ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

アヤノ

アヤノの感想・評価

3.8
構成、色づかい、カメラワークがとても良かった。

シャロンの目が綺麗で、純粋で真っ直ぐなところが大人になっても変わっていないのが、胸にぐっときました。
そりゃあねぇ、人生で観た映画で好きなものを挙げろと言われたときにララランドを即答する人なわけで、そしてあれだけ人気を博した映画だったのにいざアカデミー賞の発表で(よくわからないミスもあったけど)なぜか別の作品が賞を取ってたらねぇ、そのララランドすら抜かした作品って一体どんなステキな映画なのよって思うじゃないですか。←前置きが長い。

単純に、多分経験の浅はかさとか、知識の足りなさが物語るのかもしれないけど、面白いとは言えなかったなぁ。
黒人・セクシャルマイノリティー・ドラック…多分世の中の大半が未だに差別だと思ってしまうであろうワードで構成されている映画で、淡々と1人の少年についての物語が進み…多くを語られることもなく、、理解力だったりそういう映画だっていう覚悟だったり、何かしら構えて観ないと私みたいに終わった後に何かしこりが残ってしまうんじゃないかなあ。
Kevin

Kevinの感想・評価

4.0
タイトルにもつながるように、黒人の肌の質感がかなり意識されている映画だと思った(洗面所・砂浜のシーンなど特に)。マハーシャラ・アリの演技をもう少し見たかった気もする。終わり方は好みが分かれるかも。
kei

keiの感想・評価

3.5
青色と光と黒い肌がとても美しかった。
いつも後から大事なことに気づく。
ジャケットが秀逸。
azu

azuの感想・評価

3.8
この生きづらい世の中にもたったひとつの希望で心が救われる、そんな映画。
ゆっくりと、時が進む中で、人と巡り合い、お互い事情を抱えながら、悩み、苦しみ、泣いて、いやになっても、愛がまた2人を繋げてくれた。
リトル、シャロン、ブラック。
ブラックはケビンがつけてくれたあだ名。それに応えようと、シャロンなりに進んだ結果な気がする。
ユchan

ユchanの感想・評価

3.3
学校でいじめを受けながら 麻薬中毒の母親と暮らしているシャロンが、麻薬売人のフアンと出会い、唯一の友達ケヴィンに恋をしてしまうお話。


アカデミー賞を受賞されたということで、1度見ておかなければ...!と思い鑑賞。

この映画は3章で構成されているため、シャロン役が3人出てくるのですが、とくに大人になったシャロンにはジーンと来たなあ、、


フアンがいい人すぎて、売人でもいい人いるんだなぁと思った(笑)2章から出てこなくて悲しすぎる😢...


めちゃくちゃ面白いわけではなかったけれど、アカデミー賞を取るのもわかるなぁっていう感じでした!
aloniatree

aloniatreeの感想・評価

4.2
まるで初期のジム・ジャームッシュの作品のようなテイストのアート色の強い映画でした。綺麗な映像とストーリーがフワーッとした感じだったので何回も見直してしまった(笑)最初に見終わった感想は初恋の話しか?と思いました(笑)初恋を中心に黒人文化?が垣間見れるような内容で、みててちょっと辛かった。高校生くらいの役の主人公と、フアンさんの俳優さん、ケヴィンの大人になった時の人が特に印象に残りました。特にフアンが良かったなー。素敵な方ですね!
色々気になったので調べていたら町山さんのコメントが参考になりました。
https://miyearnzzlabo.com/archives/41605
綺麗な映像には秘密があったのですね。
あとこのストーリーは実話だそうです。
「何者になるかは自分できめろ」
いいですね。自分で決めれば何にでもなれるのさ。
MOMO

MOMOの感想・評価

2.0
三章にわけて進んでいくところが好き。
でも、1番知りたい部分は教えてくれな
かったりする少しイケズな構成に物足りなさも感じてしまったなあ。🌌🌕
わたし的に期待しすぎちゃったところも
大きい。
ゆ

ゆの感想・評価

3.6
大きな起伏があるタイプの物語ではないものの、人物描写の的確さ、映像の綺麗さ、テンポの良さなどが優れていて、退屈する間が無かった。

キャラクターに関して、主人公の父親代わり的存在であり、薬の売人でもあるフアンが特に良かった。
主人公の堪え難い家庭環境の一端を担ってしまっている事に対して苦悩する場面が印象的。罪滅ぼし的とも言える献身さに心を打たれた。
彼が最後に映るシーンで見せる表情が忘れられない。
物語後半、主人公のビジュアルが完全にフアンそのものになっており、ドキッとさせられた。負の連鎖的なものを感じた。

純粋に愛の力を肯定する映画だと感じた。
蘭

蘭の感想・評価

3.7
幼少期から少年期編は黒人、貧困、同性愛、いじめ、母からのネグレクトとつらい困難がか弱い主人公に待ち受けていてどうかこれ以上不幸にならないでくれと心が痛かった。

大人になってゴリッゴリの裏社会のボスになってて度肝抜かれた。

(この映画の特筆すべき点はこんな感想ではないのでもっと上手い感想の人を参考にどうぞ)