなかった部分多し
アキホ

アキホの感想・評価

4.0
音楽が.
「私を変える? この社会と同じ 変わらないのよ」
懐中電灯.
akane

akaneの感想・評価

-
最後とてもすきよ
あのガラスのフタつきコップほしい。
家族や弟のことを思い出すシーンが少しあった。
mina

minaの感想・評価

4.0
2018.5.19
>|