ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

ずっと停滞してる気分だった。
登場人物はみんな強そうなのに冷たくて辛かった
む

むの感想・評価

3.4
色々考えさせられる
さくら

さくらの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

圧倒的にひとりでの鑑賞がオススメ!

いじめや同性愛についてすごくリアルに考えさせられた。まわりの大人に自分は守られていたんだなと思った。シャロンはとても純粋でシャロンの好きな人への表情がほんとうにそういう顔で同じなんだなと思った。

あとレストランのシーンで銀歯取れるタイプかーいってなった
motomi

motomiの感想・評価

4.0
2度目の鑑賞。
色々なテーマで描かれていますが、人生の機微の話。ゲイや人種に関わらず、人に優しくしてもらったり、ちゃんと恋愛をしたことがある人には刺さる映画ではないでしょうか。
初めての恋の空気感、そしてその相手と大人になってから再開したときの空気感、吐き気のする親子関係、こんなはずじゃなかった自分が、ちゃんと表現されている。
lim

limの感想・評価

3.9
正直になれないときだってあるさ。
純粋なストーリー
遅かれながらも寝れなくて鑑賞。

評価はそこまで高くないしアカデミー賞かって思われてるかもしれないがなかなか素晴らしい作品だと思った。

主人公シャロンは結論身体や身なりはかなり成長したが心は少年のまま。対照的にケヴィンは料理の道を見つけ公正な道を歩んでいる。

自分の道は自分で決めろ、黒人は月の光でブルーに見えるなど意味深なセリフはたくさんあったがなかなかリンクしなかったが、結局シャロンは闇から抜け出せないまま終わってしまったような感じで、観てる側の自分達は何もできない気分にさせられたためしっくり来ない人が多かったのかなと。

細かい演出と綺麗な画と色合い、シャロンがやり返そうと決めて教室まで行くシーンで一瞬戸惑いが観れるとこがめっちゃわかるってなったのと、ラストのケヴィンとシャロンの再会のとこの会話とかめっちゃ好き。

ドキュメンタリー映画を観てるようなでも何もできないもどかしさも残るような作品でした。
こういったすこし「重い」内容のテーマを扱う作品としては、イメージしていたよりも見やすい方であったと感じた。
無口な設定の主人公であり必要以上の会話もなく、それが逆に物語のみでなく綺麗な映像なども楽しむ余裕を生み出し良かった。
個人的にはフアンと主人公の絡みをもう少し観たかった。
“間”の使い方が芸術的
トラウマや礫圧を乗り越える度量…映画だしね。
>|