ムーンライトの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

debby

debbyの感想・評価

3.7
ひとりの黒人の物語
会話もあまりなく淡々とは話が進む系ですが、とても繊細な物語に仕上がってました。
映像もメッセージ性もそりゃ研ぎ澄まされてたけど、どうしても笑ってしまった。
一人で見たらよかった。
KaNako

KaNakoの感想・評価

3.8
黒人ゲイの純愛映画

dragや貧困といった社会問題も含まれており、内容としては重い。
けれど青みがかった雰囲気と、そんなに主張が強くない感じだったからか、なんか綺麗だなと思った。

少年、青年、成人の3部構成となっており、主人公のシャイロンのそれぞれの想いが見えたようで良かった。

このレビューはネタバレを含みます

難しいなぁ。
これを学びと思って
とりあえず、知るということ大事。

夏の海だっけ?語り合ったあの夜の雰囲気思い出して細い目で見るシャロンが乙女。
ゆま

ゆまの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

黒人が主人公の映画を観るとたいてい人種差別に苦しむ、みたいな描写があるのに本作にはほとんど白人が出てこない。そこがよくあるような物語とはまったく違って面白い。

これは黒人の物語でも同性愛者の物語でもなくて、誰もが身に覚えのある割りと普遍的な愛と人生の物語だと感じた。

また、普通ならもっとドラマティックに描かれるであろうフアンの死や少年院を出てドラッグディーラーになるくだりが丸々カットされていて、面白い構成だなと思った。

ドラマティックな要素を徹底的に排除して淡々と進むストーリーは、劇的だったり刺激的ではないけど、おかげで主人公の心境や表情の変化により敏感になれる。
ミチ

ミチの感想・評価

3.2
同性愛、麻薬、虐め、人種差別と綺麗な海 相反するようで妙にマッチしている
「月明かりの下で、黒人の子供は青く見える」

生まれてくるところを人は選べない、不幸にも愛に恵まれず育ったシャロンの物語。
悲惨な幼少期の中に綺麗な映像が映る。

1.リトル2.シャロン3.ブラック
3部構成のシャロンは年齢や環境は違えど、ずっと変わらぬシャロンがいる。
救いようのない孤独感を見せるためか、シャロンのカットは単独で映る姿が多い。その中に唯一優しくしてくれたシアンやケヴィンが入り込む。

「自分の人生を他人に決めさせるな」

シャロンは母親がヤク中で苦しんだのにもかかわらず、売人になってしまった。DVを受けた子供がDVをしてしまうような辛さがある。生きるために、強くなるために、どんなに見た目を変えても、どこかさみしく心行方知らずなシャロン。

初めてシアンから優しさという愛をもらった海で、ケヴィンと一線を超え、最後にまた海に戻ってきた。

あの海でシャロンは青く光っていたのだろうか。

このレビューはネタバレを含みます

静かな映画だった。
求めていたものや欲しいものに自分から手を伸ばすことができなかった主人公が、最後にやっと自ら動くことができた、みたいな感じなのかな。
リ

リの感想・評価

-
正直あんまりよく分からなかったけど、見終わったあとの余韻がなんかいい。月明かりが反射する黒い肌が綺麗だった。
holly

hollyの感想・評価

4.5
シャロンの抱える悲しみは、ひとつではない。観る人は、自分の中にある悲しみと重ね合わせられるのではないか。海と光がキーワード。