フェンスの作品情報・感想・評価

フェンス2016年製作の映画)

Fences

製作国:

上映時間:139分

3.3

あらすじ

1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を…

1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を完全に潰してしまったトロイ。親子関係に亀裂が走り、ふたりを見守っていたローズとも激しく衝突することになるが・・・。

「フェンス」に投稿された感想・評価

aj

ajの感想・評価

5.0
家族の闇を丁寧に描いた作品だ。
父親が抱える闇とつながりあうことができない家族の対立を見事に描き、痛烈に胸が響いた。
家族を持つことの責任で、愛情が欠けていくいく実態は今の家族の姿にも当てはまるものはあるのではないだろうか?
微妙すぎるーー、キリスト教の話なんだろうなとは思ったけど、父親しんどすぎて他に何も言うことない…
デンゼル・ワシントン監督主演2016年作品。1950年代のピッツバーグを舞台に、とある黒人一家の人間ドラマを描いている。

地味ながら黒人社会を風刺しながら深みのあるストーリーだと思う。しかしセリフが半端なく多くてけっこう疲れるのも正直なところだろか。日本未公開も頷ける内容というか、ちょっと良さが理解し難い様な気がする。畳み掛けるセリフの種類はエディ・マーフィーに近いだろうか。言わばファンキーで汚い言葉や汚い比喩が多い。ナンセンスな会話もあってそういう意味ではタランティーノが使う手法も含まれているかも知れない。家族間の物語なのに凄くカラカラに乾いているところが特徴だろうか。

アクションは一切ないが街並みや服装も極貧ではないので、ムードのある映像が楽しめる。とにかく会話中心なのでジャズやブルースやR&Bの音楽を聴くような感覚で、会話を聞くことが出来るかどうかがポイントかも知れない。

それにしてもデンゼル・ワシントンの嫌~なダメ親父振りはお見事!殴ってやりたい程の憎たらしさで、人種や国境のフェンスを越えて伝わるものがあると思う。
序盤はタイトルが人種の壁を意味するものだと思ったが、段々とそれも含みつつも主題は自分自身、人とのつながりの意味だと気づく。奥深い内容だが主人公の勝手さにやるせなさが。完全に女性サイド、子どもサイドで鑑賞してしまった。
広野

広野の感想・評価

1.0
1時間くらい見てても全く面白くならなくて、アレナンデコレミテルンダロウ状態になってから、醜聞きたー!
いや、臆面もなく騒ぐことじゃないけど、それが人の性ってもんでございましょう。
でもね、これがまたつまんねーの!って居酒屋で管を巻くネタになるくらいにつまらなかった。
静かすぎて、途中から下手な日本映画を見てる気分。
デンゼル・ワシントン監督じゃなくて山田洋次監督が撮ったらもっと面白くなりそう。
馬鹿な旦那といい嫁の取り合わせでも、きっと違う感じになる。
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

3.2
3.2点
出てくる人々の演技力がすごい。
しかし、なんだか窮屈な映画だったな。
この時代がそうさせているのかもしれないけれど閉塞感で気持ちが滅入る。
頑固親父。
>|