ピンフまんがん

ムーンライトのピンフまんがんのレビュー・感想・評価

ムーンライト(2016年製作の映画)
3.9
これは見た人にはいろんな解釈ができそうだけど、社会派を彷彿させる流れではあったけど個人的には、純粋な人間ドラマだと認識しています。しかし構成がものすごく『映画らしい』と思った。
ゲイがクローズアップされているがそこは二番煎じでいいのかな。三部構成のなかで、実は重要な出来事をあえて飛ばしているのが面白いですね。また、フランス映画を彷彿させるような美しい画像も印象的でした。
それよりこのお話は「海」が重要なキーワードなのかも。海と人間の付き合いってのがメッセージの一つなのかな。終盤の、友人との再会で自分の仕事を話したくない主人公の描写が良かった。あれは緊張感があって、この映画を上手く盛り上げていたと思う。
あと気になったのは、友人再会シーンで、お酒が弱いというのがあったが、外人さん(白人と黒人)でも酒が強い弱いっているのね。あっちの人はみんなお酒ガバガバというイメージがあったので知らなかった。確か酒が飲めないのはイエローオンリーだったはず。まあどうでもいい話だが。