ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

シャロンと呼ばれる男の幼少期、青春、成年後を描いた映画。

メッセージ性はなんだったのか、自分ではよくわからなかった。
感性がないのかなー、おれ笑

幼少期はクラックにどハマりする母、いじめ、、。
青春も悲惨だったが、初恋という一筋の光が差し込む。も、またもやどん底に。

青年期には覚醒した姿でシャロンが登場。
初恋相手と出会い。。。

所々で残酷な事実突きつけられる。
非常に静かなテンポで進む。間の取り方が最高で、登場人物の心境に自然と感情移入していた。
言葉なくして心境が伝わるとはこのことか!って感じ!
tom

tomの感想・評価

3.5
「オカマっていうのはゲイを不愉快にさせる言葉だ。たとえゲイでもそう言わせてはいけない。」

オカマとはゲイの蔑称と説明するのではなく、
マイノリティ目線でゲイという言葉を説明した点にファンの人間性が凝縮されているように思える。
貧困地区で育った黒人男性の紆余曲折ドラマを、少年期・ティーン期・成人期の3パート綴る。
H

Hの感想・評価

3.0
ゲイ、ドラッグ、ネグレクト、人種差別これらがテーマにならなくて良い日は
記録
マハーシャラアリー
重い、みてて苦しくなる、音楽もさらに誘うし終わってからもずっと残る感じ
LALALANDは、、なんでやろ
黒人への差別の話かと思ったが、マイノリティのなかでも更に虐げられるゲイの話で、日本人からすると共感が難しいかもしれない。
ジュブナイルとしてみればまあまあ面白かった。
黒人だからといって陽気な人だけじゃないし、ゲイだっているし、いろんな人いるのって当たり前のことだけど、それを気づかせてくれる作品ではあった。
Emiii

Emiiiの感想・評価

3.7
1.Little.
麻薬が常に手に入る地域に住む少年シャロンはオカマ野郎といじめられ、憂鬱な日々を送っていた。
ある日廃墟に隠れていたところを近所の男・フアンに見つかる。その日フアンは自宅に泊めることに。
翌日、自宅へ送ったときに母親になじられてしまうがそれ以降、シャロンは家にいられないときにフアンを頼ることになる。

2.Chiron.
相変わらず理不尽に殴られていたシャロンはある日相手をイスで殴ってしまう。補導され、戻ったシャロンを唯一の友達・ケヴィンは心配していた。たわいもない会話が楽しいシャロンは・・・

3.Black.
シャロンは成人男性に成長。高級車に金歯、派手な装飾品と物理的には生活に困っていない。
ある日久しぶりにケヴィンから連絡を受け、シャロンはケヴィンが働く飲食店へ向かう・・・


シャロンが切ない。
3部構成になっており、それぞれ節目のタイトルは全てシャロンに関係する。
シャロンとケヴィン。クライマックスのエンディングが良かった。
身体的には大きい男に成長したシャロンだけれど、心は昔のままだ。

"Right there. You in the middle of the world.
(感じるか?地球の真ん中にいる)

自分の道は自分で決めろよ、も
ずっしりきたけど、こっちが好き

自分が大きい存在に感じる
凄くいい
自信持てよって言われてるみたい
YukaNunoi

YukaNunoiの感想・評価

3.5
変わるもの、変わらないもの。幼少期からの変化を順を追って見せてるのがいいなあ。
Tokou

Tokouの感想・評価

3.0
映像がきれいで、見やすかった
人種問題に悩む黒人だが、そのグループ内でもやはり日本のように差別が存在するんだと改めて思った