ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

なん

なんの感想・評価

4.0
色彩がまぶたの裏に焼き付いて離れない感じの作品
にどね

にどねの感想・評価

4.5
青が4回点滅、赤が4回点滅すると年齢を重ねるところなど、詩的な箇所がありとても美しかった。
人間のなかに良い部分と悪い部分の両方が入り混じっているところの描き方が非常にリアルで、その割り切れなさが月の光に照らされて青く光り、絵画的でもあり社会的でもある、まさにアカデミー賞に輝く一作だと思う。
2017年は音楽でもケンドリックラマー一択で、黒人が活躍した年でしたし、アメリカの政治の余波を感じたりもしました。
ここ

ここの感想・評価

3.1
貧困、人種、性の問題、いろいろありすぎて、評論するのが難しい。でもなんか心に残る映画。
おかゆ

おかゆの感想・評価

4.0
オシャレでハイセンスな色彩感覚。映像美。
KaionIkeda

KaionIkedaの感想・評価

4.2
誰にでも勧める気もないし…誰からも誉めて欲しいとは思わないが…おれにとってのとても大事な映画になりました。ちょっとファンタジーめいた色合いにも意味を感じる。ケビンがシェフズスペシャルを作るシーンのなんと官能的なことか😁

車の中でこの映画のサントラ…よくかけてます🚗
Yu

Yuの感想・評価

3.3
「肌がブルーだって。」

最後のシャロンが、色っぽい!
あんなにガタイがいいのに、目が艶っぽくて、思った以上に恋愛映画だった!

幼少期を見ると、もうこれは抜け出せないな、と絶望する。子供は親の元に帰るしかない。誰にも訴えることも出来ず、訴えても変わらない。

うーん。繊細でステキな映画ではありましたが、あまり刺さらなかった映画かも。
いや、でもフアンをもっともっと見たかった!
感想なんてどうでもいいから、誰かを抱きしめたくなった。
たかpDX

たかpDXの感想・評価

4.5
見終わった後、感想を何と形容していいか分かりませんでした。今まで見た映画の中でも傑作の一つだと、思います。
最後の幼少期シャロンの青く輝いてるシーンは鳥肌が止まりませんでした。
>|