ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

愛の話とか虐待がどうとかじゃなくて、ただある1人の人生の話。
俺はすごく悲しいなぁって思ったし、友達は意外に救いのある話だったって言ってたし、隣の席で観てた女の人は大号泣してたし、同じ映画を観てたはずなのにそれぞれが全く違う印象を抱けるっていうのは凄いことだなぁとおもった。
あと演出がグサヴィエっぽさある。嫌いじゃない。
ただ1人の人生を描くには短すぎなのかなって感じた。あれ?もう終わり?ってなった。
この映画の良さが理解できないあたり、僕はまだまだ子供。

率直に言えば2017年のアカデミー作品賞はララランドにとって欲しかった。
この作品も重要なシーンで流れる音楽は良かった。
Charlie

Charlieの感想・評価

1.0
ちょっと難しかった、、
何度か見てわかる映画なのかな?
lea

leaの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

パッケージがお気に入り。
題名からして芸術的な感じかと思いきや、恋愛ものと気づき驚き。
それでもどこかアンニュイな雰囲気が
抵抗感なく観させてくれる。
回転させるカメラワークが多い。

"黒人が人類のはじまり"
嫌いじゃない映画。
uco

ucoの感想・評価

3.0
ムキムキになっても寂しそうな顔する(´д⊂)‥ハゥ
生まれついた環境がどうであれ、後天的な変化がなんであれ、心の奥底でけして失われることのない「私」の尊さを描いた作品。

そのことを、貧しいうえにゲイであるという(社会的な抑圧をより強く受けやすい属性を与えられた)黒人を主人公に据え、その半生を詩情たっぷりの演出で文芸作品に昇華してみせた点は画期的だと思う反面、その勇気ある視点や着想を脇に置くと演出のテンポがやや冗長で、正直少々退屈してしまった。
げ、げ、げ、ゲイだああああああ


3人の俳優が1つの人格を時間を跨いで演じてるのはすごくよかった。綺麗な絵が多かった。
Ray

Rayの感想・評価

-
2018年49作目。

DVDで鑑賞。

別に特別な感情があるわけではないが、ゲイ映画を見るのは好きな方なんだけど、これはゲイ映画なのか?確かに少しずつ時間が進んでいく中で、主人公のほんとの自分に気づく過程はおもしろい。でも、いや、これはいろんなアメリカの影の部分を包括した作品じゃないかと思った。どんな姿形であれ、誰もが自分らしく生きることを邪魔されるのは本当に腹立たしいと感じた。オスカー作品ではあるけれども、私はララランドの方が好き。
>|