ムーンライトの作品情報・感想・評価・動画配信

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

黒人社会でのいじめや差別を描いた作品。ヤク中の母親の元で育ち、ゲイということが原因でいじめられ続けるシャロン。劣悪な環境の中で、数名の理解者にも出会っていく。辛く重い。けれども美しい美しい映像。自分でありながら生きるということが伝わってくる。母との和解のシーンとラストシーンが良い。‬
LGBT、人種差別、ドラッグ、いじめ、貧困…そういうものを取り上げていると聞いてあまり観る気がしなかったけど、もっと早く観ればよかった、と思った。
静かに進んでいく物語。 重いテーマだけど、敬遠することなく観てもらいたい。視聴者を惹きつけ、スッと作品の世界に入り込ませる、そういう力があった。
浩太朗

浩太朗の感想・評価

2.9
むずかった。
でも何故か苦しかった。
『ムーンライト』
少年の成長ないし男と男の消えない友情を描いたヒューマンドラマと見せかけて、本質は(ゲイの)純愛映画
丁寧に心に包み込むような演出、演技展開に音楽。確かにいい映画なんだけど、端的に評価を下すのが難しいから一度観てみてとしか言いようがない。そんな映画
session

sessionの感想・評価

2.0
おもんない
Ken

Kenの感想・評価

3.7
2020年28本目。
黒人社会のLGBTの話。
ひとりの人が、少年、青年、大人と成長する。その3人の役者は違うんだけど、目つきとか仕草が同一人物にしか見えなくてすごかった。そしてフアンの役の人がとてもよい。
少年のときに「オカマ」という言葉を聞かれたとき、売人であることを聞かれたときのシーンがすごく重く、心に残った。
あの年齢の子どもに性的マイノリティについて聞かれたら、どうやって答えればいいのだろうか。
葉柏

葉柏の感想・評価

3.7
現代人受けするであろう作品。
共感はしづらいかもしれないけど、主人公の境遇は目を背けたくなってしまうくらい辛い。

海と月光がモチーフとして映像を彩り、シャロンが本当の自分をさらけ出せる場として映し出されている。

ストーリーは3つに分かれていて、リトル、シャロン、ブラック という呼称の分け方はきっと 主人公が強い自分、ゲイとしての自分を認めていく というのを表したものだと解釈した。
それぞれのストーリーで、主人公を演じた俳優の顔つきは全く違うものの、瞳の奥に孤独や底のない悲しみを湛えつつ成長していく様を観ることができる。

最後のシーンがとても印象的で頭から離れない。
これは完全なハッピーエンドとは言えないしむしろバッドエンドかもしれない。最後に“リトル”が振り返ったのはどんな意味だったんだろうか。。
アグロ

アグロの感想・評価

4.0
良い作品です!
静かで切ない。映像美。

2020🎥09
>|