ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

映像がすごく綺麗
言い回しがかなりストリート文化

どれだけ分厚い鎧を着ていていても心が触れ合った人には意味がない っていう感じがしました
akari7

akari7の感想・評価

3.8
海岸で月が綺麗なシーンで泣けた。アクションとミュージカル以外は映画館行かないんですが、これは観に行って良かったなと。しんどい話だけどとても良かった
ちゃこ

ちゃこの感想・評価

4.5
なんかものすごく、びっくりするほど美しい映画だった。
主人公が口数が少ない分、音楽や描写で表現している感じ。
説明がうるさくない映画は、素敵だなぁ。
大学入る前に初めて「オカマ」を蔑称だと扱っているものをみて、涙が出た。
Naoya

Naoyaの感想・評価

3.3
親しい人の死や少年院での出来事など人生を一変させるような出来事は描写されていないのは、生きている人の目線から捉えた「今」がそういったイベントの間の出来事のように認識しているから?
淡々と積み重なっていく「今」を描写したかったのか?
ayaco

ayacoの感想・評価

2.0
音楽が良い
m

mの感想・評価

4.0
記録
naru

naruの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

終始映像が美しかった。
幼少期から大人になるまでの3部構成で、そのときの愛称がタイトルになっている模様。主人公はあまり語らない無口な性格だけど、生い立ちから描くことで世界に入り込みやすくなってると思う。

黒い肌が月明かりでブルーに見える
この言葉の意味は結局説明されなかったけれど、夢で友達が致していたりゲイだと自覚したきっかけが月明かりの照らす海だったことからブルー=性の自覚で、普段のブラックと呼ばれる自分から、ゲイである自分=ブルーとして生きていくことを選んだのかなと解釈しました。
嫌いな母親はいつもピンクの光に照らされていたし、光の色で伝える映像効果が斬新で素敵だった。(ポスターもそこを象徴的に表しているようにも見える)

自分は何者か、寄り添える相手・愛とは何か?を主人公の目を通して考えさせられる映画でした。相手が男であれ女であれ、決めるのは自分であると教訓になります。

もっと紐解きたいと思える深い映画でした。
>|