ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・レビュー

    テリーヌのんくん
    テリーヌのんくんの感想・レビュー
    8時間
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    内容は至ってシンプルで、よくある話。
    その「よくある」をカットや光の使い方、時代の抽象化をすることにより再構成し、独特の雰囲気ながらも鑑賞者をムーンライトの世界に引きずり込む。
    黒人の同性愛にフォーカスを当てるために極限まで無駄を削り取る。流れるように主人公の状況と心情が伝わってくる。
    年を経てどんなに鍛えて強そうな見た目になったとしても、初恋を忘れず、その相手に身を委ねるラストシーンは、それまでの主人公の孤独と苦悩をより一層際立たせていた。
    アルフ
    アルフの感想・レビュー
    8時間
    4.5
    『キャロル』と『ムーンライト』の登場はクィア映画史のエポックメイキングだと思う。映画『ストーンウォール』がホワイトウォッシングされて史実の政治性が切り縮められてたのとは対照的に、この二作はごくごく個人的な領域の愛をアンチクライマックスで描いたことで逆説的に不断に続く日常に折り畳み込まれている権力関係や社会性や政治性を効果的に映し出しているように思う。

    もちろんそうした作品はこれまでにもあったけれど、『ムーンライト』の事件性を排した(とはいえ事件は起きる)出来事の連なりの新しさは、貧困や差別の構造がなかなか容易には変化しない日常が継続していく中で成長譚やセンセーショナリズムを慎重に避けながらクィアな主人公が死なずに、恋をし(それも純愛)、生きていく点にある。生きているってとても大事。

    またそうした日常を独特の色彩感覚と構成的なフレームで映し出していて、黒い肌を決して単色ではなしに多彩にとても美しく撮っている。アフリカ系アメリカ人の運動の中で唱えられた「ブラック・イズ・ビューティフル」がホモエロティックに読み替えられることでその理念の本質主義を揺るがしながら引き継がれているようにも感じた。

    貧困層の黒人の同性愛者の極私的な愛の物語を描くことが今のアメリカの現実政治へのカウンターになってしまうというアクチュアリティも含めて、『ムーンライト』がオスカーを今年受賞したことの意味は大きいと思う。公開されたらまた観に行きたい。
    ばんばん
    ばんばんの感想・レビュー
    8時間
    4.2
    好きな映画の一つになりました。これから観るかたに一つアドバイス。これをアカデミー賞作品賞受賞作品だと思わずに観てください。壮大なセットはなく、美しい男女が絡み合うこともなく、「泣ける」映画でもなく、ただただ時間が流れていく映画です。それはまるで人生のように。

    人生なんか思ったようにいくことはなく、それでもどこかで一つだけ自分の中の真実があって、それをだいじにしていければいいのではないか。そんなことを考えさせられました。美しい色と形の映像。ポエムのようでいて、それでいて荒んだ現実も思い知らされます。

    時代は車と家や装飾品で何となく察することができます。巧みな演出。アメリカの黒人の映画として、いかにもアメリカっぽい映像ですが、心の映画として、特に前半部分は邦画にも通じるところがあるのではないかと思いました。古くは「神様がくれた赤ん坊」「菊次郎の夏」など。

    幼少期、少年期、青年期の3つのパートに分かれていて、どのエピソードの、どのシーンも「これ!」という答えがありません。だからこそ、観ているこちら側の思うことがたくさん積もっていきます。幕の内弁当的。その積もったものを誰かと語りたい。じっくりと観てくれた誰かと語りたくなる映画です。(そしてもう一度観たい)

    アカデミー賞作品賞受賞作品だと思わずに、気軽にふらっと観に行ってください。
    ささくれ
    ささくれの感想・レビュー
    9時間
    3.8
    Filmarksの試写にて鑑賞。


    体調不良気味で暗転した途端、序盤で少し気絶してしまいました、、スタッフさんゴメンなさい…

    監督の長編二作目、、それとみなさんの記憶にも新しい、先日のアカデミー賞での作品賞のハプニングなどもあり、世間の注目を浴びることとなった今作です。

    三部構成からなる本編では有りますが、110分超えとは思えないくらい体感時間は短かったです(ど頭に落ちたことを差し引いても、です(汗)

    映像の印象はとにかく色彩が綺麗!

