ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

mikio

mikioの感想・評価

2.5
シャロンの成長過程を三段階に分けて描いてる
パッケージの顔は三人の合成だよ

幼い頃に受けた出来事って後々効いてくるんだなと感じたのと、大人になったシャロンいい感じやん

物足りないのは派手さが足りないから?
Nakama

Nakamaの感想・評価

4.3
ケヴィン、惚れるわ。
クレイジージャーニー見てたからか
すこしは現実として捉えられた🙌

でもやっぱり人種とか薬物とかの話って
日本人には当事者意識がないから
そこまでピンとこないのが辛いところ
グリーンブックでのマハーシャラ・アリさんの演技がすごく好きで、ずっと見ようと思ってた今作も鑑賞。

3部構成になっていて、ゲイで内気な男性の幼少期、青年期、成人期をリトル、シャロン、ブラックという呼び名の変遷を経て、展開されるお話。

この映画は1人の男の人の孤独さと束の間の幸せが、演者同士の会話シーン(間と空気感)と表情ですごく伝わってくる。その点がすごくよかった。

同一人物を演じた3人の男性が、すごくいい演技。目の俯き加減とか、口の開き方とか、母親に愛されるべき時にちゃんと愛してもらえなかった、心に抱えてるものがあることが、全体を通して貫かれてた。

3部の中の1部しかマハーシャラ・アリさん出てこなかったけど、やっぱりこの人の声のトーンと表情が好き。すごく感情が観客に伝わってくる演技だと思う。
プッチ

プッチの感想・評価

3.4
孤独。

青と海と。
走り回る黒人の子を老人が呼び止めて、まるで青色だ。と言う。

違うものを持っていてもそれは差別の対象ではなく、時に美しく光り輝くものだと。
それなのに、、映像の中では薬に溺れる黒人やそれらの人々から搾取していい生活を送る黒人を映していて違和感を覚える。

主人公も幼い日に出会った男のように、いつか不幸な死を遂げるかもしれない。それでも強者になろうと思ったのは一重に青少年期の経験があるから。
一途な想いがたった一時報われる時が来て、それから彼はどう変わるんだろう。

本当は、主人公の母親のように誰かを想う気持ちは誰もが持ち合わせている。と思いたい。これを色に表すならば、誰もが思春期を経験して大人になることでくすんだ色へと変わっていくんどろう。少年のピュアな青色に、激情の赤、大人は落ち着いた暗い色へと変化する。至って普遍的な価値観だ。
歪曲した妄想だけど、青色だと言った老婆は本当は肌の色や周囲の黒人の成す行動が嫌いだったのでは?それを押し殺して子供のピュアな心を暗い闇夜の中でぼんやりと輝く青色と表現した。
mitsuki

mitsukiの感想・評価

3.5
黒人ずっと見ていられる映画。キビシー世界だけど映像が綺麗。ニガとブラックの単語の使い方が気になる。
昼間

昼間の感想・評価

3.3
190529 / 記録
パッケージ1人やと思ってたら3人で草
>|