ソラアユム

羊の木のソラアユムのレビュー・感想・評価

羊の木(2018年製作の映画)
2.7
小さな港町「魚深」に移住してきた元殺人犯男女6人の日常を描くスリラー?



つ、つまらない……端的に言って。
大体こうなるだろうなと高を括った作品イメージのハードルの下を淡々と通り過ぎていった。
設定は面白いのにどうしてこうなる(汗)

田舎町で住人に全く事情を知らせないまま元殺人犯を放つというファンタジックな設定と反してストーリーは非常に淡白でした。
残念ながら宣伝以上のインパクトは全くないです。

というのも、この6人が移住してきた所で終盤まで大きな事件は起きないんですよね。
これが何よりも退屈になってしまった所以。
序盤の"事件"もとりあえずほっとかれるからサスペンスになりそうでならない。
終盤手前まではずっとその調子だからどこを楽しめば良いのか分からないです。

殺人犯6人っていうのも良くない。
どう考えても多過ぎます笑
6人のうちキーパーソンとなる人物を描くのに注力してしまっていてサスペンスとしてのミスリードが全然出来ていない。
ドラマ描写が乏しい為に群像劇としても単純につまらない。
いつ主人公と○○は"友達"になったの?
6人があまり絡まないし、過去に何があって今どうしたいのか全く分からないから生じるドラマも陳腐。
おまけに主人公とヒロインの個人的なエピソードまで入ってきて全然話が進まない。
登場人物と描くべき事柄が多過ぎて手に余っている感は否めない。
殺人犯6人と主人公とヒロインの立ち位置をひたすら浅く描いたような内容で海外ドラマの1、2話目を見ているようだった笑

6人を演じたキャストの方々は素晴らしいと思います。
それぞれ個性的で。
それだけに勿体ない毒にも薬にもならない微妙な作品でした。



記録
2018年鑑賞作品8本目
劇場鑑賞作品3本目