ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

TM

TMの感想・評価

3.9
オンリーワンと呼ぶにふさわしい不思議な魅力をもつ作品だと感じました。

三部構成でシャロンの成長を描いてるんですが、いい編集で中だるみせず、音楽のセンスも抜群。

三部目の'black'で、
「何故売人なんだ?」と言われてしまいますが、経緯うんぬんより、そのルーツは一部にあるっていうね…

ゲイであるとか、親子だとか、差別やいじめを超えた人生の果てにある'絆'を感じさせる傑作でした。
ぶぶた

ぶぶたの感想・評価

3.0
うーん。シャロンの抱える問題を自らが抱えた経験がないからその気持ちを真の意味では理解できなかったかな。重くて難しい。

成人期のシャロンの態度からこれまでとは別人のような強い人間になったのかと思いきや実際はそうではなくて。ケヴィンと再会した時に見せた仕草や表情にこれまでのシャロンが見えた。それが切なさと同時にどこか愛おしく、悲しくもあった。2人には幸せになってほしいな。
自己への羞恥心、環境への劣等感が人を臆病者にする。しかしそんな臆病者同士が寄り添えば、言葉はなくとも愛が生まれる。
Snufkin

Snufkinの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

無口で、俯きがちな少年シャロン。
シャロンを気にかけるフアンは、彼を海に連れ出す。そして、ある夜に老婆がフアンに放った言葉を話す。

ー月明かりを浴びて走り回っていると、黒人の子供が青く見える。だから、お前をブルーと呼ぶわ、ブルー
ー名前はブルーなの?
ーいいや。どんな自分になるか、いつかは自分で決めるんだ。周りに決めさせてはいけない。

崩壊した家庭、学校でのイジメ、LGBT。複雑な環境に置かれ、自分の言葉を二言三言しか話さないシャロンも、時に見せる笑顔は真っ直ぐで、純粋だ。一見成年になったシャロンは、置かれた環境に身を委ね、まるで違う人物になったようでもある。しかし、愛する人に再会し、月明かりに照らされる自分自身を見つける。
suzumaiii

suzumaiiiの感想・評価

5.0
ちょっとこころに余裕があるときに観ようと先延ばししていたムーンライト。
最高でした。
2016ベスト10を超えて1位かも。
子供時代のカメラワークにまずやられた。芝生の匂いがしてきそう、海のシーン息苦しくなる。全部のシーンが迫ってくる。
でも考えさせられる問題提起があまりに多くて、途中で頭を抱えたくなった。
そしてセリフがないシーンの音楽と沈黙の間の扱いがすごい。
明日もっかいみよ。
moirai

moiraiの感想・評価

3.5
前半と後半で、主人公シャノンの外見がかなり変わるので驚いた。(とくに歯が、、)

話が進むと、変わってないんだなって思う仕草もでてきて、実際は内向的なままの彼を見ていると、自分に黒人男性の役に対する先入観というか固定観念があるんだと気づかされた。

2人の関係はその先が見たかったー
まさかとは思ったが衝撃的だった。アカデミー賞作品賞は納得だ。

なんだか切ない気持ちになった。

映画のポスターは左から幼少期、少年期、青年期になっているのか?だとしたらすごいマッチング笑
「泣きすぎて、自分が水滴になりそうだ」
なんて言ったらいいんだろう。
なんだかとっても切ない気持ちになった。彼のどうにも出来ない環境の中で見えた一筋の希望、一筋の月明かりのようにふんわりとなんとも言えない感情を残して。
なんと、切なくて美しい映画でもだろう。そして彼の目がとても忘れられない!
それぞれ別の人が演じてるのに一貫したあの瞳!!
>|