ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

karayu

karayuの感想・評価

4.2
三部構成と終盤の音楽によるカタルシス、昇華

三部目がもう少しテンポ欲しかった

ケヴィンのように心の平穏か
シャロンのように金歯や高級車、有形物による満足か

商品としての訴求テーマが金銭的な優位性じゃないですよってことだったらなんか薄い
自分の思慮の浅さ故かも知れんけども

成熟した社会の自然現象について訴えてたかな
riii

riiiの感想・評価

3.5
目が綺麗…そして切ない……
ゆきの

ゆきのの感想・評価

2.5
マハーシャラ・アリ見たさで鑑賞。

繊細なようで、けっこう大味なストーリーに感じられて、ぐっと入り込めないまま終わってしまった。。

大人になって見た目は強そうになったシャロンが、ケヴィンから電話が来た途端に、目の動きや話し方など子供の頃に戻ったように見えたのがよかった。
soyaryoko

soyaryokoの感想・評価

5.0
打ちのめされてる。
平日の夜に見るのに、3パートに分かれてるから途中まで見て寝ようと思って見始めたらやめられなかった。

全てのパートの映像が美しいし、伝えたいことがはっきりしていて見やすかった。どのパートも好き。
アカデミー賞助演男優賞を獲ったマハーシャラ・アリは本当にすごくよくて、ブルーの話をする海辺のシーンはすごい。目に浮かんだ光景がきちんと再現されるラストも最高で、なんで劇場で見なかったんだろう…と後悔しきり。
rrr

rrrの感想・評価

3.7
記録
よした

よしたの感想・評価

3.0
水の中のシーンが本当に水の中にいるみたいだった。あと音楽が良かった。
ムショで生きるために、売人として生計を立てるためには、自分を変えるしかなかった。

でも、彼の本質は変わってない。気弱で繊細で心優しい。それは彼の目から表情から仕草から挙動からわかる。

10代の多感な時期に友人へ与えた罪の意識は残り続ける。受けた側も与えた側も。

あの頃のことを今更謝られても仕方ないし、何も解決しないかもしれない。

でもあの頃の自分を知っている友人と会うことでお互いの現状を知ることで、今の自分を見つめるきっかけになるかもしれない。

今は死ぬほど働いても小銭ほどの金しか稼げない。でも不安や恐れを抱いていた昔より今の方が幸せだ。それが人生だから。
ピュアな愛が描かれている。境遇がとても暗いシャロンに、最後ハッピーな結末があって良かった。

☆よくわからなかった点☆

幼少期、シャロンはまだ自分が気付いていないにも関わらず、いじめっ子にはオカマと言われ、フアンもゲイだけどそのうちわかる、と言っていますが、なぜ周りはゲイだとわかったのかがイマイチわからなかったです。本人もわからないのに、周りが気付くってどんな感じなのか?
その辺についての描写が途中あったのだとしたら、気が付きませんでした。

あんまり、こういう理屈っぽい事に疑問を持っちゃいけない映画なのかも?

このレビューはネタバレを含みます

環境が全てだなぁと感じた映画。
何が正しくて正しくないかはその人だけがわかる。流されて貧しく生きるのか、自分の道は自分で決めて強く生きていくのか。

親や環境は選べないから、その環境の影響をうけて子供が形勢される。その中で誰と出会い、誰の言葉に耳を傾けて生きていくかで人生が変わっていく。

いじめのグループが何故大きくなってまでずっと彼を狙い続けていたのかがわからないが、テレサとの関係性が変わっていないことに安心した。
しかし自分の母親がヤクほしさに、よりにもよっていじめているやつをしゃぶって小金を稼いでることを告げられるシーンは見ていてつらすぎた。
フアンの死について全く触れないで、展開していくことに少し驚いたが、話の重要点はそこにはないということなのかな、とも思ってみていた。
フアンの存在があったからこそ主人公のシャロンが大人にまで成長できたんだと思う。ゲイでも黒人でも否定せずに受けて入れてくれる大人がいた人といない人では大人になりかたが変わってくる。

母親はずっと愛していると伝えてくるが、大人になったあとでその愛情を向けるのはもう遅すぎるのでは、と自分では感じたが、そこで泣けるのはシャロンの純粋さなのだなとも感じた。何に対しても優しすぎる心を持つ主人公。

最後のシャロンのケヴィンへの純愛さにも感動した。いい映画だった。
>|