KANATA

羊の木のKANATAのレビュー・感想・評価

羊の木(2018年製作の映画)
3.7

『全員、殺人犯。』
というフレーズだけで結構持つんだなと思いました。

役者の見事な投影と演出がとても良くて、
結果的には単なる日常生活でも殺人犯という先入観が見るものをハラハラさせる。
いい意味でのキャストの裏切りが多かった!

殺人犯の釈放後は、また罪を犯す人間もいれば苦しむ人、背負いながらも前に進んで行く人。知らないだけで自分の周りにもいるんだろうし、リアルに感じました。

ラストはもう少しやりようがあったように感じましたが、設定上許せる範囲です笑

「市役所の人として?それとも友達として?」恐怖と同時にSOSや寂しさにも取れる言葉。印象的。