ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

少年から青年、大人へ。あまり共感できるわけではなかったけど、きれいにまとまった良い映画でした。映像もオサレだった。どうしようもない苛立ちや不甲斐なさや、母親との距離感。キレるって、あぁゆうこと言うのかなぁて。待ってました!かのように、いじめっこが握りしめた拳というかガッツポーズ、悔しかった。大人になるって、何かを捨てることなんかな。捨てられない自分というのもまたいるわけだけど。何がともあれ、筋肉は良いな!(そこかい)
Aya

Ayaの感想・評価

3.8
思いっきり感情を揺さぶられて号泣必至!な感じかと予想していたけど、ひたすら静かに淡々と進んでいくストーリー。静かに、すごく丁寧に。登場人物たちのガラスのような繊細な感情を壊してしまわないよう丁寧に丁寧に紡がれたような作品。

登場人物たちの一つ一つの表情から、目が離せなかった。

夜の波音や浜辺の月明かりのように、ひたすら優しい作品だった。

あと、テレサ役のジャネール・モネイがすごく良かった。
ひとみ

ひとみの感想・評価

3.5
少年時代のアシュトン・サンダースに目を奪われた。私がショタコンというのもあるけど、気になって仕方ない、みたいなオーラがすごかったな。私がぎゅーってしてあげたいんだけど、彼にとってそれは無意味なんだよね。
ako

akoの感想・評価

3.8
ずーっと観たかったムーンライト
とある人物の人生を、淡々とみて感じるような作品は、その人物が好きになるか嫌いになるかで映画そのものの評価も決まるのだけど、これは好き。リトルもシャロンもブラックも、好き。変わらない仕草にも愛おしくなりました
Ayaka

Ayakaの感想・評価

2.9
必ずしも見んといけんわけではないけど時間持て余してて他に何もすることが無いならってくらいやったなぁ、私は( 笑 )

シャロンは成長して、大人になると容姿は大分変わったけど、やっぱり子供の頃のシャロンの面影が
r

rの感想・評価

3.8
賛否両論あるみたいですが
私は比較的 好きな作品☺︎☻ただ、
淡々とした進行が苦手だったり
同性愛に偏見ある方には
お薦め出来ません×
(私は偏見ないしblack/hiphop
culture好きなので本当良かった❤︎)
1人の男性の成長を幼少期、少年期、
青年期と3部に分けて進む物語🎞
人種差別、同性愛、薬物とテーマが
様々ある訳ですが私はシャロンの
"俺は俺、他の何者でもない" や
テレサの"愛と自信をもつ事" が
心にグッときました♬
_
何より台詞より表情や心情を
読み取って鑑賞者が昇華する
手法が大好き(*´꒳`*)
3部で刑務所入ってpumpup
bringbringになってgrillz(金歯)付けても
シャロンはシャロンのままだねと
今も純粋なシャロンの表情で
語るとこは胸熱❥❥
にしても豹変やばすぎ‼︎‼︎‼︎笑
moonlightの意味と月夜に照らさせる
海を観たいのでDVD出たらすぐ観る🍀
とにかく海と月の映像、あと
フアンが乗ってる車と色彩が綺麗♬
ずー

ずーの感想・評価

3.5
アカデミー賞作品賞。
これはアメリカの人向けだなぁ。
アメリカンカルチャーとかドラッグとか黒人問題とか…日本にはあまりない設定だし分かりにくい部分もあったけど、色々考えさせられる作品ではあったかな。
Anna

Annaの感想・評価

4.2
上質な映画でした。淡々と過ぎていくストーリーだからこそ、揺れ動く心や不安定さが浮き彫りになっているように感じました。セクシュアリティやlgbts系の映画としてひと括りにするより、1人の少年の映画です。
何やろ。貧困地域の実情なのか、黒人差別なのか、ゲイなのか、何なんやろ。
なんだか中途半端で消化不良。
シャロンの移り変わりは面白い。
高校生になった時に変わってるのを期待したのに、変わらず❗️
大人になって変わり過ぎ❗️
ファンの舌ぺろぺろの仕草はいかついのに可愛い。ファンとテレサはもっと出て来て欲しかったね。
しかし、ララランドで良かったんちゃいますのん。ムーンライトにする必要はなかったのでは・・・
諒子

諒子の感想・評価

4.1
アイデンティティの探求の映画であり、かつ異性愛か同性愛かの区別って無意味だなと思うような普遍的な純愛の映画。
自分を守るために塗り固めた黒人像が崩れ、本当の姿に戻るシーンが良い。

加えて、色の演出や1人の人間の視点かのようなカメラアングルが幻想的。