ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

獏

獏の感想・評価

4.5
薄青くて薄甘くて鮮烈で、ヒリヒリ甘いような、目が眩むような、泣きそうに安心するような。
まぁ諸々良いとして再会後の二人可愛すぎてしんどい、カーステの音量ぐんと大きくして話遮るの乙女すぎでは…?

このレビューはネタバレを含みます

ゴダールっぽい?というかなんというか、私はこういう何も起こらない感じの「人生」を切り取った作品が大好きなので、そういうのが好きな人向けなんだろうという感じがした。
カメラワークが非常に良い。顔と目線、ライティング、音楽の使い方で心象描写を描くスタイル。
物語は暗めだが最終的に愛情ある終わり方で良かった。

いや〜〜〜〜ライティングが最高。

あと主人公の子供時代かわいい。


気になったのが、少年期と青年期の役者さんの外見が似てなさすぎて、パートが切り替わった時に誰?となった。黒人とひとえに言っても顔の造形幅広いし、肌の濃度も種類豊富だから黒人俳優の中で適任を探すのは至難の業なんだろうな〜と思った。
映像美。詩的表現
月明かりの下
なぜだか分からないが、冒頭から引き込まれるように画面に釘付けになった。フアンがかっこよすぎて、もっと観たかったなーなんて思いながら観ていた。

「自分で決めろ。他の人に決めさせるな」リトルもシャロンもブラックもその時々の選択は、自分で決めることができていたのだろうか。何よりフアン自身も。

自分の居場所がないと思ったとき、途端にその場や状況は、自分にとって都合の悪いものになっていく。自分のいるべき場所、誰といるのか、どこにいるのか、何を思い、考え、感じて生きていくのか。

分かりやすい答えは出てこない。メッセージ性はたくさんあるのに、分かりにくい。分かりにくすぎて、気づかない。それをどこまで観ている側が受け取れるか。もちろん、受け取れるのが良いということではないが。

三章に分かれているこの映画だが、その間に起きたことをどれだけ読み取れるか。これももちろん、描かれていないので読み取れるのが立派ということでもない。

登場しないことと存在しないことは全く違う。起きてないのことと描かれていないことも全く違う。フアンの死は描かれていないが、三章のシャロンを観れば、それまでどんなことを感じて生きているかが想像できる。

月明かりとは、月自らが放つ光ではない。そういう解釈をすると、陳腐な言葉になってしまうが、輝きだけが人生ではないし、素晴らしい生き方だというわけでもない。少なくとも、誰かを照らすことができるだの、人は1人では生きていけないだの、と言いたかったわけでもないだろう。
Akari

Akariの感想・評価

-

肌で空気を伝えるような映画
機内で視聴。調子に乗って中国語字幕で見たため、内容全く分からず。
ハム大

ハム大の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

繊細、だった。

英語はめちゃくちゃ黒人の英語だし、“Who is you?”とか言っちゃうし、常に“What’s up, man?”とか言っちゃって、会話のノリはすごく軽く聞こえるのに、内容は繊細だった。

黒人でGayて片親の貧困層で、drug dealer(たぶん)で。いろいろ詰め込まれてて、でもそれらをすべてふくんだ人物が1人の人間として、チグハグな感じもせず、押し付けがましい感じもせず、等身大に描かれていて。アカデミー賞とかに似合いそうな作品だと思った。

本当に黒人ばっかりしか出てこなかったこと(レストランの客と警察官が白人だったぐらいで)、黒人同士で”See you, Black”とか”nigga”みたいな表現が飛び交ってるのが印象的だった。

温かく、残酷で、Atlantaのような寂れた、そんな映画だった。


字幕なしだと全く理解できなかっただろうな、笑
ほべ

ほべの感想・評価

3.4
スクリーンを通して人間って美しいなあと思った。心根とかの問題じゃなくて、外見的な意味で。生きてる人の顔ってほんとに生きてる〜って感じがする(うまく言えない)。大切な人に会いたくなりました
michiru1a

michiru1aの感想・評価

3.6
雰囲気にやられました
ふぁっ!
>|