mami

羊の木のmamiのレビュー・感想・評価

羊の木(2018年製作の映画)
3.0
人間の繊細な描き方と謎を残したままの部分は、本当に監督らしい。
人間の闇を、ひたひたと、だんだん深く描きながら展開していくけれど、、、
ソフトランディングが、個人的には、不満です。
音楽や映像は、監督のこだわりを強く感じる。
脇で存在感が素晴らしいクリーニング屋さんの演技と台詞が一番心に残っている。なんでもない台詞回しも最高。

作品の核であり、吉田大八監督 素晴らしい!っていうシーンは、6人が一堂に会する祭りの場面。6人の人となりを映像だけで端的に描いていて、作品中、一番優れた場面だと思う。


公開前に4回観て、もう評価が固まったので更新。

残念ながら、私には合わない作品のようです。

心が震えるのがクリーニング屋さんだけで、監督が目指しているであろうことに、心情的について行けない

重いテーマの中で、友達という希望と人間の再生の示しかたが、余りにも普通なので、え?何で?そんなありきたりになるんだろう?と、その気持ちは最初から変わらない。

二組の恋が、ひとめぼれにしても、やっぱり、唐突。

役者は皆良いですが、主役が天才的とは、どうしても思えない。

絶賛してる方や、監督の作品の中で一番面白いと言われてる方も多いので、単に私には合わないのだと思う。

公開初日に観て、5回になったが、
北村さん演じる杉山が、宮腰との対比もあるが、特に人間的なんだと、嫌な奴なんだが、可愛げあるんだと、初めて感じた。
3回目から気になりだしたのが、後輩、田代。一番、普通の人間の興味を表す役で、月末との対比で、物語のスパイスになっていて、だんだん好きになった。多分、「美しい星」の男栗田に通じる愛すべき嫌らしさを持ってるから。たえこ叔母さんも好き。やっぱり、脇役の素晴しさに監督の凄さ、感じる。

皆さんのreview見て、私の不満点は、私だけじゃないんだなと分かったが
私がこの作品で、一番❓なのが『友達』。どうしても理解できない。

他人との関わり方を考えることと、いきなり、殺人犯との友情が、あの状況で、あの台詞で成立することとは、別だし、二人の友情が存在したとは思えないのだ。友情ごっこ?友達になれたらいい、そういう気持ちと、小さな努力はあっただろうけど。。。

好きなキャラbest3
3位 水澤さんの怪演 (キャラではない)
2位 後輩 田代
1位 ダントツ、クリーニング屋さん

特別賞 太田さん あのシーンは、個人的には好きになれないが、監督の手腕で、あの熱演を引き出したと思うから。

クリーニング屋さんは、この作品の希望だ。

好きな台詞
「肌で感じることは、大概正しい」
プラス、マイナス、両方の意味があるが、心にしみる

でも、これって、「信じるか?疑うか?」とは矛盾してる気もする。

JMAXtheater富山、舞台挨拶で、魚津のサンプラザのシーンで、普通に買い物してた水澤さんが映り込んでるって、監督が言われたが、どのシーンか分からない

6回観たが、もう新たな発見はないような?😢 一度も、涙も出ず、心が震えないのは、作品の良し悪しというより、自分の感性や考えと合わないのだと思う。美しい星は82回観て、毎回、震えるのに。。。

監督がinterviewで話している『友情』が私の心には全く響かず、ついていけない。明快な答えを示さないのが監督の作品ではあるが、この作品で何かを感じるとしたら、私は『人間の欲』で『友情』を感じることが出来なかった。

羊の木の絵
私は、6➖1ではなく、5➕1だと解釈している。
1は再生担当の彼女と🌱

私も、「あや」は不要だと思う。
トークショーで、彼女は七人目の人物と言ってたが、青春話を入れることによって、話が緩慢になった。

美しい星を誉めたプロの方々が羊も同様に誉めていたり、星はダメだったが羊は良いという監督ファンがいたり、人それぞれ。私は、美しい星を愛し過ぎてるからかな?とは思うが、別な作品として観ても、☆3つになってしまう。

是が非でも観客を劇場に呼ぶという意味では予告編は大成功しているが、主演持ち上げ過ぎの過剰宣伝には、映画はビジネスと分かっていても、気持ちが冷める。でも、興行的にはヒットして成功するのでは?

鹿児島での舞台挨拶に参加

7回目で初めて気づいたこと。
🌱の時、子供達の声が聞こえる。🐢の時、小学生と一緒にいたから?私は、子供は再生の象徴なのか?と思った。

田中泯さん「羊の木は6人の殺人犯の話なんです。月末はコーディネーター」

監督「二時間では短いという意見があるが、二時間で語れなければ100時間でも語れない」

 二時間の中の配分の問題だと、私は、思っているけど、監督の中では友情が占める割合が高いのだ。。。

羊の木 では、監督は度々「自信がある」という言葉を使う。美しい星 は、「自分の好きなもの」を全て入れたと言い、リリーさんも「大八さんにしか分からない世界」と言った。2つは、取り組み方や製作の意識が違う作品。
羊の木 で、吉田大八監督 の世界に触れた方、美しい星 も観ていただきたい

鹿児島で、あらためて感じたこと:
港でビール瓶が割れても、全く動じず、杉山への怒りのレベルがひたひたと上がって行く車の中の宮腰の表情に、一番、狂気を感じた