ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

ももこ

ももこの感想・評価

3.3
映像がきれい
LGBTが主人公が抱えるその他の不安と同列に取り扱われていることに好感をもつし、そこが非常に現代的。
そして美しい映像と主人公の心情に自然と入り込んでしまうカメラワークが秀逸。
闇に閉ざされたままでは、それが例え一瞬でも、生きてる喜びや、美しいものに感動することもできない。
自分を気にかけてくれる人たちがまさに光なんだな。
ひとりの黒人青年の人生を三部構成で“リトル(あだ名)” “シャロン(名前)” “ブラック( )”として描いている。ブラックとはどういう意味なのか、色々と考えさせられる。

治安が悪く、ドラックがその辺に転がっている環境で、お金持ちといえば売人を束ねるドン。前科者も当たり前にごろごろいる。そんな場所で生まれたシャロンがそのように育つのは自然な流れなのかもしれない。

シャロンが言葉少ななのは、控えめな性格もそうだけど、たぶん語彙が少ないのだと思う。母親が薬物に溺れている中で、満足に勉強したり、じっくりと読書する時間や精神状態を保てってほうが難しい。

その劣悪な環境から、出るとか抜けるとか、別れるとか切るとか、変えるとか、そういう勇気の物語かと思って観ていたけど、そうじゃなかった。

blackもwhiteもbrownもredもyellowも、色の異なる肌の、ずっとずっと奥のほうにみんなが抱えている「孤独」にそっと触れてくる映画だった。
何色であろうと、何者に成ろうと、好きな人たちと時間を共に過ごせることが、何よりの幸せなのだと実感するラスト。
せきね

せきねの感想・評価

3.5
自分にとっての海となる存在を見つける話。

3つの時期で主人公の役者•体格が変化しても、話し方や貧乏ゆすりが残っていて自然に繋がって見えた。

テーマははてな
ちい

ちいの感想・評価

4.0
みなみ会館 オールナイト2作品目で鑑賞

静かできれい、だけど見飽きることがなかった。
自分らしく生きるとは?


2017年アカデミー賞作品賞受賞。
授賞式ではゴタゴタがありながら、LGBT作品としてのアカデミー受賞は初。

一人の少年が大人になるまで。
本作は現代社会の問題である様々な要因を訴えかけながらも、物語の語り口はとても穏やかだ。

自分らしく生きるとは?
なぜ自分の人生には疑問ばかりなんだ。
社会で生きていくためには、その社会に適応しなければいけない。
自分がマイノリティならば、マジョリティになるしかない。
自分を偽ってでも。


社会的な差別は減ってきてはいるけど、やはりまだ全ての人が平等であるかと言われればそうじゃない。
ってかそもそも生まれた時点で貧富の差が生まれてしまうわけだしね。
人が生まれ、成長していくなかで構成される人格には環境が何よりも大きい。
シャロンは家庭環境や学校生活は恵まれているとは言い難い。
だが、彼を成長させ一人の男として認めてくれる人たちがいる。
苦しみながら、もがきながら成長を続けるシャロン。
自分らしくいることで蔑まれる社会。
自分らしくいることで認めてくれる人たち。


この世は、物事に繊細な人や傷つきやすい人ほど生きづらい。
社会ではマジョリティであることが正解で、マイノリティであることに手を差し伸べない。
その意識が変わっていくのはいつになるのか。
本作はLGBTが根本的な題材となってはいるが、外向的に作られた世の中では生きづらさのある、内向的な人間にも向けた映画のようにも思える。

社会が人間を作るのではなく、人間が人間を作る。
あの海や砂浜のように、人とは自然の光景となんら変わりないはずなのに、いつから上下関係を築き始めたんだろうか。
良い意味でも悪い意味でも、人間は可能性に満ち溢れているんだ。
なのになぜ君は黒く染まっていくんだ?


良作であることは間違いない。
だが、扱っているテーマが多様であるためかちょっと散漫な印象もあるかな。
もちろん一人の少年の成長や生き方にフォーカスするべき作品なのは分かってる。
幼年期・少年期・青年期と分かれているのは成長の描写として素晴らしいとは思うけど、僕には扱っているテーマの散漫な印象と、シャロンの環境をぶつ切りにされてしまうことで、やはり物足りなく感じる。
現代社会の問題に触れてるのに、結論がシンプルで物足りない(僕が感じ取れていないだけかも)。
社会派っていう触れ込みとは少し違って、本作はシャロンという"一人の人間"の物語なんだよね。

本作で僕が一番引っ掛かったのは、シャロンが成長しきる訳じゃないってこと。
壮絶な環境にいる彼が、周りの環境のせいで流されることで、自分らしく生きていくことがくじかれていく。
これは、僕ら一般人が生きていくなかでも感じるんじゃないかな。
ただ彼がどうなっていくかを見守ることしか出来ないし、その結論が示唆で終わっていくのは個人的にもう少し何か欲しい。
それが本作の良さでもあるんだけどね。

でもLGBT作品に触れるきっかけになったし、こういったテーマの作品をもう少し観てみたいと思ったよ。
映像の美しさや、間を置くことで生まれる空白により感情を汲み取らせるという表現は素晴らしいしね。


自分が今いる環境が凄くムカつくとか、過去にあんなことがあったから自分はこうなったとか、色々思うことはある。
だがそれはあくまでも過去の出来事にすぎず、これから先の未来とは何ら関係のないことのほうが多い。
関係するのは自分がどう生きていくか。ただそれだけ。

過去のせいにするのか、今を受け入れるのか。

環境や社会のせいにするのは簡単だ。
自分には可能性があるのに、環境のせいで人生を捨てるのか。
決まった色に染まるだけの選択肢なんてつまらない。
自分の色に染まれ。
ちょっと、なんなんこれ。めちゃめちゃいい映画だな!
あー辛いわ、心が痛いわ。少数派で差別され家庭環境めちゃくちゃ。それでも成長して生きてく。
ドラッグによって幼少期に辛い目あったのに大人になってから売人になる現実の残酷さ。
青年期に好きだった男にボコボコにされてるの、辛いわ。再会のぎこちない感じ、たまらん。でも売人だと明かして気まずいわ。その後の曲良すぎるだろ。
それにしても夜の海の映像、綺麗すぎるわ。
RICH

RICHの感想・評価

3.5
主人公の成長過程を3部作で描いている。
セリフも少なめだし、淡々と進んでいく中で
絶妙な音楽チョイスと色使いや撮りかたが、全く飽きさせない。
人種や性差別、育ち、環境、といった深すぎるテーマに、絆や愛といった根底にあるものが伝わってきた。
3部の主人公シャロンは面影こそないものの、表情がシャロンそのもので、役者の凄さを感じた。
>|