ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

あゆ

あゆの感想・評価

3.5
テーマ性がわからなかった。。
ネグレクト、ドラッグ、LGBT、いじめ、なんだろ、要素は多いのになにも深く掘り下げられてない気がして惜しいと思ってしまった。

があれだな、
シャロンのまっすぐな初恋を描く。
問題提起を求めるものではないんだろなと。
予想してたのある意味上を行っていた。。
ダメな母親、貧困とドラッグという恵まれない環境
本人の資質も生きづらさに拍車をかける。
ケヴィンは子どもという生き甲斐を得て更生していくが、主人公は同じところで足踏みしていた
再会した時のお互いの気持ちのベクトルも境遇も人生で得てきたものも違いすぎて、切なくなる
982本。
この作品では特殊な演出として「画と音」が巧妙に変化をもたせ製作されています。
シーンごとに映像の明暗,音声の音量に違いがあり,鑑賞し始めてから我が家のシアターシステムのエラーかと不安になりました。しかしこれは主人公の心情を表すときにそれらが変化することに気付き,感動を覚えました。

内容は主人公シャロンの子どもから大人に成長した人生を少年時代,青年時代,壮年時代と3つの時代に分けて撮られています。
シャロンは黒人母子家庭の環境下で育ちますが、母親は薬漬け,学校でいじめられっ子,そして同性愛者であり多くの悩みを抱えています。
そんな彼にも父のような存在のフアン,その妻?テレサ,唯一の友達ケヴィンと成長期に影響を与えると思われる人物はシャロンのまわりには存在しており,決して一人ぼっちではありません。

この作品の評価は極端な賛否両論の反応になるかと思われます。
物語がつまらないと感じてしまう要因として,主人公に劇的な成長が認められないところかと想像できます。
主人公の成長する過程を描いている作品は、人々の交流やエピソードによりイメージが変化することを視聴者側は何かしら期待しているかと思われますが,この作品でのシャロンは根本的なところは変わりません。

ファンは覚醒剤の密売人で,シャロンの母は彼の手下から覚醒剤を購入しています。心のよりどころであるファンが自分の母を狂わしていることになります。
しかしその母は覚醒剤さえあれば,自分に優しくしてくれる。
少年期のシャロンがこの歪んだ因果関係を受け入れるのには幼すぎます。
ファンはシャロンの青年時代には亡き者の設定ですが,彼が生存していたならシャロンの人生は違ったものになったのでしょうか。

青年時代では友人ケヴィンと特殊な体験をしてしまいます。その後昔からのいじめっ子の命令でケヴィンからシャロンは暴力を受けます。大好きな友人ケヴィンからの殴打は肉体的な痛みより精神的なダメージが大きいはずです。
日頃のうっ憤が蓄積し,今回のケヴィン絡みの件が起爆剤となり,無防備ないじめっ子を椅子で殴打し,逮捕されてしまいます。
少年院に服役しますが,その獄中で知り合った仲間の影響で覚醒剤の密売業を始めます。
母を狂わせた覚醒剤,その密売人の職に就いたことはシャロンにとってどんな想いだったのであろうか。皮肉にも心の寄りどころであったフアンと同じ職ですが,彼を敬愛して同じ職に就いたのではないように思えます。
壮年期に突然ケヴィンからの電話があり,久しぶりに会い近況を語ります。愛する子どもが誕生し,飲食店で料理人として暮らすケヴィンに対して,何も変わらないケヴィン。

ラストはシャロンがケヴィンに寄り添う姿で終えます。
昔,少年フアンがある老婆から「黒人は月夜では黒から青に見える」と言われたことをシャロンに話していたが,彼は変わることなく自分の意志を貫き通しました。
絵が綺麗。
音楽が良い。

メシ食うときグリルズ外さないと食えないよね。
ゆうや

ゆうやの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最終的に男らしい鎧を被ったのをみてそこだけなんか謎に共感した

黒人差別についてかと思ったら黒人コミュニティ内での事だったのでそこらへんはさほど触れられていない

説明が基本的に全てまわりくどい
LUKEN

LUKENの感想・評価

3.4
あまり多くを語らない上品で繊細な映画でした

わかりやすい映画と違って向こうがみせてくるというよりこっちが察しに、感じにいかないといけないので
感受性、想像力豊かな人向きだと思う

人によっては退屈かも?
黒人のゲイというマイノリティの中で生きることの孤独であったり、絶望感を、派手に描くわけではなく、日常の中で淡々と魅せる。

黒人のコミュニティだと、ヤクが出回ってるのは普通だし、基本貧困家庭が多く、遊びと言っても女で遊ぶしかないような世界。その中で内気でゲイの主人公が黒人コミュニティの中での生きづらさを描く。

ドラマティックに音楽が流れたり、大きな展開があるわけではなく、顔の表情であったり(特に目)、光であったり、わかりやすい言葉ではなくて演出で気持ちを魅せるような映画なので、より辛さがドーンとくる。
そもそもは原作者の自伝らしく、ストーリーが分かりにくいところがあるのも、日記とは自省のためのものですからね、他者への解説は必要ないということでしょうし、物語に明確なオチやテーマが感じにくいのも、日記は過程であり結論ではないゆえのものかと。だから万人には受け入れづらいだろうけど(なんで作品賞なんだろw)、個人的には自叙伝ならではのナイーブさというか、優しさと哀しさに包まれた雰囲気がすごくよかった(o^^o)

少年篇と青年篇のそれぞれ主役のふたりはすごくそっくりで、顔だけでなく落ち着かない視線とかキャラまで「よくキャスティングしたな(笑)と」。カメラワークが常に揺れて見上げる角度などが多いなど、幼い時期の精神的な不安定さを表している。一方で大人篇はカメラも安定し、また主人公は金歯にマッスルと一気にキャラが変わる。これは弱い人にこそ多いけど、狼の皮を被った羊ですね。

アメリカ映画らしからぬエンディングで、「もう終わり?」と思いがちだが、いじめられっ子で恋もアブノーマルな男の子の、魂のさすらいをとても切々に描いた秀作と思う。そして結局は、自分で自分を認めてあげられるようになるかどうかなんだよね。青色が美しい★
アカデミー賞作品ですが遅ればせながらWOWOW鑑賞。

単純・アホな自分にはまともなレビューがしづらい作品ですねw
貧困家庭、性的マイノリティ、イジメ。彼を取り巻く友人、大人たちとの愛憎。とはいえ、国・街・文化、人種・性にまったく共通点はないので、なかなか自分ゴトに、もし同級生なら・ご近所ならどうするか?みたいな感情にはなりきれずで、たんたんと客観的に見守るしかない…。

そんな、なんともいえない、まるで実在する人物のドキュメンタリーを観たような感覚。珍しい鑑賞感覚になる作品でした。
Eric

Ericの感想・評価

3.3
アンニュイな雰囲気の中、無口な主人公の心が変化する様子を見る映画です。
詩的で、完成度の高い作品ですが、少しありきたりな感じがしました。