ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 31ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

yahhotaka

yahhotakaの感想・評価

3.7
リトル、シャロン、ブラック、幼少期から大人へ、3部構成毎に配役も変わる。それが3人とも似ていない。わざと。呼び名とともに外見もかなり違うイメージを出すための3人の配役だった。
呼び名、外観が全く変わっても、内面の本質は何も変わっていない事を強調するために。
そんな感想を持ちました。
よく考えないと見逃す映画です。
keitaro

keitaroの感想・評価

3.8
撮影も音楽もセリフも大好き
餅

餅の感想・評価

3.6
黒人、同性愛、貧困という要素を主題として過剰に描き過ぎないバランス感覚がクールだった。

ヤク中の母親は主人公の苦しみの元凶だけど、さらなる元凶でもある売人が代理の父として機能し、チャプター3では同化する。それを負の連鎖という風にはみせず、単に主人公の社会的・肉体的な成長として見せる。

マイノリティをテーマとして扱うと政治的な意味を持ちやすいのに、道徳的要素は持ち出さずに、ある社会(それが偶然に黒人の貧困層であった)の人間(同じく偶然に同性愛者だった)を知的にかつ芸術的に表現した美しい作品。
ぺたえ

ぺたえの感想・評価

3.6
なんか見たことある…
歌ってる人だと思う…
ジャネール・モネイ!
小林

小林の感想・評価

2.6
わからん
Mephisto

Mephistoの感想・評価

4.0
母親のドラッグ依存、いじめを受けてること、ゲイであること。

主人公を取り巻く生活環境は決して明るいものでは決してない。ある事件がきっかけで街を離れて生活する青年期の主人公の面影が幼少期に手を差し伸べてくれる麻薬売人に似ていたり、その人の愛車を使ってたりして主人公の中に幼少期に面倒を見てくれた麻薬売人の姿が重なり、主人公の中で生きてるんだなあと思いながら見ていた。あまり関係ないけど笑。

生まれ故郷に戻って、青少年期に好意を寄せる友人に会ってジュークボックスの音楽をかけるシーンが印象深い。


愛するって自分の感情のベクトルと誰かの感情のベクトルが合わさるんだから、忘れようとしたって簡単には忘れられないよね。
青少年期から青年期と主人公の外見の大きな変化があっても、心の中にはずっと一人の存在がいたこと。

本当にそのことが素敵だと思った。

そして、この映画の全てが愛の物語だと思った。
誤解を恐れずに感想を言うと、「何で今更この映画が評価されたんだ?」という感じ。悪い映画ではないし描写も静かで美しいんだけど、題材とか筋が使い古されたものでしかないしウオ!となるようなシーンもない。
アカデミー取ったし話題だったから観た、それ以上でも以下でもない映画。
やまち

やまちの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

世界でも”最下層”の地域に住む、黒人の男の子 シャロン。

学校でもイジメられ、家に帰っても薬中の母親の存在。

イジメられている理由は”ゲイ”であること。

「オカマって何?」とフアンに問うところを見ると、自分がゲイだとは気付いていない。

そんなシャロンに良くしてくれるフアンも母親に薬を売っている。

「ドアに背を向けるな、後ろから襲われるぞ」
子供にそう教えなくてはいけない治安の悪さ。

家に帰れば薬を買うために金を寄越せという母親。

もう何もかもがメチャクチャ。

「泣きすぎて自分が水滴になりそうだ」
そういう環境の中で ケヴィンが居てくれてどれだけ助かるか。

そんなケヴィンが仲間に言われてシャロンを殴る。
なんで。
倒れたら終わりなのに、立ち上がるシャロンもなんで。

でもこの事件をキッカケに、シャロンは変わった。

ケヴィンに裏切られる ってのは
最後の頼みの綱が無くなるのと同じで物凄く心に来たんだと思う。

1. Little 2.Chiron 3.Blackの3部構成。
なのに、1と2の転機であるフアンの死、2と3の転機である逮捕が
全く描かれていない。

こういう描写の仕方もあるんだなぁ...。
個人的にはフアンが好きだったからもう少し...
でも、想像に任せたのかな。

シャロンも薬の売人をやっているという事は、フアンとの過去は良い物だったんだという解釈でいいのかな??
それなら嬉しい。

母親が今更「愛してる」っていうのは都合が良すぎだろ。
「私の事は愛さなくていい、必要な時に愛を与えなかったから」

そんなのズルイよなぁ...。


月明かりに照らされると黒い肌が青く見える。
フアンの死、少年院に行って大きく変わったシャロンの人生。
また、シャロン自身。

一方で ケヴィンとの関係。

「売人をやっている」
どこかでケヴィンは自分のせいなんじゃないかと思ってるように感じた。

変わっていく物と変わらない物。
変わってしまう物、人の方が圧倒的に多いのが人生だと思うけど

「どうか変わらないで」と思えるものを大切にしようと思った。
めちゃくちゃ静かな映画です。

主人公シャロンの葛藤がよく観れます。
成人期とか見た目めっちゃイカツイけど、目が優しいよ笑
あと俯くとこもシャロンのまんまです笑

嫌いじゃない映画。少なくともララランドよりは好きかなぁ。

#TSUTAYAアカデミー賞
shima

shimaの感想・評価

3.6
映像の色味がとても美しくて好みです。人物の感情が静かにこぼれ落ちていくその様子を、両手で受けとめてじっと見つめていたい作品。複雑な余韻が何度も押しては引いていくような、忘れられなくなる映画だった。