ムーンライトの作品情報・感想・評価・動画配信

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

じわじわずっといい
良く考えるとあの終わり方しか無い気がするしベストだった
夏の終わりや秋になるとみたくなる。
Kendrick Lamarのto pimp a butterflyとそのまま繋がった世界なイメージ。
渡辺

渡辺の感想・評価

3.2
マハラーシャアリをグリーンブックで先見してたので同じ人?!と思ってました、メッセージとしては受け取り辛かったけどこういう世界もあるのかな
marianne

marianneの感想・評価

3.8
「うちのルールは愛と自信を持つことよ いいわね?」

「愛さなくていいよ でもあんたを愛してる」
taaah

taaahの感想・評価

3.9
簡単に形容しがたい映画。

ドラッグ売買地域、いじめ、売人夫妻との出会い、ドラッグ漬けの母親、初恋、LGBT、暴行事件、少年院、ゼロからのスタート。そして、母親と初恋の相手との再会。

知り合いの人生を、キレイごとではまとめられない人生を、垣間見た、そんな感じ。

自分の努力で生まれ変わったようにできる部分ももちろんあるけれども、過去からの負の連鎖を断ち切ることは想像以上に難しい。何がリアルなのかわからないけど、すごく現実的なものを感じた。

感情移入すればするほど、果てしない暗闇に閉じ込められたような息苦しさを感じる。

ただ、それでも、観てよかったと思わせてくれる映画。
Kevin

Kevinの感想・評価

3.0
合わなかった。
てん

てんの感想・評価

2.6
よくわからんかった
不思議な映画だったぞ!
青が綺麗な作品でした。
映像を重視する方にもお勧めしたいです。

登場人物たちそれぞれの"青さ"が時折苦しく、胸を揺さぶり、そして温かく優しく包み込まれました。

うまく言語化できないので、また改めて。
Jiyong

Jiyongの感想・評価

5.0
あまりにも良い映画だった。久しぶりに映画で泣いた。凄く美しい。
絵作りも脚本も演技も美しい。凄く苦しくなるんだけど、流れるように三章を描いてるからか、嫌な重みは残らない。
第一章は"ブルー"がテーマなことを明記するために、黒人の肌の色を強調する色彩とセットの色のバランスだった。1番美しく黒人の肌を映す色だった。
第二章では"ブルー"そのものにフォーカスを当てたようだった。シンメトリーの演出も第一章より多くなり、より劇的な生活と主人公シャロンの複雑な心境を演出してるようだった。不安定なシャロンをシンメトリーで映すという相反する表現が歪で良かった。
第三章は青みが少し少なくなって、フィルムっぽさが増していた。昔のシャロンに蓋をしているということの現れだろう。シャロンを演じた3人は一度も会わずに撮影したそうだけど、もう同一人物にしか見えなかった。
助演男優賞を取った第一章に登場するフアンの言葉は本当に詩的でよかった。知性と優しさのある言葉を持っているフアンは売人で、シャロンの母親にヤクを売っている人。このどうしようもなさが個人的かつ社会的な問題を抱えていた。凄く個人的な映画だけど、社会とのつながり(映画が社会に訴えたいこと)の部分をフアンが握っているように感じた。
無音の使い方も非常に良い。音楽も物語世界上の音も消え、静寂になる演出が何度かある。それらは、シャロンがサイアクな気持ちになる瞬間に訪れる。世界を遮断したいほどのサイアク、をシンプルな手段で描く。
月の光に照らされると黒人の子は青く見える。
画家の先生かだれかが「黒人を描く時、影は青で入れればいいんだよ」と言っていたのを思い出した。自分もこの映画を見ながら、黒人の肌はブルーだと思った。凄く美しかった。美しすぎて涙が出る映画だった。
>|