羊の木の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

りんご

りんごの感想・評価

3.8
田舎町が怖い。不気味な祭り、人気のない暗い道。魚が美味くても無理だわ…。
都会育ちの私には遠い国の話を見ているような感じでした。

ひたすら突っ走ってる殺人鬼が一人。サイコパス平たい顔族。怖すぎて、演技上手いと思いながらもなかなか好きにはなれない。
音楽、が良かったです。
takeroon

takeroonの感想・評価

2.0
うーん、主題は結局何だったのか。犯罪者が更生できるか否かは結局人それぞれ、みたいなことは感じたが。そして、のろろ様が謎。
YUI

YUIの感想・評価

3.4
これは何とも言えない映画だな。
鑑賞後気持ちをどこに持っていっていいのかわからない。
というか、"無"だな。
普通におもしろいんだけど、なんだろうこの感じ。
作り手の方々は、観た人がどういう感情になることを想定していたんだろう?
ブランチでLiLiCoさんが(感想が)難しいって言ってたの納得。
ずっと不穏な雰囲気で、怖かった。

普段見てる場所がちらほら。
みんなあらゆる手段で来るな(笑)
富山に来る交通手段全て見た気がする(笑)
ちょっと感心。地元だからこその見方。
あべのアポロシネマにて鑑賞
役者の皆様の演技は素晴らしかったし、雰囲気もよかったんだけど、お話が静かすぎて面白くなかったのかどうか、自分でもよくわかんないんだけど、ちょっとノれなかったというか。
復活したのろろ様と、元殺人者チームが対決する『スーサイド・スクワッド』的な展開にしてくれた方が面白かったかもしんない。元殺人者チームが、各々自ら手にかけた武器を携えて、のろろ様と戦うっていう展開が。あぁ、そういうのが観たい。
ohassy

ohassyの感想・評価

3.5
「原作を確かめたくなる映画って、ある」

これは完全にやっかみだけれど、広告出身の映画監督はなんとなくいけ好かない。
そしてそう思うたび、やはり映像文化の最高峰は劇映画なんだなと思い至ることになる。
テレビ番組やCMをいくら手がけていても、映画となるとなんだか別の気持ちが湧いてくる。
もちろん個人的な思いによるものだ。

広告や音楽PVだとすごくいいもの作るのに映画だとイマイチ、みたいな例は世界中に転がっているけれど(たとえば「ザ・セル」とか!)、逆にすごくいい場合も案外多い。
日本だと市川準さんとか大林宣彦さんとか岩井俊二さんとか中哲さんとか、他にもいらっしゃるだろうけど。
そして本作の吉田大八さんも、あえて分類化するならそのジャンルの代表的な監督の一人だろう。
広告や音楽PVは、映画やドラマ、小説、マンガなどはもう本当に違うものなので、映画に行く人を見るにつけ、今まで広告で我慢してたんだろうなあと勝手に想像している。

クリエイターというのは作ることを止められない人のことで、放っておいても何かを作るものだしやめろと言ったってやめない、そういう人たち。
広告や音楽PVというものは、作りたいのは広告主であったりアーティストなのであって、この場合のクリエイティブはそれをなるべくいい形に実現する職人のような存在。
似ているようで、決定的に違う。

桐島を観た時は本当にすごいと思った。
紙の月を観た時は妙に熟練してるなと思った。
本作は、原作が読みたくなるやつだった。

読んでみた。
設定こそ同じだけれど、原作は完全にブラックコメディだった。
それこそ笑っちゃうくらいひどいことが起こる展開は、本作とは全く方向性が違う。
コメディとして、ドラマシリーズや舞台にしたらとても面白そうだ。
そうだ、舞台劇のような読後感だ。
ありそうでありえない設定をフィルターにして問題提起をすることで、逆に現実味を纏い響かせる。
去年観た「散歩する侵略者」と似ているといえば似ている、あれも原作は舞台。
あ、どっちも松田龍平が出てるな。
まるで散歩し続けてそのまま次の映画に出てるみたいだった。

とまあいろいろ言いましたが、最後にレビューらしいことを言えば、優香がすごくよかったです。
マツモトキヨシと呟いていたあの女子高生が、隠しきれない色香を湛えた「女」になって。
沖浦監督の「ももへの手紙」という作品で、すごくいい演技をするなあと思っていたのでやはりということだけれど、それにしても、いい。
誤解を恐れずに言えば、優香がいるならデイケアもすごく楽しく通えそう(ホントごめん)。

撮影地になった魚津は富山市のすぐ隣だし、今度行った時にでも立ち寄ってみるのも悪くない(3月に行けるかも)。
人もいいし魚もうまいって錦戸くんも言ってたし、知り合いもいるし。

このレビューはネタバレを含みます


人ってこんな簡単に人を殺せるんだなって思えてしまうのは怖かった。


もやもやだけが残った。
なお

なおの感想・評価

3.6
違和感の連鎖
吉田大八監督の新作!

前作、美しい星 と設定は全然違うのに、映画を見て抱いた違和感は同じでした。
宇宙人か殺人犯か…
ありえそうで、ありえない話

音の違和感
人との関係性
妖しげな祭

小さな違和感の積み上げが

松田龍平が無言で勢いよく手を洗う瞬間…
どばーっと崩れて行く。

あっ、やっぱうまいな。
と思いました。
話はちょっと淡々としすぎてて、つまらないという意見にも納得なんですが、
やっぱり吉田大八監督お得意の違和感が私は面白かったです。

また元受刑者にしても色々な人がいると多面的な描き方をしている所にも好感がもてました。
剃刀の手が震えてる時が1番怖かったー(-。-;
くろあ

くろあの感想・評価

3.2
淡々と進む。
悪人たる悪人と、悪人になりたくなかった悪人と、守られた世界から見てる人間と。

怖くは無かったかな。刑務所帰りや、人殺ししたことのある人間に実際あったことがないからかもしれないけど、知らないだけで身の回りにもいるのかなぁとか。
自分が実際会った時知らされた時に、ただのひとりの人として対応できるのか、危険な人間として先入観で対応しまうのか、どうなんだろう。
korin

korinの感想・評価

3.4
松田龍平と市川実日子のキャラとかは素晴らしいけど、それだけかな。こわい。
chil

chilの感想・評価

3.4
終身モヤモヤした雰囲気が心地悪くて心地よい。
桐島のような余韻のあるものを期待していただけに、ラストの締めだけがちょっとハマらなかったが、原作通りなのかなと思った。
怒り ほどの感情の起伏みたいなものは演出的にもなく、淡々と展開していく感じ。