ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 31ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

げんき

げんきの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

すごい”今っぽい”と思った。
黒人、LGBT、というテーマ。色彩、背景のぼかし、ピンポイント焦点、逆光で絞りを開いた幻想感、人物のシャープな輪郭、レンズフレアやゴーストの多用、窓や光の反射、使われる音楽。
現実を切り取って、目では見えない現実味のない世界に作り変える。
カラーリスト
後ろ姿、音の消失

過ぎた歳月の空白を補完しながら前へ進んでいくストーリー、そして編集と構成。

水泳のシーンでは自分も海面に浮かんでいるような浮遊感を感じ、夜には画面いっぱいに「空・海・黒人」の青が映し出される。全て青い。地球の一部。
3つの時期に3つの海。幼少期には水泳、少年期には砂浜、青年期には波の音と幻。官能的な砂浜

コミュニティ形成やセクシャリティ
「周りに左右されるな」というフアンのようになる青年期
父代わりのフアン・薬の売人を通じて母を見つめ直す

問い詰めるフアンだが、シャロンが質問すると、たちまちフアンはその返事に詰まり、立場が入れ替わる。

『ゲットアウト』の時も感じた、黒人女性の目が笑ってない笑顔のアップはキツイ。

ポスターのデザインはそういうことか
2017年Christmas Eve
ララランドと迷ったが、吹替で観ました。

#Filmarks2017にし、ベストムービー1位にも。

とにかく美し過ぎた。

もう一度字幕でじっくり観ようと思うのでレビューは後ほど。
NAITO

NAITOの感想・評価

3.1

3つのチャプターから成る1人の男の話。全編に渡り特に派手なギミックや演出はほとんど存在せず、淡々としている。

チャプター2のラストにあたる海辺のシーンを筆頭に映像が美しい。被写体と相反する女性的なカット割や演出が丁度いい塩梅。というか、LGBTを題材としつつも、その「女性的」というレベルに抑えている印象。海にまつわるシーンのライティングやグレーディングが絶妙で、タイトルの通り、映画としてのフィジカル的な意味でもメンタル的な意味でも、目立って照らされない影の部分に注力した作り方は、どこか日本映画的かもしれない。

個人的に好きな映画ではないけど、これもひとつの「映画の形」かと思う。
ryo

ryoの感想・評価

4.0
美しく儚い。
でも前年のアカデミー賞での人種差別問題が無ければ、本作のアカデミー賞はなかったのでは。
それくらい柔らかく緩やかな映画
HiromiNoma

HiromiNomaの感想・評価

3.0
色々素材を並べたのにどれも上手く調理出来なくて、消化不良な感じ。
同性愛、いじめ、麻薬、黒人差別などあまり扱いたくないテーマをめいいっぱい詰め込んだ作品
シャロンの少年時期で、聞かれても何も話さないところや反応の仕方からして、そりゃいじめられるわと思った。
あと友人の存在は結局なんだったんだ ←いなければ話が始まらないけど
最後の少年時期に戻って月を見上げるシーンは意味ありげだったけど、ちょっと自分には理解不能。
Maiko

Maikoの感想・評価

3.8
作品賞に選ばれたということで。
感想を言うのが難しい、、、、
この短い時間にすごく色んなことが詰まってる
一

一の感想・評価

-
素晴らしくて美しい。仕方のない現実から解き放たれる海、浜辺、波の音、なんてロマンチックなんだろう。
Manon

Manonの感想・評価

-
俳優さん達の目が焼き付いて離れない。
年齢も顔も違うはずなのに、眼差しと俯き方が同じで、リトルもシャロンもブラックも3人共確かに同一人物だった……


音楽が印象的な部分もあったけど、言葉より何より視覚に訴えられる。

勢いよく開けていく学校のドアの青、青、青、
感覚イメージ的にも海や氷水と青を連想させるもの、とにかく色んな青が重なっていきます。
そして一番印象深い青……

母の強いピンクも青みが強くて、
おうちの黄色がレモンイエローだったり、
色んなカラーが対比されてるようで全部統一感があった気がします。

色彩にコントロールされました。
言っても普通。

アカデミー効果で観賞するも、そもそも好きなジャンルではなかった。
見る人によって評価がわかれそうな作品。
人種。
セクシャリティ。

ただし私はもう一度は結構です。