羊の木の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.4

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

Mao

Maoの感想・評価

3.2
CMで気になってたけど、
個人的には不完全燃焼。

元殺人犯が6人もいると一人一人が濃すぎて、2時間でまとまらないのは当然。
元受刑者一人ずつにもっとドラマがあるはずなのに、描ききれなくて全体的に浅く広く触れて物語が薄っぺらくなってしまっていたのが残念。

なんか掘り下げが足りなくてモヤモヤしたまま終わってしまいました。
設定や雰囲気はとても良かったから、もっと見たい、ここで終わりか!て感じで、もったいないです。
ユニ

ユニの感想・評価

4.2
終始静かな緊張感と恐怖が淡々と続く。
元受刑者を住民として受け入れるっていう設定は架空のものだけど、現実にありそうで、それがまた怖い。
元受刑者を演じる役者さんたちが、
全員個性的かつ達者でもちろん凄いのだけど、なんといっても彼らを受け入れる市役所職員の、「田舎の普通のいい青年」を演じる錦戸亮の演技が凄かった!
人の良さ、不安、疑心暗鬼といった心の機微を物凄く上手に表現してた。
怪しいと思い始めても、ギリギリまで信じたいと粘った亮ちゃん(役名忘れた)の姿は、映画見てた観客そのものだったんじゃないかな。
もうこいつダメだ…って思いながらも、どこかで「お願い!思い違いであってくれ!悪者じゃないよね?!」って思いながら誰しも見ると思う。
知らんけど。
その姿をそのまま写したのがこの主人公かな。
不気味なお祭りや信仰も、浮世離れして見えるけど、田舎は結構あると思う。

最後に亮ちゃん演じる主人公は、いい人だけどちょっと頼りなくて、
本当に何様発言ですが付き合うかって言われたら付き合わないと思うし、でも結婚相手には良さそう!っていう青年なのですが、
ちょくちょく顔がドアップになる度に、
え、なにこれ美しい…ってなって本筋忘れるの個人的に面白かった。

錦戸亮は美しい。
mizuki

mizukiの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

全員犯罪者なので一人一人が何をしでかすかわからず、いつ裏切りが起こるかもわからない。ずっとハラハラしていました。
錦戸亮さんが演じる田舎の好青年と、松田龍平さんのサイコパスみのある演技が最高。松田龍平さんが軽トラでいきなり人をひく所はびっくり。ぜひもう一回見たい、私は好きな作品です。
BBull

BBullの感想・評価

4.1
ある集団に異物が入ってきた時に見せる、十人十色の対応が面白い。

舞台は富山県の漁師町。
過疎化が進む静かな町に、ある日6人の移住者が送り込まれる。

主人公は市役所職員で、町で起こる一連の出来事にいい距離感で関わって行くため、感情移入しやすい。

錦戸亮のざらついた演技が見事だった。
Mi

Miの感想・評価

3.5
吉田大八は桐島だけ視聴。
偏見に基づく不信と博愛的な盲信の両方を問題にした作品。対になる問題提起は捻れているようで、物語としては一本筋が通ってるのは、流石の監督だ。
しかしながら、話自体に入れ込むことが出来なかった。それが桐島との大きな差を生んだ。

優香のあんな活用方法があることに驚き。
バンド要素は要らなかったかと。
出演者の演技は良いんだけど・・ストーリーがね。最後まで見たけどスッキリしなかった。
SAKI

SAKIの感想・評価

2.9
いまいちだなあ、と開始30分で悟ってしまった。松田龍平の怪演で助けられているが、何を訴えているのか不明な映画。もっとミステリー要因があるかと期待したがそうではない。献身な主人公にも罰がくるし、のろろが何を意味しているのかわからないままエンドロールに。
ちはる

ちはるの感想・評価

2.5
人の狂気が怖かった。
松田龍平、怖い。
錦戸亮、お人好しすぎ。
レイトショーで見る作品ではない。というくらい、暗くて重い作品。
土台がしっかりしていたと思います。
辺鄙な土地で仮釈放者を野放しにして更生できるかのスモールテスト。
発想が独創的でした。
おみそ

おみその感想・評価

3.7
映画全体に漂う不穏な空気や緊張感が良い。
ラストはいろんな意味で衝撃。。
個人的に松田龍平さんと市川実日子さんが好き