ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・レビュー

    kazu
    kazuの感想・レビュー
    30分
    4.0
    ジェームズ・ラクストン
    骨折り損
    骨折り損の感想・レビュー
    1時間
    4.2
    久しぶりに思った、もっと観たいと。
    この映画が日本でウケないのは必然だと思う。路上で麻薬を売買する男の横を小学生が駆けていく登校風景なんて日本人にはファンタジーでしかない。しかし、貧困や犯罪がいくら共感できないものであってもこの映画の本質は愛だ。誰もが共感できるはずのテーマだ。作品賞、LGBT、黒人映画、多くの人が先入観を持って見過ぎなのかもしれない。それらを全部捨てて、純粋に主人公の気持ちを理解することだけに集中すればもっと単純に楽しめると思う。誰かに愛されたい、それだけのこと。その気持ちをこの映画はしっかりと見せてくれた。ゲイ映画などと決してくくらないでほしい。
    えぬえ
    えぬえの感想・レビュー
    1時間
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    映さないものと映すものの取捨選択がすごく上手い映画だなと思いました。内容的にはすごく濃密なんだけど、ヤケにすっきり最後まで疲れず見れたのは、三部作の行間で起きた出来事はどれだけ重要でもバッサリカットして示唆的に言及するに留める、思い切った構成が良いテンポを作っていたんじゃないかと。或いは予感や前兆として描かれているのみで、はっきり映像としては見せられていなかったもの(本当のイジメのシーンや家庭でのネグレクトは中々姿を見せないし、或いはヒロインと主人公の間の関係)が、はっきりと画面に映される瞬間の映像の力強さ(主人公の顔面破壊や、キスシーン)。特に、自分はこの作品がセクシュアルマイノリティについてのものだってことをよく知らずに見たこともあって、キスシーンのところまで主人公とヒロインの関係性をよく理解してなかったんですよね。なので、キスシーンで初めてはっきりとその関係性を「映されたもの」として見ると同時に、それは実は既に「映されていたもの」でもあったと同時に気付き(キスシーンに及ぶ直前、ヒロインが主人公の顔を撫でる手付きは、幼少期の頃の主人公がヒロインの顔を触るシーンを反復している)、かなりグッと来た。

    映されないけど示唆されるものっていう話で言うと、男の子たちがちんぽ見せ合うシーンも、ちんぽ映ってないけど誰がどれくらい大きいのか予想できて良かったね。

    あと、ジャネル・モネイがいい女でした。
    TODAYISANEWTOYO
    TODAYISANEWTOYOの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    なんだこの作品は。アメリカが隠したいようなものを詰め込んだとんでもない作品じゃないか。でも、少し周りと違う、少し環境が違う、それでもみんな自分がどう生きていくのか悩むことはあるっていうテーマ?どこにでもある共通性を感じ取れた気がする。それがいい。
    Tsubasa
    Tsubasaの感想・レビュー
    2時間
    3.9
    黒人、LGBT、薬物依存、家族問題、いじめ…1つ1つ焦点を当てた映画でも難解なものになるのにそれら全てを複雑に絡めあいながらシャロンの心と体の成長を実にリアルに、目を塞ぎたくなるような悲しさとともに、綺麗な映像で美しさも感じさせられながら鑑賞しました。

    この映画の内容を全部理解できたかと言えば難しくて、最後も??って感じで終わって疑問が残りました。
    それは自分がLGBTや黒人や薬物依存や家族問題など理解するには十分な経験が出来てないからからで、仕方ないと思うけど、そういう自分みたいな人たちがこの映画を観ることで少し何か考えることが第一歩なのかな、とも思いました。

    ずっと観入ってました。
    Yuhi
    Yuhiの感想・レビュー
    2時間
    3.4
    かなり難易度の高い映画だった。
    自分なりの解釈すらまとまらないような。2,3回は観ないと整理できないかも。
    ムーンライトによって青く光る綺麗な肌も、チョコレート色の肌に映える瞳も素敵。
    個人的には、3人の中では幼少期の子役が良かった。
    とぅん
    とぅんの感想・レビュー
    3時間
    3.0
    ずっと見たかったのがやっと見れた。。
    予想以上に難しい、、
    エンディングソングが鳴り始めた時、え!まって、もう終わるの?って感じで終わった後に何かと考えさせられるような、そんな映画。これがアカデミー賞作品か。成る程、。と言うような感じでした
    YasuwoMitadera
    YasuwoMitaderaの感想・レビュー
    3時間
    3.7
    ああ、わかるねぇ。なんかわかる。この孤独感。
    主人公ほど特殊な人生でなくても、誰もが持つ普遍的な“人との距離感”を凄いよく表してる。
    この黒人の青年に多くの人がシンパシーを感じるであろうことは、この物語が本質的な孤独の領域に達しているからであろうて。

    物語は3部構成。少年期・学生時代・青年時代。

    少年期は、たまたま知り合った大人が、自分の親にもクスリを売ってる売人の元締めだった話。
    イキナリ重い。
    でもこの売人のオッサンがなんかいい奴なんだよ。泳ぎを教えてくれたり良くしてくれる。
    気まぐれからなんだろうが、子供に対し情をもってしまった悪い大人。
    でも子供目線からのストーリーなので、程よく距離感を保った映像になる。子供を可愛がるのが売人であることに贖罪の気持ちがあったのか無かったのか、それは見る側に委ねられる。

    モヤシっ子学生時代は母親がクスリに狂いすぎてた挙句、学校でもメチャくちゃイジメられる。
    友人と禁断のキス。そして裏切り。自暴自棄。

    マッチョな青年期では、昔の“親切な大人”の様にクスリの売人に。母親は施設で更生し和解。
    かつての友人との再会。

    マッチョワルになったのでかつてのイジメっ子をボコりに行くのかな?て思ったがそれは無かった。

    何もかもが感情的で感傷的だが、アホみたいに嗚咽を漏らして泣いたりしない。終始淡々としてる。
    それがまた「この孤独感は他人事でない」と感じさせる要因だわ。

    ラストは唐突だが余韻もある。
    孤独を埋めるものは何もない。でも不思議と悪い気がしない。ただ青き月明かりだけが優しく寄り添うのだから。そんな映画。
    sada
    sadaの感想・レビュー
    3時間
    3.9
    2017年 37
    >|