存在価値のない駄肉

アウトサイダーの存在価値のない駄肉のレビュー・感想・評価

アウトサイダー(2018年製作の映画)
3.6
戦後の雰囲気マシマシな風情あるヤクザ映画。
語らぬかっこ良さというか雰囲気があります。
日本のヤクザ様式美が踏襲されつつ、
ヤクザの悪のかっこ良さが映えててかっけぇ…ってなりました!

主人公が日本刀で無双暴走すると聞いていたので、アウトレイジのたけしのごとくハチャメチャなのかと思ったら、無双はしますが静かなものですね。

主人公は無口で、基本的にはいいやつなので、ヒロインの可愛い子ちゃんとくっっついても「キー!!」とはならないで済みました。