ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 31ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

黒人同士ってニガって普通に呼ぶんだね。。絶対使っちゃいけないワードと思ってたので目から鱗でした。
映像がキレイと言われていたけど自宅WOWWOWだったのでよくわからず残念だった。
月明かり 波の音 美味しそうなキューバの料理 ハッパの吸い方 悲しそうな表情
余韻が良い映画
snorlaxxx

snorlaxxxの感想・評価

2.8
環境が違いすぎて残念ながら響かなかった。映画というよりドキュメンタリーの様に見えた。
Kei

Keiの感想・評価

3.6
貧しい黒人でゲイ。
マイノリティとして生きる男の幼少からの人生を丁寧に描いた映画。
差別と暴力とドラッグ。
ムーンライトというタイトルにいろいろと考えさせられるが、日本人にはなかなか理解出来ない部分が多いなぁ。
黒人にも色んな性格がある、当たり前なのだろうけど考えたこともなかった。
映画の流れは緩急あるが、全体的に雰囲気は暗く、見終わった後感動などは残らなかった。自分とは育ちが違いすぎて主人公に共感できなかった。
shu_

shu_の感想・評価

2.5
リトル、シャロン、ブラックの3部作、救いようの無い人生の中に、たった一掴みの愛が欲しい。でも、なかなか届かない。裏切り、傲慢、イジメ。でも、その中で経験した、たった一つの愛は、ずっとそのまま大切に生きていたい。
と言う作品でアカデミー受賞したが、自分には特殊な恋愛なので、なかなか理解できない事が残念。
🎬
「ムーンライト」
思っていたテイストとぜんぜん違った、でもしっかりじっくり味わえた気がする。

おばあちゃんのルールだ、“ぜんぶ食べたら、ちゃんと話して”
少年期の「リトル」、思春期の「シャロン」、青年期の「ブラック」が描かれるこの映画。そのなかで傷ついた彼は誰にもなんにも言わないが、そのたびにおいしいワンプレートと暖かい人の言葉に救われている。そのシーンがとても印象的。

青と赤。
無機質なばかりの白に、全てを包み隠す黒。
「リトル」の心を解き放つかのように壁をぶち破って現れた新世界。
「シャロン」章のだいじなシーンで月明かりの下で語り合ってるが、そこではもったいぶって最後の章でやっと映し出される真っ白な月。
心の揺れを映し出すような手ブレカット。
最後に対峙するシャロンとケヴィンの間に映る、ケヴィンの娘の落書き。

各章のラストカットがどれもこれも素晴らしかった…

ちょっとウケたのは、ティーンエイジャーの彼がトラブルの後に女校長に呼び出されたところ。
偽善的な言葉をつむぐばかりの滑稽なキャラクター、デフォルメしたような「いかにも」な風貌で。こういう外見って日本も欧米も変わんないのかと面白さを感じるとこ。

あっ、個人的にナオミ・ハリス断然良かった!

うーん、それにしても、良かった。ちゃんと染みてくる映画でした。

この映画のなかに入りこみたかったんだけど、いかんせん、前列の若そうなカップルがいちいちデコくっつけてチューしてるもんだからそこに爆笑してたらちょっといろいろ抜けてる気がする。
主人公の呼び名「リトル」に呼応するような、繊細で守ってあげないと、と思わせるような映画。
LOGAN

LOGANの感想・評価

3.3
WOWOWで鑑賞。
期待しすぎた部分もあり、あんまりしっくりはこなかったが、色々考えさせられる作品だった。
でも、人間一人ひとりの個性を大切にする。ゲイの人もいる。ただそれだけ。
それだけのことでその人をいじめるなんて嫌な世の中だと思った。
ケヴィンがいい人すぎるね
Lue

Lueの感想・評価

3.9
こんな描き方があるのか
とても美しくて良い。
ひとりでも誰か愛してくれて心を許せる相手がいるだけで人は生きていけるのかなと思ったり。
人生で心から愛せる人に出会うことって何回あるんだろう