羊の木の作品情報・感想・評価

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.3

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

FT24Chika

FT24Chikaの感想・評価

3.7
CM観て好きそうな内容だったから友達誘って観に行きました!
過疎化した街の復興と1度過ちを犯した人の更生を目的に6人の殺人者を魚深って街で受け入れる所から始まります。
嫌〜な雰囲気の中
錦戸亮さんが受け入れ側の役所勤務で受け入れるんですが。。。
うーん圧倒的に松田龍平さんの怖さサイコパスは凄いです。
そしてそれに匹敵して北村一輝さんの威圧感も凄いです。
のろろ祭り辺りから話は急展開します!
あと
錦戸亮さんの親父にアタックする優香さんのビッ〇感が。。。
私は事前情報は無しだったので木村文乃さんも事件やらかし組だと思ってたからそこが違ったのが残念でした。
彼女にサイコパス的演技して欲しかった。

うーんトータル松田龍平さんと錦戸亮さんの友達って絡みからのサイコパスはやっぱりサイコパスって…感じでした。他の登場人物があまり掘り下げれてないのが少し残念です。

劇場鑑賞男女比 4:6

2018年劇場鑑賞5本目

『私的には惜し〜い!』
あやみ

あやみの感想・評価

2.0
不気味だった。
設定に期待してしまっただけかな…なんとか最後まで観れたが。映画館で観なくてよかった。
錦戸くんの演技は良かった。

・人が肌で感じることは大抵あってる
・わかってるから付き合うんじゃなくてわからないから付き合う

あと 友だちとして?市役所として?と何度か聞いてたのが印象に残った。
ペジオ

ペジオの感想・評価

4.2
見も蓋もない言い方かもしれないけれど
元殺人犯……元殺人犯……「元」ってなんだよ?
それを一番わかってるのは本人なんだろうが…

のろろ様の祭りのシーンも素晴らしいが、民俗学的なラストのスペクタクルが結構…いやかなり好き
海面に起こった波紋が美しい
うーん……
元殺人犯6人ともきっちり描けないならいっそ設定から減らしちゃえばよかったのに。個々が薄いから、街の人に受け入れられてもこちらに伝わってくるものも薄い。
松田龍平も錦戸も良いんだけどな…

あと、
一番クズなのきっとこいつだな。
とか
クライマックスはこの場所だろうな。
とか
こいつ死ぬなきっと。
とか
わっっかりやすい伏線多すぎて、このジャンルの映画としては物足りない。薄くて物足りなかったので原作コミックで読む方が良いかと。
「さすが吉田大八監督!」といった感じの深い映画だった。
一筋縄ではいかない。決して一方向からの視点から描いていない。
単なる(そして、よくある)『元受刑者たちの立ち直り物語』に終わらせないところは流石だと思った。
錦戸亮の普通の若手地方公務員ぶりが特に素晴らしかった‼️

"昔からそうしてるから
みんながそうしてるから
守らないと"

もっとも印象に残ったセリフ。
勤勉さは日本人の美徳かもしれない。
でも、その一方で日本人は『正解以外は全部バツ』といった具合に自分たちのルールから外れた異質なものをシャットアウトする怖い面がある。
それがテーマかも…

誰が犯人か?的な映画や、元犯罪者を描いた日本映画は結構ある。
でもそういう日本映画によくありがちなドラマ性も、心の叫びもない。
「本当のところは何考えているのかわからない」という緊張感のまま淡々と進んでゆくところが良かった‼️
雄叫びをあげればいい映画ってわけじゃないよね😉

そういえば #羊の木 で錦戸亮と木村文乃が結成したバンドがMy bloody valentineみたいなめちゃくちゃセンスのいい音楽やってて驚いた‼️
だいたい日本映画に出てくるバンドの音楽ってダサいんだけど、これは違ってた。
マイブラっていま考えたらめちゃカッコよかったなー
あたり

あたりの感想・評価

3.0
期待してたほどじゃなかった。
でも松田龍平は期待以上に良かったし、優香がとてもハマってたと思うのでこの点数。

オチがオチだけに、それなら途中何やったって許されてしまうじゃんって残念。終わってみたら意外と薄っぺらい映画だった。あと文のキャラクターがいまいち。
それからわたしは 錦戸の後輩くんみたいな、天然で悪気はないのにやることが嫌な感じする人間が本当に嫌い…
設定を聞くとワクワクして期待しちゃいます。
前半、何が起こるか楽しみに鑑賞。
前科者でも受け入れられるか?など考えさせられたりしたが、
見終わってみると殺人犯が6人も出てくるわりには、なにか物足りなさを感じてしまいます。
松田龍平はいつも通りの感じだったが1番よかった気がしました。
いと

いとの感想・評価

3.6
政府の施策により田舎の漁村に越してきた6人の男女。彼らは全員、殺人罪で刑務所に服役していた人間だった…。
危険な人間や自分の罪に真摯に向き合う人間、殺人犯と言っても一括りにはできない難しさが上手く描かれている。やや人数が多すぎて薄れているエピソードがあるのが残念。
SOR

SORの感想・評価

2.5
記録
>|