羊の木の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.3

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

見る前のハードルを俺はガン上げしすぎてしまった模様です…

想像したよりは面白くなかったけど、もしかしたら原作読んだらもっと駆け引きとか謎や疑心暗鬼が入り組んでて 面白いのかもしれないなと思った
けれど映画としては良い意味でさっぱりと綺麗にまとまりすぎてしまったかな感がある(良いことなんだろうけど、なんだかサッパリしすぎてる印象?)

帰る場所、居場所があるというのは大切なこと…
殺人を犯して仮出所した先で、自分の居場所を見つけられるのかどうか…
居場所を見つけた、受け入れてもらえた人達はとりあえずは前向きに改心・更生し穏やかな住みかを見つけた感じになった
そうなるまでの苦悩や心痛が各々しっかりと描かれていて、だからこそ、平穏に過ごしたい人達と、それと相反する何かをしてやりたい人とでの対立がハラハラしてしまう

松田は「いいところですよ」と言うだけあって、やりがいも見つけ、彼女も出来て…その気持ちに偽りはないんだと思う
ただ過剰な自己防衛で何度も前科があるだけあって「自分の平和を乱す奴には容赦ない」んだろうなと思った
だから「防衛」した結果、過剰だった…のかな~と…
しかしながら北村への「絶対殺すマン」と化した松田を見ると「サイコなのか?」とも思える感じもあったけど、たぶん松田はサイコパスではなく、純粋に「守らねば(自分やこの土地や皆を)」と思ったのかもしれない

最後に松田がのろろ様の頭部に沈められ 浮かんでこなかったのは、「錦戸と松田間では生贄」そして「のろろ頭部と松田間ではのろろとして成り代わる(のろろの頭部は出てきたが松田は発見されていない)」という感じなのかな?…と自己解釈

生贄となり、そして現代の新たなのろろ様としてこの土地を守る…

のろろは海からやってきた半魚人だそうですが、松田も言い方を変えれば「土地の外からやってきた犯罪者」と、似た感じにもなるな~と…

最後の組のお父さんの不器用な笑顔が凄く可愛かったです☆
aco

acoの感想・評価

3.0
少し内容が薄いかも。
あれだけの役者さんが揃っていて、なんだか物足りない。

実日子が少しもったいないなぁ。
小さなお墓にも意味があるのかもしれないけど、それもよくわからず。だけど、小さな芽が出てたのは希望って感じで良かったよね。

あと、安藤玉恵さんが良い。差別感情のない人。田中泯さんとの笑顔の写真良かったです。

優香がエロい。
voltboy

voltboyの感想・評価

3.0
小さな漁港町に越してきた殺人罪で服役していた6人の男女、担当になった市役所職員の男が彼等の素性を知りながら見守りを行なっていくが、、

殺人者達が小さな町に集まり住み出すなんて設定は面白そうでしたが(゚∀゚)

「桐島部活〜」の監督にしてはラストまで惹きつける内容じゃなかったな〜( ̄▼ ̄;)

何故?って考えちゃダメなんでしょうが、登場人物のバックグラウンドが描かれてないので行動が
色々❓
それでも俳優さん達はどの方も存在感たっぷりでしたし、主役の錦戸亮の演技を初めて観ましたが良かったと感じれました(・∀・)

原作未読でタイトルの「羊の木」も???
観終わってからのモヤモヤが一瞬、でも直ぐに気にならなくなってる.( •́ .̫ •̀ )
設定は面白いです。過疎対策で殺人受刑者を受け入れた市。市役所の職員に錦戸。松田龍平、木村文乃など旬のキャストですが。
かつ

かつの感想・評価

4.0
6人全員元殺人犯っていうことしか知らんくて観たけど、思ってる以上に怖かった。
やっぱり元ってついてるだけに疑いの目で見てまうし、何かしでかすのでは??って恐ろしく思った。

更生してるように見える人が一番、平気な顔で犯罪をすることに裏切られる気分になった。

キャストの豪華さね!!
皆さん味があって染まってた!!

余談やけど、「のろろ〜ろろの〜」って言いながら街を歩いてくとこが自分には「火の用心」にしか聞こえなかった。笑
懐かしいなぁ、って思いながら見てた。
じめっとしてる空気感はとてもいいけど、たぶん原作から省きすぎ系だと思う
supaidamma

supaidammaの感想・評価

1.7
トレーラーで面白さをたくさん膨らませて、まとまりきらなさと、内容さすがです!!
もう少しみんなが絡み合うかと思えばそうでもなく以外と淡白に。犯罪者でも受け入れられるという描写ばかりには、実際疑問が湧いた。世間の目の厳しさは全く反映されてない田舎の良い街です。

端的にいえば、この映画に邦画の現在のレベルが詰まってる。起承転結してても、メッセージ性の乏しさというか。。
俳優陣はみなさんレベルの高い演技だこと。

結局何の話だか全然わからへん。
犯罪者はやはり犯罪者だからNG。
相手のことを知らず仲良くなる危うさ。
地域の謎のお祭りと付き合いの怖さ。
役所の怪しい隠蔽癖。

結局どれなんかな。
K

Kの感想・評価

2.5
とある田舎町に6人の元殺人犯を受け入れたことで巻き起こる事件や疑惑を描いた人間ドラマ。

元犯罪者が更生できる社会ってどんなものか、元犯罪者は悪なのか、犯罪者は再び普通の人生を送ることができるのか、そんな社会的な疑問を提起している点は良かったが、それ以外はイマイチ。
む

むの感想・評価

2.5
6人の過去全部台詞で説明しちゃうのは薄いと思った。あと、最後車見つけた時の警察官の動きとか、「脚本どおりに動いてる」ことを感じさせる行動が度々あって残念だった。
最後の方の含みを持たせた終わり方はよかった。
gol

golの感想・評価

4.2
いやはや、何て意地悪設計な映画でしょうか。

こちら側の殺人犯に対する先入観や、殺人犯と言えども一人の人間であるはずという願いにも似た思いを、言い方は悪いかもしれないけれど、利用する事で見事に物語をサスペンスさせていました。

シェービングのシーンは完全にこちら側を見透かした演出で、もう憎ったらしいやらw

悔しいけれどお見事としか言いようがないですw