ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

まちゅ

まちゅの感想・評価

4.3
早くレビューを書こうと思えた作品!
ストーリーの組み立て方、メロディー、映像、すべてが綺麗で切ない。どう表現して良いのかぴったりな言葉が見つからないけど、人によって感じ方が変わる作品だと思います。
私はずっと切なかった。
最後、もっと観ていたかったと思った、好きな作品です。
YutaMaeda

YutaMaedaの感想・評価

4.0
音楽や映像が好きだった、内容は人種差別、LGBT、貧困、麻薬等社会的なテーマがあるんだけどそれよりも、主人公シャロンのパーソナルな部分に触れる作品で理解するのは難しいんだけど描写諸々好きな作品。
ももり

ももりの感想・評価

3.8
終始暗いけど、主人公それぞれがとても魅力的で丁寧に描かれてる。
シャロンのあの表情が忘れられない、、
ララランドを越えたのもとても納得です。
語らずして語る映画。

一方が「女マインド」を持った男同士の恋愛ならまだ切なくなさそうだけど、両方が「男マインド」の恋愛は切ないなと思った。

字幕で見た方が良かったなと思った。
りほこ

りほこの感想・評価

4.0
やっとこさ、話題の映画を観れた!
課題(視されることが多いもの)が多すぎて結局ふわふわしちゃってる。

この人種だから、貧しいから、同性愛者だから"かわいそう"って概念
そろそろなくならないのかな。
これだけ多くのメディアで発信されてるのに
未だにこのビジネスは、同情で成り立ってる気がする。(あくまで個人的な実感)
"面白いから" "良いと感じるから"
それだけの理由で選べないのかな。


フェアトレードや環境、人に配慮した商品にマークをつけるのは簡単だけど難しい。マーク自体の規定を付けて作って普及するのは簡単だけど、実際それを商品につけるか否かだと別問題。マークの承認をしてしまうと、もし抜け目があった時企業側の落ち度になり社会的信用を失ってしまう。だからマークを付けずに自社で発信する企業がある。
他方であえて発信してない企業もある。
"かわいそう"じゃなくて"あ、これいいね"で買ってもらうために、
接客ではあえてそういった言葉を使わない。
ビジネスとして成り立つことが、
何よりの貢献になり持続可能性が高まるから。

モノだけじゃなくて、人の価値観だったり芸術的なことに応用できないのかしら。
今ならアジア映画がすごく発展してる。"良作やニーズに合ったものは売れる"これが成り立つのが、本当に資本主義なはず。

社会にはきっと潜在的で、知る由もないような問題や課題がたくさんある。ただ問題を顕在化させればいいか、そう言うわけでもない。問題を見つけて、近くで寄り添えばその人やモノにとって良いことになる(と言われている。NPOとかボランティアが当てはまる)。でもそれって内輪に収まってしまわないかな?ボランティアをしていい気分になったり、自分が体験したこともないような悲惨な状況や悲しい出来事に触れたりするのは、学びになるし刺激的かもしれない。ただ興味本位で部外者が関わるのは迷惑でしかない。寄り添うことにならなくてもそれでも誰かが向き合っていくことが必要不可欠だと考える。内輪の人にとっても外からの影響で何か救われるかもしれない。 憶測でしかないけど、むしろ"そうあるべき"って確実なものはないからこそ、手探りでやっていくしかないんじゃないかなぁ。そうやって寄り添ったり向き合ったり、色々なメディを通して外から知ったり。
社会や環境が変化して、人も、
流れが早い時こそその真ん中でどしんと構えて全てに対応できたらいいのに。
夜の海は静かで波も穏やかだから、きっと2人にぴったりだね
Herara

Heraraの感想・評価

4.4
愛の映画だと思いました。

ムーンライトのポスターが主人公を演じた3人の顔でできていると友人に教えてもらい鳥肌がたったのを今でも覚えています。

物語は1人の黒人少年が成長していく3部構成となっていて見た目とか全く違うのに仕草とか雰囲気が同じで、シャロン少年は大きくなってもシャロンなのだと強く思いました。

台詞のない時間が心地よく、心の声が伝わってくるようでした。
多くを語らないのがとても良かったです。
重い内容だと思って一歩距離をおいている方は、一歩踏み出してみてください。そこには愛があります。
映像も美しいです。

他の黒人奴隷の映画を見てムーンライトでも使われていた謎の単語がなんなのかわかりました。そうゆう言葉と考えが今でも残っているようなので今こそ見なくてはならない映画の一つだと思います。
Huluの配信で鑑賞しましたが、これは映画館でみたかったなと後悔です。
感情の伝え方が素晴らしく上手い映画だった。会話自体はそこまで多くないが、ここまで感情を揺さぶる映画はなかなかないと思う。

このレビューはネタバレを含みます

当時映画館で観た時あまりにも音楽と波音が心地良すぎて寝てしまった!なんて勿体無い事をしたんだろう。
この映画は周りの環境に馴染めずどうにかして溶け込もうと自分のアイデンティティに嘘をついた事がある人なら誰しも思い当たる所がある作品だと思います。青の使い方が印象的で自分はこうであることを決めるシーンは青が増えている。 パトカーに連れて行かれるシーンでシャロンが真っ青のTシャツを着ているのに対してケビンはグレイのTシャツをきている ケビンは周りの環境に流され自分のアイデンティティに正直に慣れなかった、、、
そういったディテールに目を向けると 結構短い時間で映画が終わります 本当にこんなに繊細な映画は見た事が無いです。
MARU

MARUの感想・評価

4.0
シャロンの繊細な心を表現するそれぞれの時期の役者さんが凄い!
krdb

krdbの感想・評価

4.0
美しい色遣いの映像とゆったりしたカメラワーク、そして全編を通して主人公の表情で魅せる演技がとにかく素晴らしかった。