    アフリカ系の黒人さんの肌の色が美しいのです!そしてみなさん骨格もホレボレします…。横顔のラインが素晴らしく美しい…(東洋人にはない美しさが有ります)

    本編は学校で日々いじめにあい、ドラックに溺れる母親の下で暮らす少年シャロンが少年から青年へと成長していく中で、自分の居場所と在り方を模索して行く(これだけ書くと良くあるお話な)のですが、本編はエンタメ作品と賞レースを競ったとはとても思えない、(良い意味で)起伏がほとんどない地味な部類の作品、、大きな感情の動きや出来事が限りなく削ぎ落とされた、とてもシンプルで混ぜ物のないイメージ。

    (モチロン、売人が身近に居たり、母親がドラック中毒だという状況は私たち日本人には稀であり、想像をするしかないのですが…)

    1人の少年の人生を劇的にでもなく、淡々と切り取ったそれでも飽きさせない映画でした。

    公開が始まったら、体調を万全にしてもう一度観に行きます!


    ※再鑑賞後にまたスコア直します
    みーる
    みーるの感想・レビュー
    9時間
    3.3
    ラ・ラ・ランドを抑え、アカデミー賞作品賞を受賞した作品だけに、とても興味を持っていました。

    華やかさも、CGもない地味な作品でありながら、1人の黒人の成長を3時期に分けて描き、黒人社会の現実を淡々と表現した、ジワジワと感動させる映画でした。

    必要最小限の会話と周りの人との関わりの描写で展開するのですが、主人公の心の中の声が自然と聞こえてくるような、計算された演出の仕方は素晴らしいものだと思います。
    また、劇中の会話にも登場し、表題でもあり、ポスターにも描かれている「In Moonlight Black Boys Look Blue」は、何を意味するのか、考えさせられる作品でもありました。

    こういう作品もたまにはいいものだと思いました。
    kassy
    kassyの感想・レビュー
    9時間
    3.5
    本年度アカデミー賞受賞作であるムーンライトをFilmarksの試写会にて鑑賞させていただきました。
    バリー・ジェンキンス監督と同世代という深田晃司監督のトークショー付。
    パンフレットや、一面広告を出した朝日新聞までもらって、かなりお得感のある試写会でした。

    舞台はマイアミ。
    身体が小さく、オカマとイジメられているシャロン。母親はドラッグ中毒。貧しくも、同級生のケヴィンや、父親代わりのフアンなどを支えに少年は大きくなって行き、1人の少年を3つの世代に分けて数珠繋ぎで描いていく。

    オール黒人による、LGBT、貧困、イジメ、ドラッグなどテーマ性が強い作品。ですが、基本的にはとても淡々としていて、そこにある現実として受け入れられる話になっています。特にドラマチックな演出もないのですが、カラーリストによる黒人を生かすための緻密な色彩の演出が印象的。ラ・ラ・ランドの華やかな色彩とはまた違った色彩の使い方で興味深かったです。

    1つの作品としては、少年の純愛物語という印象でした。
    父親代りだったフアンに「流されるな、自分の生き方は自分で決めろ」と言われたものの、おとなしく、引っ込み思案なシャロンはおそらく流されて生きてきて。
    鋼の肉体で武装してみても、自己は子供の頃から解き放たれてなくて。ただ、その中で自ら選んだのは、多分恋だったと思うんですよね。
    「月が綺麗ですね」というくらい、直接的な言葉の表現はなく、ものすごく奥ゆかしい恋物語。海辺のシーン、ダイナーのシーンはもどかしいほどに奥ゆかしい。
    ここまで繊細な黒人映画はなかなかないのではないでしょうか。そう言った意味で新しい体験をさせてもらった感じがします。

    トークショーで従来のブラックムービー的な、わかりやすい黒人的な表現は避けて、ドラマチックな表現も避けて、とてもストレートでシンプルな映画と評されていたのがまさにでした。
    マハーシャラ・アリは24分で助演男優賞でコスパが良いって言葉は面白かったです(笑)
    ろみ
    ろみの感想・レビュー
    10時間
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    試写会にて

    ブルーってなんて切ない色なんだろうと思わされた
    自分がゲイということをひた隠しにして(おそらく)、裏社会でのし上がれるものなのか、母親が最終的に自らの非を認め謝罪して和解するまでの流れ、等に違和感を感じつつも、俳優たち(特にリトル・シャロン・ブラックとそれぞれのケヴィン)の演技に感動したし胸がキュンとした
    ふたりの会話はずっと聴いていたいくらい素敵だった
    ウォン・カーウァイ的なシーンがたくさんあり、大人ケヴィンが煙草を吸うシーンには唸った、セクシーだった
    なつ
    なつの感想・レビュー
    10時間
    4.0
    試写会に行きました。
    上映後の深田晃司監督のトークショーも素敵な時間でした。そこでのお話も交えながら書かせていただきます(^^)

