sakei

ムーンライトのsakeiのレビュー・感想・評価

ムーンライト(2016年製作の映画)
5.0
今までの情けない自分の人生を、少しだけ美しく色付けしてくれるような映画。

美しいポスターに惹かれつつも、映画館で観なかったのは、「なんか重そう」とか、「疲れそう」な印象が強かったから。

TSUTAYAでレンタル開始しても、「壮絶な人生」みたいに書いてあって、バイオレンス描写が凄まじい社会派な映画かなと勘違い(実際15禁とかだった)。セールになるまで手を付けなかった。今映画館で観なかったことを非常に後悔している。久々に良い映画に出会えた。とても静謐な雰囲気の映画。観る前は緊張していたが、逆に癒される結果に。

黒人とか、ゲイとか、貧困とか、差別とか、そういうのを描いたからアカデミー作品賞になったんだとか、そんな表層的な話をしていると、この作品の良さは見えてこないんじゃないか。そもそも見ようとしてないならいいのだが。私が感じたのは、これは社会的な映画ではなく、むしろ描かれるのは、非常に個人的で普遍的な、一人の男の小さなストーリーだということ。

自分を理解してくれる人なんていない、と諦めている孤独な人には是非観てもらいたい。感性の柔軟な若い人にも。逆にそういう感覚を持たない人や、自分なりの映画の評価基準をしっかり持っている人は、「アカデミー賞」を期待すると肩透かしを食らうかも。人生に起承転結などない。ただじっくりと味わってください。