羊の木の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.4

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

あすみ

あすみの感想・評価

3.9
話は結構わかんない所がある‥‥も、錦戸くん、松田くんの演技が凄すぎて見てよかった。

いい人、悪い人、あなたは他人の本質をほんとうに分かっているの?という話だったと思う。
偏見よりいい人もいるし、期待より悪い人もいた。

北村一輝さんの役は悪の法則のブラピみたいで良いなぁ。
りょう

りょうの感想・評価

3.1
街に来た新しい住民は全員殺人犯っていう設定が好きで見た。
途中まではとても面白かった。松田龍平がとにかく怖い。平気な顔で人をバンバン殺す。車のシーンが一番怖かった。
しかし最後がなんか残念。のろろさまの生贄になる意味とは?錦戸くんを道連れにする意味は?
羊の木を飾った意味がよくわからないし伏線ありすぎで回収できてない感が否めない。
群青

群青の感想・評価

3.5
2018年劇場鑑賞7作目。
原作未読。


ジャニーズのインターネット上の画像解禁になった時、期せずして今作の会見が解禁後第一弾になった。錦戸亮はイケメンな方なのだが、あまり演技がピンとこなかった。しかし今作の主人公においてはとても素晴らしかった。
彼の持ち味はそのピンとこなさだったのだ。

冒頭彼が何度も繰り返す、住んでいる町の紹介。

この町は良いですよ〜。人も良いし、食べ物も美味しいし。

会う人会う人に必ずこの言葉を使う。
それは彼にとっては自己紹介と町の紹介のつもりなのだが、同時に彼がそれしか語彙がないという平凡さを浮き彫りにしている。ギャグにもなっているのが良い笑
彼に対する平凡さ・地味さのイメージは最後まで変わらない。どこにでもいる田舎のしがない公務員という存在感のまま。これこそが彼の俳優としての特質なのかもしれない。


そんな彼の平凡さに対して言われた側の人々は十人十色の反応を示す。キャラクター説明にもなっている秀逸な場面であり、この作品のメインとなる元殺人犯達の登場シーンだ。
中でも優香はパブリックイメージをぶち壊してくるキャラクター。彼女含めてどいつもこいつも様々な種類の危うさを感じさせるが、彼女の危うさは妖艶さも含まれており、彼女の新境地だと言える。
というかみんな、やばいぞ、友達にはしたくないぞと思えるような人ばかり笑
だからこそ錦戸亮の平凡さが際立った。

彼と一番仲良くなるのは松田龍平。
彼も演技としては地味な方で起伏があるわけではない。しかし彼は錦戸亮とは全く異なった平凡さを感じさせる。
それは違和感。平凡のようでいてどこか人とずれている。彼の生まれ持ったあの眼差しがそれを一層感じさせる。松田龍平の目は良い意味でどこに焦点が合っているか分からなくて感情が読み取れない。だから主人公との差別化ができている。
彼のセリフで一番ゾッとしたのは、ねえ今から練習しようよ、だ笑


上記の二人以外もクセのあるキャラクターばかり。
終始、主人公とそれぞれのキャラの対比によってストーリーが進んでいく。
何気なく普通に生きて来た主人公と対をなすキャラクターは殺人という犯罪を犯したせいで普通には生きられなかった。一体何が主人公と違うのか?そして異なっていると、普通に生きることはできないのか?そんな問いかけをされたような気がした。


みんな誰しも不自由になりたくないし、傷つきたくない。普通からずれていても信頼したいし信じていきたい。しかしちょっとした何かがズレてしまった。多分周りがもっともっと普通であれば、彼らなりの幸せを手に入れていたに違いない。
だからこそ彼らの真っ当にいきたかったという願望が滲み出てくるのが切なかった。


少し残念なところをいうと、最後の展開が唐突だったこと。アレの前にアレがちょっとアレなんだっていうセリフが一個でもあれば納得できたんだけど。

俳優達の演技合戦が観ていて楽しかったです。

関係ないけど、木村文乃が組んでるバンドがノイズギターっていうのがセンスを感じました笑
かよこ

かよこの感想・評価

4.6
良かった。
最初の錦戸くんのオドオドした感じも、不穏な音楽も煽られるようでぐっと引き込まれた。
で、のろろ祭。
田舎町でよくある光景なんだろう、祭り事でみなが大集合するって。
それにより、6人と錦戸くんの運命が変わってしまう。
そこから思わぬ展開に……

キャストがみんなピタリとはまってた。
みんな凄いなぁ。
松田龍平くんが、松田くんのためだけにあるような役柄で、
ラストまでの展開も、松田くんだからこそ。
あのオチは、ちょっと無理ある…かな。
きき

ききの感想・評価

3.5
優香のちょっとくたびれた生活感のあるエロさがよかった。
最後はちょっと腑に落ちないっていうか、それでいいのかなあ、と思いました。
現実は、もっと無慈悲で不条理で救いようがなかったりすると思うので。
遅れて上映した映画館で観ました。
帰りとても気持ちがどんよりしてしまいました。
すべての出演者の陰が重かったです。
松田龍平の目力が、印象的でした。
原作漫画知りませんが、面白かったです。
移住する元殺人犯の全員の「やばいヤツ感」の表現がすごく上手に思います。

また、その「やばいヤツ」らが街に馴染んでいく様も感動を覚えます。
何かが起きた時に、「なんとなく怪しい」と言うだけで、移住民を疑ってしまうあたりの演出は、『怒り』に通ずる物がありました。

冒頭の元殺人犯が移住してくることへの説明が、唐突な感じはありましたが、錦戸くんの超一般人的な演技や、松田龍平の『本当にやばいヤツは逆にこんな感じ』的な演技、よかったです。

序盤から、演出の意図か、だいぶ序盤から、松田龍平怪しいだろ!と思わせる伏線と、編集、びっくりはしませんが、だんだん気持ち悪くなっていくような印象でした。

DVD化したら、もう一回観たいです。
あき

あきの感想・評価

3.3
受刑者の更生に過疎した地方に移住させるという斬新なシステムがテーマ。潜在的な犯罪思考を持っている元受刑者たちがどう生活するのか?更生出来るのか?などが面白いと思ったが、後半の展開が少しわかりずらかった。
r1ace

r1aceの感想・評価

3.0
とても真面目な人間ドラマだったのに
「これはギャグでやってるのか?」
と思わざるを得ない
終盤のわけわからん展開に呆然。
あれさえ無ければ、
中々の傑作になる可能性も十分にあったと思う、
それだけに残念。本当に残念。
この終盤の展開でヨシとした脚本家、
並びに関係者の方々に俺は問いたい。

「本当に、これで良いと思ったのか。
誰も突っ込む人間は居なかったのか。」と。
2018年2月3日、TOHOシネマズ上野にて鑑賞。
吉田大八監督によるミステリーっぽい映画。

過疎化が進む港町の魚深なる町に、6人の男女が移り住んで来る。
予告編にもあった通り「やって来た男女6人は、全員が元殺人犯!」…このシチュエーションはなかなか面白い!

彼等の受入れ担当となった市役所職員=月末(つきすえ)は、これが過疎問題を解決するために町が身元引受人となって元受刑者を受け入れる「国家の極秘プロジェクト」だと伝えられる。
そして、彼等と月末と友人たちが関わり合っていく中で、次々と事件が発生していき……
という雰囲気のドラマだった。

設定が面白いので、映画を観ている間、あちらこちらでニヤニヤさせられた。

ただ、惜しむらくは、けっこうな役者を多数揃えているのだから、もう少し幅広い展開を見せてもらいたかった。

<映倫No.121048>