    予告編も一切見ないで先入観無く観て良かった。

    バリー・ジェンキンスの長編2作目。
    第74回ゴールデン・グローブ賞作品賞受賞。
    本年度アカデミー賞作品賞・脚色賞・助演男優賞の3部門受賞。
    作品賞取ったのは時代だなあ。

    原案は「In Moonlight Black Boys Look Blue」という短い戯曲。マイアミ在住の劇作家タレル・アルバン・マクレイニーが自身が指導する演劇学校の授業の題材として作ったものだ。

    マハーシャラ・アリは短い出演時間ながらも、納得の助演男優賞。ウォルター・マーチが書いた『映画の瞬き』という本で「目は魂を見せる窓」だと語っており、まさにそれをやりのけている。全体に言えることだけど、目のお芝居の印象が強く残る。台詞で内に抱えているものを悠々と釈明したりしない。

    低予算映画で撮影期間は25日。低予算の中でのお金のかけどころが良かった。基本的に順番通りに撮り、ナオミ・ハリスのシーンはビザの関係もあって撮影期間最後の3日にまとめて撮ったという。彼女のジェットコースターみたいな演技には感服するし、人物の汚し方が徹底している。

    アートフォームはストイック。当たり前だけどすごく計算されている。そして、勇気がある。私が好きな映像主義。色彩加工をかなり加えている。黒人の肌をいかに輝かせるかの技巧が面白い。海で泳ぐシーンが一番好き。画そのものやフレーミング、カメラワーク、響く音、総じて美しい。このシーンのためにもう一度劇場に足運びたいと思う。映画館の大きなスクリーンで観たい画だ。

    ブラックムービーの城壁を壊している。政治性や差別を題材にしているわけではなく、当たり前の背景として描いていて、不思議で新しい。描いているものは恋、思春期など、普遍的な感情。また、ありがちに流れたり。

    とにかく劇的な瞬間を避けている。劇的なものや感情があがることをクライマックスにすることはやりやすい。しかし、それをしない。ドラマティックに感情を強く吐露したりしないシンプルな構成。そして、センスが良い。
    劇的な瞬間を描くことがリアルに近づくわけでは無く、そうしないことがこの作品のリアルであり、111分は成長物語ではなく、ただ時間が流れていく。距離感が丁寧で上手い。
    時間の飛び方、省略の利かせ方が面白い。

    音楽の使い方に、はっとさせられる時間がある。大音量の低いビート音が体の芯を振動したり、刺激となっている。終盤の音楽のセレクト・演出にはもうお手上げ、やられた。

    深田晃司監督がおっしゃったように、観る側の熱量が重要な作品。

    、、、って感じで、初めてレビュー書きましたが、ちょっと偉そうになってしまって恐縮です。長文読んでいただき、ありがとうございます(^^)
    Milkiti
    Milkitiの感想・レビュー
    13時間
    3.8
    元々ラ・ラ・ランドより見たかった作品。
    試写会当選・ありがとうFilmarks!
    賞だ何だの評判は今まで全く興味なかったけどこういう作品がアカデミー賞取るなんて、選考委員会の基準が変わったのか、時代が変わったのか。素敵な事だと思う。

    黒人版ブロークバック・マウンテンって評価があるけどこっちの方がだいぶ好き。演者の演技がそれぞれよくて、言葉も少ない。目、表情で読み取る構成。
    シャロンは自分の性について、一言も述べてないところもこっちに色々想像をさせていいんだよなぁ。
    ラストのあまりにしっとりしてるとこも、焦らされてこちらが悶々する。

    しかし、さすがにこの成長っぷりには驚きしかない(笑)
    ポスターが秀逸。実は映画観るまでコラに気づかなかった。
    こちらに委ねられる部分も多いから話題性で見に行くんじゃなく、しっかり映画を見るぞって心構えで観に行ってほしい。
    たまにドラマで見かけて、なんか好きだったマハーシャラ・アリ。今回も好きだなぁ。この人。と思って観てたんやけど賞取ってたのねー。納得。
    こう言うところに賞持って来るってやっぱりアカデミー賞どうしちゃったんやろ???

    まさにEvery Nigger Is a Star ♪
    音楽も黒くて最高。
    Cheerios
    Cheeriosの感想・レビュー
    13時間
    3.5
    ユーロライブでの試写会、参加してきました。

    すごく静かな映画でした。
    観客側に色々考えさせる映画
    でも、すごくシンプル
    難しいけど、分かりやすい
    そんな印象でした。

    それぞれが、それぞれなりの問題を
    抱えつつも、一途に誰かを想っている

    多くの問題を提示してくれると同時に
    そんな素敵な想いがつまっている
    笑顔というより、微笑みを与えてくれるような
    映画でもありました☺