ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

この手のストーリーの純愛恋愛映画は今までに何本も見てきた。
ただ新しいのは主人公達がゲイだってことぐらいかなぁ。
ただ映画としては決して悪い作品ではなく、飽きずに最後まで楽しんで鑑賞することが出来た。
何の事前知識もないままにツタヤで借りて見てみたのだが、最初は『ゴッド・オブ・シティ』や『ゴッド・オブ・メン』のようなスラム街での青春映画かな、と思ったのだが事前知識がないために急なゲイ映画に発展し、非常に驚いた(笑)
アカデミー賞受賞なのかぁ...確かに面白いし、感動はしたんやけど、そこまでの作品のようには俺には思えなかったなぁ。
確かに映像的な美しさはあったと思うし、それがこの作品の中の1番のウリであろう。
KokiKanao

KokiKanaoの感想・評価

4.0
トレヴァンテ・ローズは幼少期のシャロンの影をうまく残してる。

彼の演技が過去と今のコントラストを作るし、最終的にそれが交わる最後のシーンは作品の本質を際立たせてくれたと思う。

この手の作品は、見た人が、自分が弱い立場に晒されたことがあるかどうかで心への刺さり方が変わってくると思う。
内気な黒人男性が自分は何者なのか答えが出るまでのプロセスを描いた作品

少年期では
自分の存在理由を問い、
成熟期では
自分の本質を知りながらも探る、
青年期になると
自分が何者なのか、今まで自分と向き合い答えが出ました。

ハッキリ言うと
黒人とゲイの話です。

そんなつもりは無く見た方もいたんでは無いでしょうか
偏見を拭い去るような作品ではないですが、マイノリティがどのように生きているか、それらを月の光で照らし、その日常を垣間見る作品だと思います。

また多くを語らない雰囲気が好きでした。苦手な人は苦手かも

陽の当たる華やかなものではなく、月の光が当たるぐらいの暗い夜にじんわり染みる、余韻に浸りたい映画といったらコレですね。
U

Uの感想・評価

3.0
え、なんでそうなるの…ってとこいっぱいあったし終わり方唐突だしよくわかんなかったけど人生ってそういうものなのカナ…
Megumi

Megumiの感想・評価

2.3
一言でいうと、よくわからない。
おそらく、メッセージ性が強すぎて解らない。笑

注目するポイントが多いから
え!なんで!とか
え!そうきたか〜!というような、
ツッコミ精神に溢れる人は途中途中で気になってしまうはず。笑

つまりはやはり、よくわからない。笑

ただ、人は見かけじゃない。と
いろんな意味で多方面の見方があると
改めて気付かされる映画だった🎬
感想川柳「遠回り 苦しみながら 見つけたもの」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している母親ポーラと暮らす少年シャロン。学校ではチビと呼ばれていじめられ、母親からは育児放棄されている彼は、何かと面倒を見てくれる麻薬ディーラーのユアンとその妻、唯一の友人のケビンだけが心の支えだった。そんな中、シャロンは同性のケビンを好きになる。そのことを誰にも言わなかったが…というお話。

ラ・ラ・ランドを抑えてアカデミー賞を獲った作品ですが、自分的にはラ・ラ・ランドの方が好きかな。(;゜∀゜)結末はどうあれ、途中がめっちゃ苦しい(´Д`)

こちらも音楽が素晴らしいけど、やっぱり海の中にいるようでなんか苦しい。(^^;

海辺のシーンではこっちが恥ずかしくなって見てられなかった。青春ってああいうものだよね…(。>д<)目で語るというか、通じ合うというか(;゜∀゜)こっちまで甘酸っぱいものを思い出してしまう。

たぶん自分が汚れてるから眩しくて見てられないんだ。(・・;)))分かんないけど。な〜んか「自分」があぶり出されてる気持ちになる。貧困でもネグレクトでも売人でもゲイでもないのに。( ´△`)

ナオミ・ハリスとマハーシャラ・アリの二人のアクセントがまたいいスパイス。(*´ω`*)

シャロンの心的世界を象徴するような演出が静かな物語と溶け合って輝いていた
言葉に出さない距離感が甘酸っぱい
とても静かで美しい映画だ。
期待値が高すぎたのか期待値を上回る事は無かったが、それでもこの映画は素晴らしい。
mayu

mayuの感想・評価

5.0
月の明かりの下では青
って言葉がとても印象的
色って所詮そんなもんだよなぁと思った
あっけないように見えるけど、シャロンの人生はこれからも続いていくんだなぁ、と思わされる終わり方でした 私は好きでした

黒人対白人の図式を取った話はよく観てたけど、黒人のコミュニティの中での差別問題についてはあまり考えたことがなかったので、よい機会になった 学びたいなぁ
ある黒人少年人生を幼少期、少年期、青年期で綴ったお話

いじめ、同性愛、ドラッグ中毒の母親などテーマはなかなか重め

そんな中でもシャロンを支えるフアンとテレサ、友人のケヴィンの存在が唯一の光でしょうか
フアンが何故亡くなったのかが分からず。もっとフアンが関わって欲しかった

少年時代にヤンチャだったケヴィンが真っ当な仕事に就き、
比較的まともだったシャロンが一度の過ちをきっかけに売人になったのはなんとも皮肉