牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

人生の最高傑作。
評価が難しい。画はどれも素晴らしい。先生が小明の脚を診る様子がドア越しに描写される微かなエロさや、懐中電灯の光で明暗に揺れる小四の顔など、思い返すとハッとするような綺麗な画が印象的。冗長で退屈という意見にも同意できるが、見終わった後にジワジワくるものがあるのは良い映画の証拠だ。
はち

はちの感想・評価

4.0
薄ぼんやりした映像と、
聞こえにくいセリフ、

相反して、思春期のわかりやすい感情の揺れ動きと言葉にできないとてつもない居心地の悪さ。


文化の違いなのかなんなのか、
見慣れない景色とスロウな展開に見ているこっちの居心地も最悪。(もちろん、いい意味で)

人を好きになるなんて美しいばっかりじゃないんだろうから、

全部ひっくるめてのラストに対しての感想は暴力だとは思わない。

肯定も否定も出来ない、居心地の悪さだけがずっと心に残ってしまってる。
ひい

ひいの感想・評価

-
後ほど。
kohta

kohtaの感想・評価

2.9
短調だし、長すぎる。

期待してたのに残念
清水涎

清水涎の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

暗闇と日常の間を往復する日々。暗闇の中に揺れ動いていた白く小さな光。深さを増す周囲の暗闇に脇目もくれず、少年はひとりそれに触れようと静かにエンジンを温め走り出す。加速した彼の視界には、もう、私たち部外者は誰ひとり映らない。閉塞とした街、十四才。点き消える光は、目の前の道を照らし、自らの影を浮かばせる。世界すべてを霞ませるほど、彼らの一瞬の青春が眩しかった。(2017.4 新宿武蔵野館)
hinako

hinakoの感想・評価

4.8
自分はこういうのが好きだな〜と改めて思った
長いけど、全部必要な4時間
あのお遊戯会みたいなコンサートが最高
そして私服を着てる子が洒脱
Chi

Chiの感想・評価

-
全員美しい
>|