ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・評価

    170603 あの頃から続く純愛、抜け出せない身近な社会の闇。回って、回って光る。
    光と音楽の映画。
    久々にアメリカ映画を見た。「アカデミー賞」云々ということもあるが、この映画には無性に惹かれるものがあって。

    シャロンという男の半生を描く。「リトル」と呼ばれた子供のときの話と、「シャロン」と呼ばれた学生のときの話と、「ブラック」と呼ぶ友人と再会する大人になっての話と、3つの話をつなぎながら。

    シャロンはほとんど語らない。そして寡黙な主人公同様に、映画も多くは語らない。経緯を説明することなく話が進んでいく。だからといって分かりにくいものではない。とくにシャロンの心情は、痛いほどに伝わってくる。

    シャロンの心情に寄り添えるかどうかがキモだが、映画はそこにうまい具合に導いていく。とにかくせつなくて。

    子供の頃、ファンと一緒に見上げたムーンライト。学生の頃、ケヴィンと一緒に見上げたムーンライト。その下で生まれた思い…確かにせつない愛の物語。でも同時に、美しい愛の物語だと思った。
    マイノリティを受け入れ包み込むまなざし。
    こんなしっとりした寡黙な映画がアカデミー作品賞とは驚き。

    マイアミのリバティシティ。貧困、麻薬、人種、暴力、LGBTQと、その背景を実感として捉えることはできなくとも、主人公のシャロンには充分に共感できてしまう。

    幼稚に暴走する周囲に馴染めずにいる中で唯一の友人がいること。たとえ家庭に安らぎがなくともそばに理解してくれる大人がいること。
    抱き寄せてくれる人がいるという尊さ。


    ジェンキンス監督の「ブエノスアイレス」愛も含め、私にとって大好きで大切な作品。
    渋谷のアップリンクで観たのは初めて。小さな映画館でお家で映画を観ている感覚。座る椅子も家で使うような物でオシャレだった。ムーンライトやっと観れた…!作品の中で3人のキャストが幼少期、少年期、大人になったシャロンを演じていたんだけど、ずっと繋がっていた。違う映画館のレビューで「演じているみんなが同じ人物に見える」って書いてあったんだけど、その通りだと思う。最初から最後までずっとシャロンだった。姿は変わっても中で生きているのはずっと同じシャロン。ギュッと切なくなることもあったし、わたしの中で心に響くものがあった。話で聞いていたけど、映像はグラグラして揺れていた。フアン役のマハーシャラ・アリの優しい演技は好きだったな。アカデミー賞で助演男優賞を受賞しているのも納得。テレサ役のジャネール・モネイは色気があって綺麗な人だった。シャロンの母親役のナオミ・ハリスの演技も圧巻だった。自分勝手な行動ばかりで息子をちゃんと育ててあげる事はできなかったけど、自分で産んだ息子だからすごく愛している。自分では分かっているのに、どうすればいいのか分からない。苦しかった。観終わって思う事は、自分がどんなに孤独で救われない人間だと思っていても生きている限り、隣には必ず誰かがいてくれて決して孤独ではないよって事。全キャストの演技がとにかく素晴らしいので観てほしい。
    孤独、虚無、イジメ、シャロンの生い立ちに涙。
    自身の優しさ、温かさ、強さ、フアンとの関係に涙。
    刑務所に入って見た目は強くなったけど、心は愛を求め続けていたんだね。
    涙無しでは見られない。
    >|