牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版1991年製作の映画)

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter Summer Day

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:236分

4.3

あらすじ

1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

5.0
4時間という長尺の映画を2回連続で8時間見ちゃったと言ったらどれだけヤバい映画なのか感じていただけるでしょうか?(僕が暇人すぎてヤバいというのは置いといて)

とりあえず、描かれている時代背景も、大陸から台湾に移住した外省人の事も、そもそも台湾という国のこともろくにわかってませんが、『この世界は僕が照らして見せる』というジャケのコピーの通り、田舎の街灯のない真っ暗な夜を懐中電灯で照らす描写が印象的であり、それは自分たちの手で未来は変えられると信じた少年たちの光であり、台湾社会の希望の光なのだろうと思います。映画史上に残る伝説の傑作と評価されている作品ですが、乱暴に言えば描かれているのは地方の閉塞感を描写した、、、ある意味ビジランテでありサイタマのラッパーであり、プールに金魚を放した少女と似た種類の闇なのかもしれません。

人がナイフで刺される音は「ブスッ」でなくもっと残酷で悲しい音がするのだと今作で知りました。僕自身、ナイフで誰かを刺したことも、誰かに刺されたことも、あるいは刺す人も刺される人も見たことがなかったけど、ただそれって単に運が良かっただけで、そんな衝動を感じる少年時代を誰もが通過していて、劇中の少年はナイフで大切なビッチを刺してしまったけど、若い時に聴いたGOING STEADYが「若者たち」という楽曲で「少年よナイフを握れ、心の闇を切り裂け」と歌っていたように、本当に刺すべきものは自分の手首でも、ましてや他人でもなく自分自身の心の闇であって、殺すのは自分の中のバケモノであって、ナイフで切り開くべきなのは自分の未来のはずです。

とにかく自分にとって圧倒的すぎて、もう他の映画はいらないのではと思えたし、すぐ他の映画に進めそうにない。
9/18/18
no.300
久しぶりに見直したが、あまりにも達観した、人間は不条理なほど醜く、その歪な世界を浄化するのは「死」しかないと本気で信じているエドワード・ヤンの極まった思想に怖くなった。空虚やpessimismでは語りきれない、その先にあるのは生きものは生まれたこと自体が間違いであり、導かれた(選ばれた)死者だけが真に救われるという狂気。遺作のような『海辺の一日』からはじまったエドワード・ヤン、こういった絶望と向き合いすぎた映画(表現)ばかり撮っていると早死にする。
naopyonko

naopyonkoの感想・評価

3.5
長い、けど印象的なシーンが多かったので観れた。闇を照らす懐中電灯とロウソクの光が少年達の心を表してるよね。
人が見る世界はそれぞれ違う
それを内臓から感じさせる映画
ナッゲーけどおもしろかった!
台詞やカット等、心に残る映画だった
心情の機微・変化を手抜くことなく丁寧に誠実に描いていた印象
またしばらく経ってから見直したいな
gyawa

gyawaの感想・評価

3.0
色々すごいのかな?って思うところはありましたが、私が映画で内容以外の要素を軽視しがちなせいか、みんなが言うほどの大傑作とは思えなかったです。でも確かにめっちゃ長い映画なのにあんまり飽きずに観られた。たぶんみなさんが言う通り、傑作なのでしょう…私の映画の見方が浅いだけで。そして台湾の近現代史に興味が湧いた!
がみ

がみの感想・評価

4.5
後半2時間からおもしろくなる。
この時代の台湾の時代背景っていうものが相まってこういう映画が作れるんだなぁと感動いたしました。
この小四が後のレッドクリフの孫権やと思うとヨダレが出ます。
>|