羊の木の作品情報・感想・評価

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.4

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

FT24Chika

FT24Chikaの感想・評価

3.7
CM観て好きそうな内容だったから友達誘って観に行きました!
過疎化した街の復興と1度過ちを犯した人の更生を目的に6人の殺人者を魚深って街で受け入れる所から始まります。
嫌〜な雰囲気の中
錦戸亮さんが受け入れ側の役所勤務で受け入れるんですが。。。
うーん圧倒的に松田龍平さんの怖さサイコパスは凄いです。
そしてそれに匹敵して北村一輝さんの威圧感も凄いです。
のろろ祭り辺りから話は急展開します!
あと
錦戸亮さんの親父にアタックする優香さんのビッ〇感が。。。
私は事前情報は無しだったので木村文乃さんも事件やらかし組だと思ってたからそこが違ったのが残念でした。
彼女にサイコパス的演技して欲しかった。

うーんトータル松田龍平さんと錦戸亮さんの友達って絡みからのサイコパスはやっぱりサイコパスって…感じでした。他の登場人物があまり掘り下げれてないのが少し残念です。

劇場鑑賞男女比 4:6

2018年劇場鑑賞5本目

『私的には惜し〜い!』
わこ

わこの感想・評価

3.8
レビューだけ見てたら観たかったけどまあいいかなって思ってたけど観てよかった。流れがいろいろあっておもしろかった。優香はたしかにエロかった。錦戸くんの演技がすごく普通で優しい人がちゃんと出ててそれがいい感じになった。あとちゃんと殺人するシーンがあってドキドキできる。
あ

あの感想・評価

3.8
みんな演技うまい
kaede

kaedeの感想・評価

3.5
やっぱりすごいなぁ、人間模様が。と思う作品でした。
松田龍平さん良い。すごい。
Garu

Garuの感想・評価

3.4
思いはきっと更生物語。

サスペンス要素が強いので、どうしてもそういう目でばっかり観てしまう。
本当は受刑者達の受刑者としての部分とその裏側の物語だと思う。

仮釈放された受刑者を住民として受け入れると言うシステムを、よく考えるのはとりあえず辞める。
誰がサイコパスなんだ…?と言う考えも捨てる。
すると人間の感情を描く作品なんだと思える…気がする。

6人の受刑者ってのも時間がなさすぎると思うし、なかなか難しい。
最後の展開のみ惜しい映画。どんよりした空気と流れる音楽が非常にマッチしていて良い映画。
ゾクゾクしました。
もう一度見たいかと言われたら、そうでもない作品。
可もなく不可もなく。
nishior3

nishior3の感想・評価

1.5
つけ忘れ。
原作知らず。
監督知らず。
CMのキャッチで鑑賞。

サイコパスは日常にいるよっていう事を認識しました。
ラストのゴロゴロゴロぼっちゃーん。
アレは、ダメ、受け入れられない😓
あんこ

あんこの感想・評価

5.0
ラストシーンに鳥肌。松田龍平大好き!木村文乃とのキスシーンはいらなかった。
>|