ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

みけ

みけの感想・評価

4.0
主人公の境遇が見ていてとても辛い。淡々と、重い雰囲気で物語は進んでいくが、結果、初恋の人と想いが通じあう、純粋なラブストーリーだった!ケヴィンとの再会のシーンでは、シャロンがまた傷つきやしないか、最後まで本当にドキドキした…。
大人になったシャロンの繊細な演技が良かった。いくら外見を変えても、根っこにある本質を偽ることは出来ない。
いろんな人のレビューを見て一つずつやっと消化できたけど心にずしっと残ったままのそんな作品。日本人の自分には共感することも難しいただ傍観することしかできなかった。
ただフアンの言った自分の道は自分で決めろ、周りに決めさせるなといつまでもシャロンの心に残る愛情をくれたフアンとテレサ。
そして結局運命に流され1.リトル2.シャロン3.ブラックと見た目は変化してるが悲しく寂しい目のままのシャロンが人を愛することで自分を認め最後に自分の道を自分で決めたこと。
海辺で月明かりに青く照らされるシャロン。
どれも言葉じゃ言い表せないけど心に響く何かがあったように感じた。
ブルーライト、いい題名。
シャロンの境遇可哀想すぎ。
大人になって見た目いかつくて、変わりすぎでは?と思ったけど目の動きや、話し方子供の頃と何も変わってなくて驚いた。演技がすごい。
ケヴィンが店で「すげぇ金歯だな」って言ってくれたの、めっちゃそうおもってたからスッキリした。
店で久しぶりの会話なのにシャロンの事よくわかってて泣けた。ケヴィン連絡くれてありがとう!!って私からお礼言いたいです。
盛り上がりがあるわけでもなく、ずっと重い空気
スッキリはしないなあ
DSPEC

DSPECの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

自分に殴りかかるケビン、昨日の浜辺での出来事が有ったから?
氷水から顔を上げ鏡に映る自分を見る。
強くなりたい、変わらなきゃ、自分がLGBTである事も含めて、苦悩、葛藤、


ケビンからの電話、ようブラック、再会、体に感じる風、優しい時間‥
Shurita

Shuritaの感想・評価

3.8
勘違いしてはいけない。

今までにないようなゲイのラブストーリーだからとハードルを上げてしまい、結果あれ?ただの男女のラブストーリーみたいなもんじゃん。すれ違いすれ違い結局くっつくみたいな
最初はそういう風に思ってしまいました。
でもよくよく考えたらこれが普通なんだと。
そんな普通のゲイの恋愛映画が今まで無かったのだと。
大体ストレートの人が美しいゲイに出会って、心惹かれてく〜というのが主流になっていたと思います。
だからこそムーンライトはリアルなんじゃないかなと思いました。
だれがバイかなんてわからないし。なりゆきでHなことになんてなるし。酔った勢いとかあるし。ゲイを隠して生きてくこと、これでもかと男らしくして隠すこと。

普通のラブストーリーなんだけど、黒人でゲイって部分で話題になった映画かな、と。
黒人とゲイなんて惹かれる話題早々無いから、期待して飛びついて観たら普通のラブストーリーで…
でもそれが普通でリアルで。
逆に新しい。
20018年1月
DVDで観ました
映画を観てこんなに切ない気持ちになったのは久しぶりでした
小さな宝石のように美しい映画です
映画館で観なければ
ao

aoの感想・評価

3.5
様々な問題があり、どのテーマも重い。

辛いことばかりだけど、それでも、フアンやテラス、ケヴィンのような、支えもある。

辛い中でも時間は流れる。

大人になったとき、皮肉にもシャーロンは幼い自分や母を苦しめた仕事、フアンと同じ仕事をしていて、決して胸を張れる仕事ではなく、ケヴィンの問いが観てて辛い。

きっと、シャーロンは他の仕事を選べる環境じゃなかったんだと思う。

行きつくところがこういう仕事の環境って、日本でもきっとあるんだと思う。

そりゃ選んでしてる人もいるんやろうけど、誰もが好きでやってる訳じゃないよね。


どうか、シャーロンが「ブラック」の今よりも良い未来がありますようにと願わずにはいられないエンディングだった。
感想難しいな。個人的にはすごく好きだった。非言語的な訴えが多くて、言葉では表せないけど感情がすごい揺さぶられた。特に盛り上がる場面みたいな波があるわけでもなく淡々と静かにストーリーが進んで行くんだけど描いているものは1つというか…好みの問題かもしれないけど、ララランドではなく、こっちがアカデミー賞作品賞受賞したのは納得。まるで小説みたいな映画だった、どこか詩を読んでいるような…繊細で純粋さを感じた。流れてた音楽がたまらなく好きだった。
辛い現実を描いているけれど、作品の主人公に対する視線が常に優しくて心地よかった。また観たい。