ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

Y

Yの感想・評価

3.5
学校で周りからいじめられ、オカマ、と言われてもオカマの意味が分からない少年。唯一の親友。薬中の母親。黒人差別。
終始テンション低めな展開、同性愛やマイノリティを描いているけど、言いたい事がもっと沢山あるのかも。難しい。
最後の浜辺のシーン好き。
joypop

joypopの感想・評価

3.5
ん〜日本人にはあまり身近じゃない題材の作品なんで感情移入し辛いと思った。

リトル時代のシャロンはカワイイけどね。
アサコ

アサコの感想・評価

3.7
すごく難しいというか多分あんまりピンと来る部分がないというか。
私にとっては何となく遠い国のお話、なんだと思います。
黒人コミュニティ、麻薬、日本で暮らす私にとっては縁がなく現実として捉えにくいところがあります。
それはこの作品が映し出す画がとても美しいこともあったと思います。
静かで深い青が心に突き刺さるというか。悲しいけれど愛に満ちたブルー。
とにかく綺麗でした。

シャロンがゲイである、という描写が出てきたときにびっくりしました。
かといってそこにスポットを当てた作品ではないのですが。

個人的にはフアンの優しい眼差しが印象に残っています。
そして3つのパートをそれぞれ別の役者が演じているにも関わらずシャロンの目の雰囲気が一貫していたことも素晴らしかった。

うまく言葉に表せないですが悲しいけれど心地いい、そんな作品です。
もう一度観て深い愛にどっぷりと浸かりたくなります。
ばし

ばしの感想・評価

3.9
少年期、青年期、成熟期と時間が進む中、自分の居場所を模索し続けるひとりのマイノリティの話

難しかった…整理に時間がかかるタイプ

まずカラーリストによる色彩編集でホントに最初のシーンから見た事ない黒人の肌の美しさに驚き、暖かく照らす時も青く照らす時も常にその美しさがそばにいる感覚

ストーリーも単純な肯定には至らない、各々の感想が違うタイプな感じで、見た人の今までの人生によって響くポイントが変わると思う

マイノリティ+環境や待遇の悪さも合間って自分を出せる場がないままずっと彷徨い続けていた時に訪れる親友との浜辺のシーンは初めて(お互いに)心が触れ合う瞬間が
描かれていてすごく印象に残った

過剰なドラマもない分これが本当なのかな、と感じた。どこまでいっても自分は変えられないし、それでも生きていく場所を探していくしかないんだ、という感想を持った
1幕、2幕は映像の綺麗さ鮮明さみたいなものが印象的
3幕は反対にそれを見せないことで現実感を出したのかな
心に残るってよりその瞬間にその美しさを味わう作品のように思えた、余韻というか後味はほとんど残らないみたいな

ケビンとの浜辺のシーンは美しい

前半めちゃめちゃトイレに行きたかったのでもっかい落ち着いてみたい
まよい

まよいの感想・評価

4.1
学校でも家の中でもシャロンの居場所がなくて、アウトローなはずの売人のお兄さんと彼女だけがまともにシャロンに親切にしてくれることに救われる
お母さん結構酷いこというけど時々正気になるし一概に突き放せない…シャロンにとっては唯一の家族だし…

ケビンとの月明かりのシーンは本当に幻想的だった
まさかその思い出だけで現代パートまでシャロンが生きてきたとは…
環境や生い立ちが悪かっただけで、シャロンは本当に優しくて一途で愛おしい

最後はこれからが始まりと言わんばかりだったけど、希望の持てるいい終わり方で好き

話題のララランドを押しのけてこの作品がアカデミー賞を取ったことはなかなか感慨深いと思った
ST

STの感想・評価

3.5
愛されることを知らずにいたんじゃなくて、愛することに臆病だった男の話。

環境や生活はきれいでなくても、そこに差し込む色はとてもきれい。シーン毎の色使いがとても印象的。月夜の海に照らされたら青にみえる。映画のタイトルがすごく意味をもっている。

同性愛をテーマにした映画なのだろうか。そうではないように感じる。

最後、そしてこれからが幸せであればいいなあと切に思った。
RihoImai

RihoImaiの感想・評価

3.7
美しさと虚しさ。音楽もよかった。
ただ、立見がきつかった。また観たい映画です。
chi

chiの感想・評価

4.0
色の美しい映画。白、黒、青色。
重い題材とは裏腹に、映画に流れる空気は一貫して澄んでいる印象を受け、その空気感が繋がるラストカットに胸が震える。
この映画に纏わるエピソードすべてに希望を感じるのもすごい。
はろぅ

はろぅの感想・評価

3.5
逃れられない環境の中を生きる男性を追ったドキュメンタリーのような作品。主人公の子供時代、青年時代と演じていた役者さんの演技が良かった。

特に良いと思った所は、説明下手な自分でもある程度説明できるくらいわかりやすい流れのストーリー。
ただ、どの場面も印象的で思い出す事ができ、逆にまた見たいと思わない。

良かったと思うけれども、あまり好みではない映画でした。