フェンスの作品情報・感想・評価

フェンス2016年製作の映画)

Fences

製作国:

上映時間:139分

3.3

あらすじ

1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を…

1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を完全に潰してしまったトロイ。親子関係に亀裂が走り、ふたりを見守っていたローズとも激しく衝突することになるが・・・。

「フェンス」に投稿された感想・評価

人種差別に屈しなかった一家の感動もの一代記と思ったら全然違うんでやんの.差別表現はあるが,50年代を描いたら当然出てくるよね程度で本作のメインテーマではない.北野武の「血と骨」みたいな作品であった.
途中まではトロイさん,ちょっとアクの強いとーちゃんと思いながら視聴してたが,浮気&子供発覚でその理屈聞いてたら,奥さんのローズの激しく同情した.あの発想は50年代ありがちだったのだろうか.「この子の母親にはなる.でもあんたの女房はいない」ってのは名台詞だな.なお知人のボノさんの中の人はレディ・バードで素晴らしい演技指導する教師だったスティーブン・ヘンダーソンさんな.覚えておいて損はない.
人種差別を題材にした映画かなー、なんて思いきや、あれ、あれれれ、、という間になんか問題がすり替わってるような。。
最近、児童虐待問題が騒がれてるので、ママのような決意は立派すぎる。並大抵のことではないよ。でも、子供に罪はないもんね。。
KsK

KsKの感想・評価

3.6
リアリテイさと演技力がすごい。
こんなクズ親父いるよ。
Diamante

Diamanteの感想・評価

4.0
デンゼルワシントンの毒親振りが凄く、背景にはネグロリーグ時代の差別からくる歪んだ嫉妬心が描かれているが、それを踏まえても辛い話だった。それ以上にヴィオラデイヴィスの悲痛な演技が素晴らしかったです。
ただ、こう言った人間は時代や背景に関わらずいつ何処でも存在しており、動機の根底にある精神的な防御柵となっている要因はどこから来ているのかを問うメッセージ性を感じ、アメリカを例に出すなら、国境に対する壁や移民への対応等に対し、この作品のメッセージ性が深く繋がって観えました。時代に関わらず当てはまるテーマであり、感慨深い作品でした。
ネクロ

ネクロの感想・評価

2.0
日本未公開作品。BDで鑑賞。戦争で頭が半分吹き飛んだ弟の見舞金で家を建て、後ろめたさを感じながらもお得意のホラ吹きマシンガントークで妻ローズと暮らしていたデンゼルおじさん。こいつがクソ野郎で息子には冷たく接し、外では不倫。終いには子供まで出来て崩壊が始まる。デンゼルおじさんの行動にまったく共感できない。ただ妻のローズ役のヴィオラ・デイヴィス(本作でアカデミー助演女優賞を取っている)の演技は良かった。
単純に…「こんなデンゼル・ワシントンは嫌だ」といった映画でした。
会話が多く、それから心地よさを得られることもなく、どちらかというとマイナスの感情。

駄作とは思わない。
ただ、好きではない作品。
仁

仁の感想・評価

2.0
記録
じょー

じょーの感想・評価

3.8
家族。
このテーマの映画は多い。
理性的な家族の形などわからない。
ぼくも父として、娘たちに伝えたいことは沢山あったし、ぼくなりに伝え続けたつもりだ。
ただ、受け止める彼女たちがどう受け止めるかも自由だし、伝わったかどうかを確かめてみる必要もないだろう。
妻なんてもっとそうかもしれない。

どこに区切りがあるかはわからないけれども、自分に関わった人たちに何かを残すことができれば、自分の人生にも意味があったのかもしれない。
そんなことを考えてしまう映画だったな。
>|