羊の木の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.3

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

予告でハードル上げすぎかも

刑務所帰り6人いて、説明も起きる事案も少なすぎて内容薄いな~って

バンドシーンは恋愛感情だけの為にあっただけならちょっと多かったな~。別にいらんと思った。
Mae

Maeの感想・評価

3.0
ハラハラしたしとても引き込まれたけど、個人的に殺人事件の内容はどうも好きにはなれない。。
QHEY

QHEYの感想・評価

3.8
「怒り」っぽい設定・キャスティングでやや不安だったが、監督の手腕の違いか仕上がりは段違いに良かった。グッとくるシーンもいちいちウェットにならないようサクッとまとめ、不穏演出の構成比を拡張した編集力もさすがと言う他ない。北村一輝の最後の表情が最も印象的。
YUKI

YUKIの感想・評価

3.5
良いトーン。大好きです。目がバキバキになります。ケレン味たっぷりの締めには動揺が隠せませんでしたが、吉田大八監督の洒落っ気なんでしょうね。
tonnt

tonntの感想・評価

2.8
人は自分に理解できないと恐怖を感じるな。
原作みて変な漫画だなと思ってたけど…キャストあってました。優香良すぎて歳の差がありすぎてそりゃねーらと思っちゃった。
黒羊

黒羊の感想・評価

1.8
「羊の木」

こんばんは!黒羊だメェ〜
とりあえずタイトルで借りてみたメェ〜

…後悔したメェ。

「やっぱそーゆー感じ」のキャストが
「やっぱそーゆー感じ」の行動して、ふんわりと終わった…
結局なんやったんやろか。原作は小説?かなり変わってもうてんのかな?
1時間経たずして集中力も切れたし、タイトルの意味もさっぱりやったけど。

優香は頑張ってたな。お疲れ様でした。
suzu

suzuの感想・評価

3.0
途中まで良かったのに、中盤から中だるみ。現実味を妙に演出してるかと思えば、最後のオチは非現実。結果6人もいらなかったという始末。そしてバンドのシーンそんなにいるかな。松田龍平、優香の2人がとても印象強くて良い!
ysak

ysakの感想・評価

3.7
事前情報なしだったからか、かなり楽しめました。原作も良さそうだし、クオリティ高い。あ、あのバンドシーン何度も要るかな。。
hanna227

hanna227の感想・評価

3.7
不気味さとコミカルの狭間、この世界観嫌いじゃない。

羊のお皿は何の意味があったのか、とか
読みきれなくて残念。
原作を読んでみたくなった。
kura

kuraの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

“あなたは元殺人犯と一緒に暮らせますか?”

物語は静かに淡々と進んでいくが、そこには不穏な空気が常につきまとう

人は何を基準に判断するのか
見た目?所作?

それは友達として聞いてる?
松田龍平の無表情と真顔
この役は彼にしか出来ないと思う
ハマり過ぎてやばい

観る人に委ねる映画であるため、賛否もはっきり分かれると思うし、解釈も無限にある
そこが欠点であり、魅力でもある
のかな

頭が整理出来ないまま、上から斜めにエンドクレジットが流れてきたのは斬新であり、ゾッとした(主題歌のDEATH IS NOT THE ENDも利いてる)

好きな感じではあるけど、嫌な緊張感に少し疲れた
採点不能