光一

ポエトリーエンジェルの光一のレビュー・感想・評価

ポエトリーエンジェル(2017年製作の映画)
3.6
90秒だけ山崎賢人が脇役出演していて驚愕(笑)!和歌山の地域活性化映画!

岡山天音&武田玲奈のダブル主演で「詩のボクシング」と「梅農家」を舞台に、
【愛しいものは何か】
【奪われたくないものは何か】
を問われる作品です。

「岡山天音と山崎賢人は10代の頃から超絶仲良し」なので、それで山崎賢人の友情出演90秒が実現したのかも? 岡山天音の映画初主演を祝う形で。(憶測だけど多分そう)

何はともあれ、この作品の武田玲奈の演技、無双の可愛さ。武田玲奈への印象ガラリと変わりました。

ストーリー点3
監督点3
役者点4
映像音楽点4
印象点4
エモーショナル点3
追加点0.1
総合点3.6


ストーリー点…シナリオや舞台設定など。物語に魅力を感じたか

監督点…構成や演出などのセンス。不自然さを潰してリアリティを作れているか

役者点…俳優や女優の凄み、エキストラの質。キャスティングは適役だったか

映像音楽点…撮影や編集のクオリティー。グラフィックデザインや音楽は作品の世界観に寄り添えているか

印象点…作品として記憶に残るインパクトはあったか。個人的な好みはここに

エモーショナル点…笑えたかor泣けたか。感情の振り子を揺さぶられたか

追加点…同じ点数で並んだ他作品群よりも抜きん出ていると思えた場合は0.1〜0.2点加算