羊の木の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.4

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

2018年2月3日、TOHOシネマズ上野にて鑑賞。
吉田大八監督によるミステリーっぽい映画。

過疎化が進む港町の魚深なる町に、6人の男女が移り住んで来る。
予告編にもあった通り「やって来た男女6人は、全員が元殺人犯!」…このシチュエーションはなかなか面白い!

彼等の受入れ担当となった市役所職員=月末(つきすえ)は、これが過疎問題を解決するために町が身元引受人となって元受刑者を受け入れる「国家の極秘プロジェクト」だと伝えられる。
そして、彼等と月末と友人たちが関わり合っていく中で、次々と事件が発生していき……
という雰囲気のドラマだった。

設定が面白いので、映画を観ている間、あちらこちらでニヤニヤさせられた。

ただ、惜しむらくは、けっこうな役者を多数揃えているのだから、もう少し幅広い展開を見せてもらいたかった。

<映倫No.121048>
過疎化が進む町に元殺人犯の移住を受け入れ、人間性を更生させるという極秘国家プロジェクトの中で事件に巻き込まれるサスペンスドラマ。

面白かったです。
関ジャニ∞錦戸君主演のサスペンス映画です。

原作は山上たつひこ、いがらしみきお
で、ギャグ漫画の巨匠がタッグを組んだという別な意味で当時話題になり、なんかの賞も受賞したんじゃなかったかな??

以下、簡単にストーリーを。
政府の要請で刑期を終えた凶悪犯罪の社会更生という命を受けた魚深市の職員の錦戸君。
よくわかんないままあれよあれよと元凶悪犯達を出迎えしていきます。

いかにもな感じの雰囲気の北村一輝、
お色気お姉さんな優香
サイコパス臭がプンプンする市川実日子
気弱そうだけどキレたら怖そうな水澤紳吾
どう見てもヤクザな田中泯
そして、一番普通そうな松田龍平

錦戸君が想いを寄せるヒロインには木村文乃がキャスティングされています。

元受刑者が魚深市に馴染んで行く様を描いて行くのですが、そこは元凶悪犯罪者の面々、当然のごとく事件を起こして行く訳ですよ。
6人それぞれにこの街でやっていくためには的なエピソードが用意されてます。
泣ける内容や切ない内容が繰り広げられますが見応え充分ですね。

そして、劇中で「のろろ祭り」という不思議なというかちょっと気色の悪い神様を祀るお祭り後に事件発生ですよ。

のろろ祭りの新聞記事をの写真に写ってる松田龍平君を訪ねにきた男が現れます。

ここからはネタバレになりますので見てくださいなのですが、とにかくラストまでのスピーディーな展開と襲ってくる怖さが面白いですね。

漫画よりも映画の方が好きかもです。
原作が気になってしまい、鑑賞後マンガを購入。絵のトンマナがかなり違い少し戸惑う。原作の方がよりおどろおどろしい。。
始めは喜劇かと思って観てたが、後半からサスペンスになり、最後は原作が確かに漫画だなと納得しました。
俳優陣が豪華で、飽きずに鑑賞できました。
applename

applenameの感想・評価

3.8
変わろうと思っても変われなかったり、信じようと思っても信じきれなかったり、人の心は互いに影響し合うことで複雑に変化する。もし、月末が宮腰を信じきることができていればどんな結果になっていたんだろう。
kan

kanの感想・評価

3.0
設定とか予告はものすごく引き込まれて、すごくみたい、となった作品だった。ただ、それ以降の驚きがなかったというか、あまり話に引き込まれはしなかった。世界観の不気味さもあまり受け入れられなかったかも。
大八映画の神月と美星は微妙だったんだけど、桐島ぶりに羊木はしっくりきた。良い映画ですよ、錦戸ヘタレですし、文乃プンプンですし、優香エロいですし、北村そのまんま一輝ですし、龍平最高ですし、あれのろろ怒っちゃいましたかね。色んな意味で尖ってるくせにとにかく楽しい至福の映画体験であった。人と人といや生命と生命の繋がりを基本に置いて人間という恐るべき存在を一番嫌な角度からじわりじわりと炙り出す点が素晴らしく、狂気な原作の世界観を見事に演出している。特に松田龍平の才能が爆発してるのが良かった。この役はさすがに疲れるだろう。
ち

ちの感想・評価

2.0
梅雨みたいにじめーっとしてて、生ぬるい内容。何が言いたかったんだろって思っちゃった。
ただ、これだけは言える。優香の女優魂はすごい。
saya

sayaの感想・評価

2.8
じめーっとじわーっと、松田龍平にこういう人やらせたら日本一なんじゃないかと、最早松田龍平そのものなんじゃないかと。最初は怖そうな人が意外とそうでもなかったり、反対に普通そうと見せかけての裏切りだったり。のろろとかファンタジー、怖い、怖いです。