ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

haikei

haikeiの感想・評価

4.0
三人が演じる本来一人であるはずのシャロン、変わるものと変わらないもの、このフライヤーは見事。観てからしばらく経つけど、今日もシャロンのことを考えてる。
おりこ

おりこの感想・評価

3.4
途中でマブダチとあれしてから、アレッこれこういう映画なの!?って、それからガチムチに成長しちゃうから(何せ居間で見ていたので)色々怖かった笑 ガチムチはやばい。前半出た売人格好良かった…!
anju

anjuの感想・評価

5.0
ストーリーは地味
内容はちょっと過激
最初から最後までどの映像も構図とか、色の配置が美しすぎる
鳩島

鳩島の感想・評価

-
色々な問題が優しく包まれていた
メロディーにのせられる会話、音楽のようだった。音で隠す感情と拒絶と不安、繊細だなと思えた。
選ぶ言葉と考え方が綺麗だった。そのおかげで汚さがわかりやすくなっていた。

日本は黒人差別という意識あまりないので言われてるわりにはどこがすごいんだ?てなるかなあとも
少しネタバレあります。

少年シャロンが青年になるまでを描いた作品。
黒人社会の中でもマイノリティな狭い世界の中でシャロンが生きていく様が、強烈では無く、淡々と描写されている感じ。

映像は極めて美しく、音楽も素晴らしい。
すごくパーソナルな感じもするし、現実を鋭く描いてる感じもする不思議な作品。
エンディングは観ている者の解釈でいかようにも捉えられると感じる。

この作品は観ていて答えの無い部分もあった。
例えば、父親代わりであったフアンは何故死んだのか。
シャロンはどうやって麻薬の密売人になったのか。
シャロンとケヴィンはその後どうなるのか。
など。

静かなエンディングを迎える中、様々な思いが巡るドキュメントだった。

マーシャラ・アリ…素晴らしき名演。
yoshi

yoshiの感想・評価

3.7
リトルがマジで甥っ子にそっくりで、より可哀想に感じてしまった。
ttm

ttmの感想・評価

3.0
セリフの少なさを補って余りある、弦楽器の音色
シャロンの成れの果て、貧困から抜け出す唯一の道に見えてしまってつらい
ムキムキで金歯になっても車を持っても、怯えたような仕草は幼い頃のままで、胸が苦しくなる😢
アノン

アノンの感想・評価

3.5
昨年のドタバタなアカデミー賞で作品賞を受賞したムーンライト。

ストーリーに関する前知識はあまり無かったため、LGBT作品だったことに驚きだった。

でも「アカデミー賞を獲得した映画」という印象が強く期待値が高すぎたため、空回りしてしまった。

予告や宣伝でも「激しい差別」などと、少し過大しすぎた表現だったので構えて観てしまった。

"差別"というより"イジメ"の言葉の方が合うのではないか。

正直私は断然"ララランド"の方が好きだった。

今の時代だからこその作品賞なのかなぁと。

内容について触れると、マハーシャラ・アリが死ぬほど良い役してた。
最終形態のシャロンの姿には感動した。
ブラピの映画会社であり、オスカーの常連でもあるPlan Bの作品。
最近の映画界では『マンチェスター・バイ・ザ・シー』もそうだけど、観るものの想像力をかきたて、静かに淡々と展開していく映画の活躍が、目立つと感じる。
超高級ワインの様な、通にしかわからない深みみたいなものが感じられる映画。
クラシック音楽が流れる映画にハズレなし!
nana

nanaの感想・評価

3.3
俯き加減の少し切ないような表情は三人とも共通していて、みてるこっちも辛くなった。

青年、大人になったリトルにとってフアンはどんな存在だったのか。もう少し描かれてもよかった気がする。

なんだかわかったような気持ちと、完全には理解できていないもどかしさが自分の中で相待っている。