muepon

ムーンライトのmueponのレビュー・感想・評価

ムーンライト(2016年製作の映画)
3.8
本年度米アカデミー作品賞(オスカー)を受賞した映画『ムーンライト』は劇場でぜひ観てみたかった作品の一つ。

米マイアミの貧困地域を舞台に、黒人少年シャロンの幼少期(リトル)、少年期(シャロン)、青年期(ブラック)の3つの時代構成で描く作品。

製作総指揮はブラッド・ピット。

登場する人物がほぼ黒人で、貧困、ドラッグ、ゲイ(同性愛)など一見普通の日本人からすれば遠くの世界に感じられる内容ながらも、実は自分の居場所とアイデンティティの確立という普遍的なテーマを扱っており比較的感情移入はし易かったです。

いじめ、差別、暴力、ネグレストなど描かれるシーンはやや重いですが、とにかくも美しい映像美と静かに進行しながらも印象に残る登場人物、感情に伴って変化していく音楽など、新しい試みと共に最後まで一気に魅せる作品でした。

よく分からないもの、無関心なもの、遠くのものに対するイメージや固定観念というものは大きく、それが時として無理解や差別に繋がることも多いですが、そういったことを改めて気付かせてくれる意味でも価値がある一本。

http://moonlight-movie.jp/