ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

愛の話とか虐待がどうとかじゃなくて、ただある1人の人生の話。
俺はすごく悲しいなぁって思ったし、友達は意外に救いのある話だったって言ってたし、隣の席で観てた女の人は大号泣してたし、同じ映画を観てたはずなのにそれぞれが全く違う印象を抱けるっていうのは凄いことだなぁとおもった。
あと演出がグサヴィエっぽさある。嫌いじゃない。
ただ1人の人生を描くには短すぎなのかなって感じた。あれ?もう終わり?ってなった。
Rity3

Rity3の感想・評価

4.0
遅めだけど今更見た。差別に貧困にネグレクトに。。。アイデンティティを模索して生きるって本当に大変。だけどどう生きるかは自分次第だし自分で生きるしかないんだ。シャロンがとってもピュアで生きて行くコミュニティの残酷さとのギャップに胸が痛かった。
にしてもCollateral Beautyとナオミハリスの演じてる母親が全く逆でさすがーって思った。
kanakiki

kanakikiの感想・評価

3.9
主人公の辛抱強さが切なくて苦しかった。
救いを差し伸べてくれた人々の縁があって本当に良かった。

私の甥の話、小学生の時にクラス数人にからかわれた。見る人が見ればイジメ。それを父親に相談。父親は、「お前の力をそいつらの目の前で見せてみろ、暴れたっていい、がむしゃらになれ、怖気づくな」と。甥はからかわれた時、がむしゃらになって大きい声を出したり、イスを持ち上げてみたり教室中を動きまくって暴れた。その後、からかいはなくなった。本人がどんなに勇気を出したか怖かった、そんな話を思い出させるシーンがあって、個人的に胸が熱くなった。

青春ドラマを観てるようだった。
家族(愛情)に悲しみ、イジメに苦しみ、性に悩み、社会問題に向き合う映画。
同じ時期のララランドより感慨深く
考えさせられました
dekotomi

dekotomiの感想・評価

4.0
ポートレートのようなまっすぐ登場人物を写す撮り方が印象的でした。
愛情をくれた記憶を信じて。悲しいくらいピュア
Takafumi

Takafumiの感想・評価

2.8
期待はしてた

〇〇賞 〇〇〇〇賞
なんて言われたら尚更
観ないわけにはいかないし

それに自分が関心を寄せてた一番の理由が
自分も同性愛者だから

別に映画になる様な人生でもないし
誰かにどうこうされたとかでも無い

ただ周りとは少し違った感覚で生まれて、それを強く主張できる性格でもなかったから、アウトプットが上手く出来なくてそれのせいで苦しんだ事も少しはあったし、

生活に支障する様な事は無くなったけど今もまだ思う事はあったりもする

だから、こういう映画を観て
この時間だけは自分と重ねて慰めて自分の中の天秤を平行に保つ様にしてる

僕にとっては必要な事

だから気になってた。

感想なんて個人的な物だけど
これに至ってはもっとマイナーな角度で
正直に書いたら自分でも引く様な感じになるんだけど

パパッと先に言うと

誇張しなくちゃ映画としてやるなら面白くない。
最後まできっちり観たよ
だけどどうしたいのか分からなかった
観てる側を

いちにんげん の歩んだ波乱な人生を見てほしいのか
同性愛者の辛さを見てほしいのか

どっちにしてもどっちにも感情を強く揺さぶられなかった。
おれが鈍いって言われたそれまでだけど

ただ 淡々と進んで行った

構成も、幼少期青年期成人期と3部構成だから余計にそう感じさせてるんかな

体験し経験するに連れて考え方や態度服装行動が大きく変わって行くのは自分も通ってきたからよく分かるし
そのキッカケもきちんと描写としてあったけど、それを得てどういう気持ちの変化でどう自分の中で納得して変わっていこうとしたのかの
心の変化が深く知りたかった

歌詞によくある、誰にでも当てはまるセリフにした方がいいのは分かるよ

チップしてればそれが安パイだし

だけどそこはコアにいって欲しかった
ありきたりじゃないその人だけの答えを聞きたかった

おれはそれを見て聞いて自分が迷ってないのかどうなのか、比べたかっただけなんだ



映画の感想じゃないなこれ

だけどおれは媚びない感想を書いてみた。

このレビューはネタバレを含みます

欧米のある黒人が多く住む地域にシャロンという少年がいた。シャロンは学校でいじめられており、その原因に性的マイノリティーが関係していた。シャロンは、少年期から青年期にかけて、母親が麻薬中毒であったことや信頼を寄せていた人が麻薬ディーラーだったこと、恋人であり友でもある裏切り等の出来事で心が傷つく。そして、成人となって故郷に帰ってきたシャロンは、外見が依然と異なるが中身は変わらず、以前の恋人の元へ向かうというお話。


パッケージの三色に分かれた姿が、少年期青年後期、成人期とシャロンの成長する姿を描く。少年期は自分のことをよくわからないという描写が多く、青年後期になって自分の気持ちや周りの人との考え方の違いを知り、葛藤する姿が見える。
ただ、シャロンの恋愛がお互いに望んで起こっているのか、疑問に思った。黒人同士で、ニガやブラックという差別用語をアダ名にしたり、数年以上経って急に電話してきたりと、過去の人間の面影を追っており、シャロンは自分で何がしたいのか、明らかにできずに成長してしまったと見られる。


シャロンの内なる部分をどのように成長させるのか、これは少年期と青年期に寄り添う人がどれだけいるかで大きく変わるとも思えた。
3編あるけど登場人物が少ないし話もブレずに進んでいくので、見やすい。

キッチンでお湯沸かして湯船に入るところとか、なんてことない日常の場面に焦点を当てている。普通はそこハショるでしょって場面をしっかり観せることで、黒人の人たちのリアルな生活感が伝わってきて引き込まれた。

また観たい。
アカデミー賞を獲った、時代的な意味を感じた。考えられる作品。
>|