ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

獏

獏の感想・評価

4.5
薄青くて薄甘くて鮮烈で、ヒリヒリ甘いような、目が眩むような、泣きそうに安心するような。
まぁ諸々良いとして再会後の二人可愛すぎてしんどい、カーステの音量ぐんと大きくして話遮るの乙女すぎでは…?
chi

chiの感想・評価

3.6
LGBTの映画を観るときは、いつもどんな気持ちでいればいいのかわからなくなる。
この映画は全編通して苦しくてしょうがなかった。

本当に何も無い
家族の愛もない、同性愛への理解もない
やっと手に入れたと思ったものは簡単に手からこぼれ落ちる
苦しくて切なくて、何度も顔を歪めた

この映画には語られない空白の期間がある。その中で起こったことは普通の物語なら多く語られるべきところだと思うけど、この作品の中では、明らかにならない。
本当にただ淡々と主人公の日常を描いているからこそ、その期間を想像して切ない気持ちになるのかな。


色彩と役者全員の表情が凄く良くて、言葉よりも通じるものを感じたし、グッと来た。

観終わった後は何故か自分も夜の海辺にいるみたいだった。
暗闇の中で月に照らされて、心地良い風と、波の音に自分の全てを預けるみたいな感覚。
観てる間あんなに苦しかったのに何でこんな気持ちになるんだろう。


特別な雰囲気のある、不思議な映画でした。
kaito.m

kaito.mの感想・評価

2.7
シリアス&静かな映画はウトウトしてしまいます。向いてないんです。社会派と思いきや、なんだかんだピュアなメロドラマでしたね。
BR1980

BR1980の感想・評価

4.5
読後感、映画の場合なんて言うのだろう。
作品が残す余韻がたまらない。じんわり体の芯に伝わる感じが心地よく、画面の前でしばらく放心してしまった。
この映画は少年期、青年期、成人期と三幕構成になっており、それぞれ主人公のシャロンを演じるのは異なる役者なのだが、どのシークエンスも目の表情が印象的で、姿は変われど一繋がりのシャロン像になっていた。
ある時、青年期のシャロンが友人ゲヴィンに抱いている感情に気づき、戸惑い、表に出さないよう苦悩する。相手が男だ女だという問題ではない。誰にだって身に覚えの一つや二つあるであろう心の機微が他人事ではなく、身につまされた。また成人期シャロンがゲヴィンと再会を果たした時、どんな覚悟で今の自分を吐露したのかを思うと、国籍も人種も環境も精神もまるで異なる、なんてとてもじゃないが言えない。
ことさら効果音や音楽で感情を煽ることはせず、淡々と、しかし的確に物語が語られていく演出。この映画が最後に残すのはこれ以上ない程の救いで、まるで自分自身が救われたように感じた。
色合いとカメラワークが素敵
百じ

百じの感想・評価

3.2
TPAB!!
tAiyO

tAiyOの感想・評価

3.2
色彩(色使い)が印象的で良かった。

"call me by your name" 同様
期待値が高かっただけに、
内容が淡く、少し物足りなく感じた。
アキホ

アキホの感想・評価

3.8
なんか、もう演技が.
静かで、愛が.
幻玉

幻玉の感想・評価

3.4
青みかかっている色合いがとても綺麗でポスターにもインパクトがある

予告編が良かった分本編はなんか綺麗すぎてあまり好きになれなかった
沈黙が大半を占めているんだけどその沈黙が多く感じてしまいキャラクターの心情があまりつかめなかった
>|