ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

じろう

じろうの感想・評価

3.3
2017年アカデミー賞作品賞受賞。幼少期、青年期、成人期と三段階に分かれていて、それぞれ別の俳優さんが演じているが、1人の人が成長しているかのように感じれるところは素晴らしかった。
なお

なおの感想・評価

3.8
フアンがカッコいい!
KANAKO

KANAKOの感想・評価

4.0
この感想をまとめられるほどの語彙力がない笑
映像キレイだし映画もすごいよかった!!
yukarasu

yukarasuの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

小さな体で、1人でお湯をくんで、お風呂に入って天井を見つめるシーンになぜか胸が締め付けられた。
雑食

雑食の感想・評価

4.0
みた まったく感情移入できるポイントがないけど悪い意味で引っかかるところもないし映像が綺麗だと言われたらそんな気がするし集中して見られたのでいい映画だったんだろうと思う。が、シャロンがブラックになった時のムキムキ金歯キンキラ具合が解せない。人ってこんなに変われるものか?こうなりたいと思ってなれるか?って。きっと憧れのフアンのおんじのように短命でしょうが(ていうかなんで死んだの?いつ?とかないの?)それでいいんでしょうかね。もう産まれてしまったら人生はあまり選べないのか。シャロンからブラックの間を見たい。
きー

きーの感想・評価

5.0
映像の美しさは言わずもがな、言葉では説明が出来ないくらい見惚れてしまう。シャロンの身体がずっとブロンズ像みたいに輝いてて美術品みたいだった。

シャロンは無口であまり喋らないのに一挙一動で何を考えてるか結構わかるんですよ。悲しかったり怒ったり、愛おしそうにケヴィンを見る表情とか。そういう繊細な表現がこの映画の「美しさ」のひとつでもあるかなって思ってたり。

「俺の身体に触れたのはお前だけ」ってすっごい殺し文句だよね。
Sayaka

Sayakaの感想・評価

3.2
うーん…
全体的にぼんやりとうすーくひろーくな印象
淡々と続いていく映像がなんだか物悲しくて現実的でもあった
人生ってこんなものなんだな
まちこ

まちこの感想・評価

3.0
LGBTの映画って知らないで見てたから
浜辺のシーンで弟と二人驚愕した。

ケヴィンの作る豆?なんだろ
ちょうど黒豆を食ってたのでうれしかった
LGBTムービーとして、特に性描写を強調しない、純愛な描き方が抵抗なく観れて良かった。青年時代の主人公の歩き方、ぜんぜんそうは見えなかったけど、アメリカ人が見るとおかまっぽいの?監督がオマージュ捧げてた通り、ウォン・カーウェイの「ブエノスアイレス」を彷彿とする。ドラッグ、人種、いじめ、親子愛、貧困、これでもかといろんな問題を散りばめてたが、いじめと親子愛に関してが特に切なかった。青年時代のあの分かりやすいいじめっ子、目がやばくて怖かった。母親の理不尽な感じも想像しやすくて、主人公に同情しきり。アカデミー作品賞受賞作としてはちょっと物足りない。
>|