羊の木の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「羊の木」に投稿された感想・評価

azusa

azusaの感想・評価

3.4
漂う空気や音が奇妙で不気味で最初すごく引き込まれた。

全く予想出来ない展開に恐怖を感じながらも、どうなるんだろうとワクワクしていた。

しかし…
楽しめた。

しかし良い役者しか出てなかったな。

錦戸さんとても良いですね。もっと役者やれば良いのに。やってるか。水澤さん良い。優香さんエロい。北村さん安定の悪。
6人共個性あってそれぞれ自分の役目をしっかりと演じてて素晴らしかった。

鈴木晋介さん良い。声が志賀廣太郎さんに似ている。
深水三章さん、一月に亡くなられてたんですね…。残念です。
松尾さんや細田さんもうまいなあ。

羊の木の意味まではよくわかりませんでした。
ayacr

ayacrの感想・評価

3.5
「信じるか疑うか」と謳うほど、そこを問うてくるシーンがない。
結局6人は繋がらないし、”羊の木”とはなんなのかがわからなかった。
冒頭で出た文言を最後にもう一度出してほしい。
どうでもいいけど、北村一輝のソフトクリーム食べてるシーンがエロくてかっこよかった。
松田龍平の正しい使い方。ずーと何かが起こりそうな雰囲気で不気味だった。
今年観た邦画の中ではナンバーワンかなー
話の筋は読めるし、最後無理やりいい話に持って行こうとしてる感があるけど、それでも面白かった。
ああいう、罪を犯した人が更生するシーンには弱い。ヤクザのおじいちゃんのところとから普通に泣いてたし。
元受刑者(殺人犯)を仮釈放して仕事と住まいを与えてとある町に移住させる国家プロジェクト、それの事業に関わることになった市職員の月末が主人公。

このプロジェクトの現実味がなー。作中では過疎対策が挙げられていたけど、正直市側にメリットほとんどないでしょう。せめて過疎対策っていうならもうちょっと若い人をいれてかないと。
てか市職員の月末が保護監察官みたいな役割までしてるのは違和感。こういう事業の場合ちゃんと国が主体となるべきでしょう。
この辺の粗がいちいち目についてしまって、なんかリアリティに欠ける印象を受けた。

殺人犯と交流を深めるなかで、どこまで相手を信頼できるかということが試されるという展開。
この辺は前に見た「怒り」に似てると思った。

月末が好いてる女の子に彼氏(宮腰)が前科者だって教えちゃうシーンは月末の人間味が出ていてすごく良かった。

終盤結構急展開で、せっかく友情を育んでいた宮腰がかなりやべぇやつだってことが分かり、月末の感情に共感できなかった。ラストも急なCGでシーンが浮いてた。

終盤さえもっと自然な感じならもっと良かったのになぁ。ちととんがりすぎ。
Makyu

Makyuの感想・評価

2.0
なんだろ、これ。
もっと気持ちを揺さぶられる作品かと思ってたけど、まったくでした。
のろろ様が、全部台無しにしてしまったような気も、しなくはないですけど。
ゆ

ゆの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

松田龍平が車で轢き殺すシーンで爆笑した。キャラはいいかもしれないけどびっくりするほどつまらなかった。
元殺人犯の人たちより、のろろ様の方がめちゃくちゃ怖い。

優香のピチT最高!
yama

yamaの感想・評価

3.0
市役所の職員役の錦戸亮に感情移入してしまった!
好きだった女の子の突然の帰郷。嬉しさと驚きとチャンスが一度に訪れた高揚と戸惑い、まさかのライバル出現。
はからずも公務員としての守秘義務を破ってしまう心の弱さに同情した!
犯罪とは誰もが起こしえる。罪が重いか軽いか、気付かれるか気付かれないかで裁きが決まってしまうのは、不公平だがそれが世の中なのだ。
日常はバレない罪に満ちている。