牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版1991年製作の映画)

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter Summer Day

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:236分

4.3

あらすじ

1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

nooooori

noooooriの感想・評価

5.0
4時間という長尺の映画を2回連続で8時間見ちゃったと言ったらどれだけヤバい映画なのか感じていただけるでしょうか?(僕が暇人すぎてヤベェェーというのは置いといて)

とりあえず、描かれている時代背景も、大陸から台湾に移住した外省人の事も、そもそも台湾という国のこともろくにわかってませんが、『この世界は僕が照らして見せる』というジャケのコピーの通り、田舎の街灯のない真っ暗な夜を懐中電灯で照らす描写が印象的であり、それは自分たちの手で未来は変えられると信じた少年たちの光であり、台湾社会の希望の光なのだろうと思います。映画史上に残る伝説の傑作と評価されている作品ですが、乱暴に言えば描かれているのは地方の閉塞感を描写した、、、ある意味ビジランテでありサイタマのラッパーであり、プールに金魚を放した少女と似た種類の闇なのかもしれません。

人がナイフで刺される音は「ブスッ」でなくもっと残酷で悲しい音がするのだと今作で知りました。僕自身、ナイフで誰かを刺したことも、誰かに刺されたことも、あるいは刺す人も刺される人も見たことがなかったけど、ただそれって単に運が良かっただけで、そんな衝動を感じる少年時代を誰もが通過していて、劇中の少年はナイフで大切なビッチを刺してしまったけど、若い時に聴いたGOING STEADYが「若者たち」という楽曲で「少年よナイフを握れ、心の闇を切り裂け」と歌っていたように、本当に刺すべきものは自分の手首でも、ましてや他人でもなく自分自身の心の闇であって、殺すのは自分の中のバケモノであって、ナイフで切り開くべきなのは自分の未来のはずです。

とにかく自分にとって圧倒的すぎて、もう他の映画はいらないのではと思えたし、すぐ他の映画に進めそうにない。
Hana

Hanaの感想・評価

3.0
4時間長っ。
私個人的な見せ場が
暗闇だったけど
それはそれで良い。
にしても そこまでもっていくまでが長い。

でも ヤンヤンも観る。
あと イケメン多し。
fujiK

fujiKの感想・評価

3.5
4時間は長い。それでも最後まで見てしまうし、最後は予測できても悲しい。

日本が去った後の台湾、その不安定な大人の社会に影響される若者たちの姿。
日本家屋に住み、新しくやって来たアメリカ音楽、プレスリーに憧れる。
敗戦国と解放された国の違いはあっても、共通するものがあり、懐かしい感じがする。
桃龍

桃龍の感想・評価

1.8
良いかもね⁉️
長すぎる‼️
終わらない夏と少年たちのいる情景。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.7
長かったなぁー
途中お昼寝休憩入れてやっと観ました。
ただラストを迎えたあとはその甲斐あったなという感じなので、これから観る人は頑張って!

そして漢字が読めない!
小学四年生じゃないのに名前が小四。
公園の場所かと思ったら組織名の小公園。フリガナふってほしいし、顔も体格もほとんど似てて慣れるまで時間がかかる。その点この上映時間で良かったのかも知れないね。

この時代の台湾の子供って、大人との境がないというか、大人は子供を理解しようとせず当然の如く扱い、子供は大人と同じレベルでいようとしてる。
日本もそうだったのか?…ふと考えてしまった。

入学試験に失敗して夜間部になってしまった小四。ラジオから読み上げる合格者の名前にこの名はなかった。
事の起こりはここから始まった。
そしてラスト。全てが悲劇に終わった後壊れかけたラジオから次の合格者発表が流れる。

