ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・評価

    全部遠かったなー
    Helo1582
    3.2
    いじめ、虐待、ドラッグ、ゲイ、人種ほとんどが自分にはゆかりがないものを抱える主人公。
    そのためか、なかなか感情移入が難しかった。

    ただ、恩師といえる人間はいるし、友人もいる。
    こうした周囲の支えがあったからこそ、ドラッグには手を出しているものの、一線を超えた悪人にはならなかったというのは、共感できた。

    幼年期、少年期、青年期で主人公の成長を描いていくが、特質なのは映像美。
    わざと色を抜くってすごいことをやるなと。
    絵画を見るような綺麗な肉体、海、空、月でした。
    jocx
    3.7
    アカデミー作品賞ということで、期待し過ぎたか?アメリカの🇺🇸マイノリティ社会のメッセージ。子役から青年、そして大人になっていくが、子役のシーンが良かっただけに後はしりつぼみ。この映画が作品賞を取ったのは、今までのアカデミー審査会への革命かトランプ政権への批判か抵抗か?映画が本当に掛け値無しで評価されたのか疑問だ。
    ドラックや売春、マイノリティへのイジメ、その中で包み込むような愛情があり、それが一筋の光となっている。
    章立てされている。

    幼い頃のコンプレックスや様々な経験。ひとつひとつに意味があり、ひとつひとつが乗り越えなきゃならない何かになる。

    人生の複雑な理由、ここにあるのかも。

    もう全て、直感で生きていい?
    Lara
    -
    久しぶりに美しいと自然に思える映画を観ました。
    色んな問題が出てきて楽しい映画ではないけど、見て良かったな。と思える作品でした。大人になっても繊細な表情を見せる主人公が素敵。
    あよい
    4.5
    言われてなるほど本当にウォン・カーウァイだった。

    筋肉ムキムキになってもナイーブなシャロンが素敵。
    siho719
    3.7
    性差別を告発した映画。
    それだけでなく黒人の貧困と格差が絡まった悲痛な思いが強かった。

    とても切ない気持ちになった。
    マイアミの青くて熱い夜。
    Uttie
    4.1
    残酷な人生や人間の脆さを見つめているのに、静かで、力強く、美しい。