ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

ShunHoriki

ShunHorikiの感想・評価

3.8
何故か蜂蜜を鍋で火にかけて
ふと他の事に気を取られて目を離した隙に
得体の知れないドロドロとした物になっていたけど
味見してみたら
意外と受け入れられるさわやかな味だった
みたいな映画
たにし

たにしの感想・評価

4.5
なんともいえない雰囲気のまま始まって終わる。後引く映画。すき。
とある黒人の半生を描くこの作品。娼婦で麻薬中毒の母親、いじめ、同性愛、犯罪、問題だらけの生活に揉まれた1人の人生を静かに、そしてどこか不思議と綺麗に描いています。
ストーリーを面白いとは思いません、しかし美しさと心に響く不思議なパワーは感じました。
この心にジワリと残る感覚だけで見る価値は十分にあるとおもいます。
kae

kaeの感想・評価

2.4
ツタヤの新作コーナーでゴリ推しされていたので。
うーん、いろんなテーマが盛り込まれすぎて消化不良な印象。わたしがまだまだガキだから理解できないだけでしょうか。最後そういう風にまとまるのか〜。と思ってしまった。

第1部の、主人公シャロンとフアン、テレサとのストーリーがずっと続いてほしかった。フアンが車を運転しながら孤独なシャロンに笑顔を向けているところと、海で泳ぎを教えてるシーンがとても、よかったです。
アメリカらしい色彩も素敵でした◎
KH

KHの感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

これは賛否両論ありそうな作品だと思った。

自分は見る前はGTA5バリにガンガンのし上がっていく系の話かと思っていたら、俗にいうオサレ映画であった。
正直オサレ映画でも、自分が面白いと思えるならばどんな映画であろうと良いんだけれども、これ映画は特に大きな物事が起きるわけでもなくただ淡々と一人の掃きだめみたいな人生を延々と見せられるだけ系の、前に自分がわくわくして劇場まで行ってこんな感じで辟易した"6才のボクが、大人になるまで。"みたいな感じだった。
まぁ淡々と一人の人生を描く系の映画ならその人物が好きか嫌いかで評価が変わると思う。はっきり言って自分はこの映画に登場する人物はフアンとテレサ以外は好きにはなれなかった。
主人公も主人公で自己表現しないわ、黙るわで見ていてイライラするし、母親はクズだし最後のシーンも何を今さら感半端ないし、学校はクソの掃きだめみたいなところだし。
あと、個人的にLGBT系の映画は飽きた感があるのも影響しているのもある。
外的な差別表現だけでなく内的な差別部分に焦点を当てながらの成長、展開で面白かった。個人的には評価基準や団体、社会情勢等の知識が薄く完全な理解には至らなかった。
Daichi

Daichiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最後のセリフ、「あれ以来、誰も俺に触れていない」が頭に残る。
takethat

takethatの感想・評価

3.2
純愛映画。男のああいういじらしいと言うか、恍惚と言うか、じれったいと言うか、なんと言うか、乙女な表情、目配せを初めて見た気がして、ソワソワした。
しかしすっげぇ金歯だな。
suzu

suzuの感想・評価

2.5
記録用、薬、いじめ、家庭環境等のテーマが淡々と進むため、人によって評価が分かれるのでは。
少年から青年、大人へ。あまり共感できるわけではなかったけど、きれいにまとまった良い映画でした。映像もオサレだった。どうしようもない苛立ちや不甲斐なさや、母親との距離感。キレるって、あぁゆうこと言うのかなぁて。待ってました!かのように、いじめっこが握りしめた拳というかガッツポーズ、悔しかった。大人になるって、何かを捨てることなんかな。捨てられない自分というのもまたいるわけだけど。何がともあれ、筋肉は良いな!(そこかい)