果たしてこの時代この家庭の現状で中間部に入学出来たら悲劇は免れたのかどうかはわからない。でもこのラストは印象的だった。
Jasminne

Jasminneの感想・評価

5.0
「クーリンチェ少年殺人事件」鑑賞。4時間。長いけど昼も夜もない少年たちの話。夜間学校に行っていると昼も夜もなくなるんだよね。
ツジツマがなんとなく合わなくて見ているうちにファム・ファタールがテーマのひとつだと気づくと一気につながるのですがこの程度ではネタバレにはならない。
10歳超えると性的成熟の前に性体験やそれに近いものを経験しやすくなるというが中学生になってもまだまだ子どもなのに急いで大人にならなきゃいけない子もいるんだよね。
大人になってしまった子どもをゆっくり大人になればいい子どもから見つめ続ける作品。惨劇はだから起きたんだろう。
放校された小四が昼の学校の受験をしようと励むところは子どもでいていい年齢なんだよと本人に声をかけているようなシーンで実際にちょっと画面も明るい。
全体的に絵が暗い。テーマが暗いというより本当に光が強くない。
張震の父が父親役で出演していて今の張震本人とそっくりである。
BGMはエルヴィス・プレスリーの歌声と入試の合格者の名前を読み上げるラジオの音声くらいか。
風の音、セリフ、足音にかなうBGMはこの作品にはないのだろう。
エルヴィスを通じてやってくるアメリカの文化と合格発表の音声から聞こえてくる未来を切り開く学生の名前と小四の対比は残酷なほどであった。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

4.3
人物が多いうえに覚えづらく、説明も少ないので、「悲情城市」見た時と同じ気分になったが、映像が美しいので問題ない。面子と暴力の論理、野蛮で繊細な思春期が描かれる。
家を外から映して、枠の中に人物を収める構図は侯孝賢っぽい。部屋を跨いでカメラが移動する長回しは溝口を感じさせる。上からのショットもあるが、あくまで現実的な視点であり、「神の視点」にはならない。
タイトルでネタバレしてるじゃないかと思ったが、殺す対象をミスリードしてるのね。
アジアでもプレスリー、ロックが反体制の象徴になっている当時の風俗が垣間見れるのも面白い。
ただちょっと四時間は長く感じた。四時間必要なスケール感ではないのではとも思うがどうなんだろう。
重要なシーンでの「見せない」演出が光る。二人の会話のシーンではドアだけを映し続けている演出がされ、バットが振るわれるシーンでは電球のみが映り、ハニーが車の前に突き飛ばされるシーンも山東の表情のみが見せられる。暗闇の襲撃シーンも何をやっているかは不明瞭だし、小馬が問いただされるシーンも小四は映らず、ヒロインが殺されるシーンでも手元は映さず表情を見せる。
光と闇のコントラストが美しく、差し込む太陽光、裸電球、懐中電灯、蝋燭、街頭、部屋の明かりと、とにかく照明が印象に残る。スタジオに扉から差し込む光とシルエットになった二人のショットは美しい。
撮影所で本を落とすシーン、殺された山東と懐中電灯、ブラスバンドの音が鳴りやむことで、際立たせられる重要なダイアログ、讃美歌のシーンと印象的な場面がこれでもかと詰め込まれる。
置き去りにされた懐中電灯のクローズアップが暗い未来を予感させる。
暗闇からバスケットボールが飛び出してきて、笑い声が重なるシーンも不気味で印象深い。(異次元から突然現れたかのよう)
ヒロインは超美人という訳ではないがやはり独特の魅力がある。銃を持ってふざけるシーンが印象的。
父と子が自転車を押しながら歩くシーンは、同型の場面が二度繰り返される演出が上手い。一度目に信念を語るのは父だが、二度目はそれが子どもになっている。二度目は画面が暗くなっていて、決して明るくないその後の展開が暗示される。
クライマックスでは、静かに行われる凶行と、間を空けて背景の人々が徐々に異変に気付き始める様が生々しいリアリズムを醸し出している。
ラストのシークエンス、テープは捨てられ、家族が日常を取り戻し始めている中でラジオの合格者発表の音声に母親の動きが止まる。あり得たかもしれない未来が失われたこと。冷たい質感のラスト。
「確かに素晴らしい映画なんだけど、これを褒める人はだいたい要するに『主役の女の子がかわいい』っていうことを言ってるだけで、それを『画面の静謐さが〜』とか色々言い方変えて言ってると思うんですよね。じゃあ何がいいのかっていうと、やっぱり『ヤンヤン』だなあと、私は思うんですよ」(橋本一径)
えみ

えみの感想・評価

5.0
ストーリーも画も完璧な映画だと思った。ただ好きなジャンルではないので。

と思ったけど、余韻の中でじわじわ自分の中で変化し、4.5→5.0
>|