ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

yukko

yukkoの感想・評価

2.1
アカデミー賞?ふぅん。
面白味が無いよね。
評価高いな。
自分は全くハマらず。

で?っていう。
mizuki

mizukiの感想・評価

2.0
LGBT、貧困、性的マイノリティについて考えさせられる。これらの話題に疎い私にとって、内容を理解するのが難しかった。
鑑賞前のわずかな予備知識で、暗くて重いストーリーを思い浮かべてたけど、思いのほか重くない。
いや重いんだけども、重くない。陰鬱な重さではない。

リトルもシャロンもブラックも、外見や周りの環境は変わってるけど、眼差しが同じ。芯のタフさは変わらない。

ポスターが凄く綺麗!!!
忍耐強い主人公。彼の友人のように誰かの言いなりになって流される人生か、自分の道は自分で決めるか。人種、差別、同性愛者といったテーマは重いけれど、静かであっても映像は暗くないので、観ていて重苦しくないのが救い。ドロドロしてたら途中で観るのを止めてたのかも。でも「え、ここで終わるの?」というラストが少しもの足りなく感じたけどこれでいいんだろうね。
obatasaki

obatasakiの感想・評価

4.7
いつか月のある暖かい夜に
海からの風や、その風に揺れる草木の音をきいたらこの映画を思い出すと思う
目に見えないけれど、本当に本当に繊細なものをみた
St6

St6の感想・評価

2.5
これを黒人賛美映画というのは間違っているし、出演俳優達の演技は本当に素晴らしかった。

しかし、この作品が、ホワイトオスカー問題で盛り上がり、黒人の地位を上げようという空気の中行われた、第89回アカデミー賞の時だったからこそ作品賞を受賞したのではないか、という意見には、正直同意。

これは映画というより、ひとりの悲劇的な黒人少年の人生を追ったドキュメンタリー映画で、その上、黒人にゲイにドラッグに売春にいじめにネグレクトという、この世に蔓延る悲しい出来事と今問題視されている様々な“マイノリティ”を、とりあえずひとつの作品に色々入れてみました感がどうにもいただけない。そのくせメッセージ性は乏しく、結局何を伝えたかったのか、何の映画だったのか、イマイチ分からなかった。
Rocky

Rockyの感想・評価

-
静かな映画でリアルな黒人社会が描かれている。
学校のシーンは日本の学校と比較してしまいました。
F.Masashi

F.Masashiの感想・評価

4.5
不思議な静けさを携えた作品だった。LGBTや貧困、暴力、差別を扱っているため、重いだろうと思いきやそうでもなく、演出が極端に抑えられた抽象的な印象はあれど、音楽が何気にずーっと支えているし。。。美しい映像がとても印象的だった。
Rity3

Rity3の感想・評価

4.0
遅めだけど今更見た。差別に貧困にネグレクトに。。。アイデンティティを模索して生きるって本当に大変。だけどどう生きるかは自分次第だし自分で生きるしかないんだ。シャロンがとってもピュアで生きて行くコミュニティの残酷さとのギャップに胸が痛かった。
にしてもCollateral Beautyとナオミハリスの演じてる母親が全く逆でさすがーって思った。
kanakiki

kanakikiの感想・評価

3.9
主人公の辛抱強さが切なくて苦しかった。
救いを差し伸べてくれた人々の縁があって本当に良かった。

私の甥の話、小学生の時にクラス数人にからかわれた。見る人が見ればイジメ。それを父親に相談。父親は、「お前の力をそいつらの目の前で見せてみろ、暴れたっていい、がむしゃらになれ、怖気づくな」と。甥はからかわれた時、がむしゃらになって大きい声を出したり、イスを持ち上げてみたり教室中を動きまくって暴れた。その後、からかいはなくなった。本人がどんなに勇気を出したか怖かった、そんな話を思い出させるシーンがあって、個人的に胸が熱くなった。

青春ドラマを観てるようだった。
家族(愛情)に悲しみ、イジメに苦しみ、性に悩み、社会問題に向き合う映画。