羊の木の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.3

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

emii

emiiの感想・評価

3.3
時折救われる。
松田龍平のこうゆう役の演技は嬉々としたものが光ってるなと思う。
singer

singerの感想・評価

3.6
何とも言い難い。
凄く面白かったかというと、そうでもないけど、
とても肌に合う感触が残る作品だったと思います。
なので、個人的にはいい映画だったなぁ。

ストーリーは、始まって半分くらいまでは、
ずーっとフワフワしてて、掴み所なく、
何処に落ち着くのかよくわからないまま、淡々と進むのですが、
それはそれで、まあ心地いい気分にさせられてて。
で、後半に一気に畳み掛けるようにストーリーが加速しだすので、
この展開の落差に慌ててるうちに、いつの間にか凄いことになってくというか。
その、前半と後半の緩急を楽しめるかどうかで、
評価がが分かれるような作品でしたね。
自分は、どっちもそこそこ楽しめたクチですが、
観る人によっては前半は冗長に感じるかも知れないし、
後半は急展開に無理があり過ぎるかもなぁと。

キャストについては、ストーリーの根幹部分を考えると、
少し多過ぎたようにも思います。
その辺りを、もう少しスッキリさせて、メインストーリーをじっくり描いた方が、
物語はさらに深まったんじゃないかと思う部分もありましたね。

個人的に良かったのは木村文乃。
シューゲイザーっぽいバンドで、ギターをかき鳴らす姿が、結構様になっていたし、
サバサバしたキャラクターが良かったです。
いい意味でイメージを壊された感じ。

逆に、松田龍平は、演技自体は流石の一言なんですが、
最近、観る映画、観る映画で、この朴訥としたキャラばっかりなので、
違う人が演じても良かったのかなぁと感じました。

で、結局やっぱり肌に合うなぁと思ったのは、
エンディングでニック・ケイヴが流れて、
やっぱりそういうテイストの映画だったんだなぁと、自己理解出来たから。
後、音楽も良かったので、サントラも聴きたくなりました。
Kenshinda

Kenshindaの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

羊の木。
題名に関して、の考察ができず。
松田龍平の演技がなるほどーって感じました。ぽいなー。
6人中の5人が羊の木だったってことかな?
うーむ。
これから探ろう。
きのこ

きのこの感想・評価

3.4
もっとドロドロと怖いやつだと思ってたけど
なんか違った
非常に良い終わり方(笑)
殺人犯みなはまり役
エンドロールがまさかの
斜め(笑)
ニーナ

ニーナの感想・評価

3.0
ある日突然平和な街に6人の元犯罪者達が10年の仮釈放を命じられ住むことになったが・・・
そりゃ疑うでしょ!!
元から行動が怪しい人もいるし、見かけはいい人でも結局何が起こるか分からないから怖いし。もちろん1人1人殺した相手・理由・内容は違うんだけど、過去に何の犯罪をしたかでこの人は故意に殺したわけじゃないのか!なら少しは安心!ともならないくらい全員悪人に見えた。
最後の最後まで何かやらかすだろうなってヒヤヒヤして見てたせいで結局良い人で終わって無理矢理感動してたわ
写真はかわいかったけど(笑)
主人公に押し付けた身勝手な上司にイライラする

海岸で拾った羊の木の絵、土の中に産めた1匹の魚、不気味だけど何故か嫌いじゃないBGM
・・・文字だけ見るとほぼ完璧なシナリオなのに残念だな。
のろろ様とかいう見ちゃいけない謎の神様がダサかった。

”分かったから付き合うんじゃなくて分かりたいから付き合うんでしょ”
このセリフが最高にかっこよかったので肝に銘じたいと思います。
ある港町の過疎化対策を解決するために元受刑者を受け入れる・・・。

受刑者の更正というのは難しいものなのか・・・。
これが正直な感想である。
キャストもよく、うまく描かれているようであるが・・・。
多少の偏見があるような気がしてならない・・・。
世の中には更正し、暮らしている方々もたくさんいることであろう。
罪を償い生きている。

錦戸亮の演技は少し物足りないが周りがそれを補っている。北村一輝、優香、松田龍平等。
個人的には木村文乃が最近のイチオシ女優である。
『人が肌で感じることは大抵正しい』

全員元殺人犯。さびれた港町で新しいスタート。床屋とヤクザと3人でいい。6人もいらん。あとバンドもいらん。じゃあ私が感じたことは?のとこ好き。過去は過去。自分なりに前に進む人と繰り返すクズ。松田龍平は感情死んだ役天才。正直ラストは鼻で笑った。好きな人ごめんなさい。
まこと

まことの感想・評価

3.8
「知りたいから付き合うんでしょ」

中盤までグイグイ引き込まれて、これどうやって最後落とすんだろうかって思ったら全く想像してない展開だった。

「あゝ荒野」のバリカンけんじみたいな床屋の彼が一番印象に残った。

元受刑者を町で住まわせ雇用する、ていう一見ぶっ飛んだプロジェクトだけど、少し利にかなってると思った。
でもじゃあ私のところに元受刑者が働かせて下さいって来たら…たぶん断ってしまうと思う。
だからあのクリーニング屋のエピソードはちょっと綺麗すぎると感じた。


役者さん皆見事だったけど、特に北村一輝さんは凄い。ベストキャスティングじゃないかな。
あと、そろそろ木村文乃は幸せになる役をやってくれ。どの映画でも薄幸の美人みたいになってるぞ。





ワイも年取ったら優香みたいな介護職に介護されたい人生だった…
法月

法月の感想・評価

3.8
原作が鬼才山上たつひこ(がきデカ)×異才いがらしみきお(ぼのぼの)の合作漫画という、ちょっとどうかしてるというか、脂っこい題材を、あの吉田大八監督が映画化ということで、そうとう身構えて観たんですが、あら観やすい、するすると物語に引き込まれてしまいましたよ。

過疎化問題を解決するために地方のある町が秘密裏に元受刑者を受け入れるという骨組みだけを残して、ストーリーも登場人物も新たに作り直した感じですね。やはり吉田監督、原作のままには作りませんよね。

じわじわと染みてくる狂気、不穏な空気が上品に描かれていて見易い作品でした。
え、これで?と思われるかもしれませんが、なにしろ原作が脂っこいですからね。イケメン、美女、いっさい出てきませんから(>_<).....
その点、映画は錦戸くん、優香、木村文乃さん、松田龍平の顔だけでもずいぶん受け入れやすくなってると思います。監督も、そこらへんは計算してキャスティングしてるんでしょうね。


人は過去に罪(殺人)を犯した人間でも信用できるのか? いや、信用してもいいのか? 世の中にはどうしても社会のルール(善悪)に収まることのできない人間がいるのかもしれない。それと遭遇してしまった時、どうすればいいのか?..... のろろ様は、そんなどうしようもない災厄から身を守ってるくれる神様なのかもしれない、そう感じました。


月末たちがやってたバンドがすごく好みでしたね。
PILをモデルにして作ったそうですね。
ノイジーなギターを弾く女の人の姿、好きなんです(^^;)
かっぱ

かっぱの感想・評価

3.5
前知識無しで見て、自分なりに考察してみてからネットで調べたら自分の考察とネットのがいい具合にマッチしたので「うしゃーい!」となりました。以上!
羊は成っても成らぬ実もある。そういうこと。