ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

suzumaiii

suzumaiiiの感想・評価

5.0
ちょっとこころに余裕があるときに観ようと先延ばししていたムーンライト。
最高でした。
2016ベスト10を超えて1位かも。
子供時代のカメラワークにまずやられた。芝生の匂いがしてきそう、海のシーン息苦しくなる。全部のシーンが迫ってくる。
でも考えさせられる問題提起があまりに多くて、途中で頭を抱えたくなった。
そしてセリフがないシーンの音楽と沈黙の間の扱いがすごい。
明日もっかいみよ。
moirai

moiraiの感想・評価

3.5
前半と後半で、主人公シャノンの外見がかなり変わるので驚いた。(とくに歯が、、)

話が進むと、変わってないんだなって思う仕草もでてきて、実際は内向的なままの彼を見ていると、自分に黒人男性の役に対する先入観というか固定観念があるんだと気づかされた。

2人の関係はその先が見たかったー
まさかとは思ったが衝撃的だった。アカデミー賞作品賞は納得だ。

なんだか切ない気持ちになった。

映画のポスターは左から幼少期、少年期、青年期になっているのか?だとしたらすごいマッチング笑
なんて言ったらいいんだろう。
なんだかとっても切ない気持ちになった。彼のどうにも出来ない環境の中で見えた一筋の希望、一筋の月明かりのようにふんわりとなんとも言えない感情を残して。
なんと、切なくて美しい映画でもだろう。そして彼の目がとても忘れられない!
それぞれ別の人が演じてるのに一貫したあの瞳!!
あゆ

あゆの感想・評価

3.5
なるようにしかならないけど、なるようになる。
苦しくてもさみしくても涙が止まらなくてもいじめられても誰も信じられなくなっても、それでも誰かを愛したい愛されたいな
生まれてきた場所によって幸せや
辛さが変わるのだろうか
子供の頃の環境は人を左右すると思う
必ずしも辛いからと言って悪いわけでもないし
満たされてるからって良い訳でもない

私はどうだったんだろう
両親もいる、住む場所も自分の部屋もあった
貧困と言うほどでも無く裕福と言うほどでもなかったように思う
兄にかなりイジメに近い事をされたがそれ以外は
至って楽しくやっていた
家族愛を肌で感じるほどでもなかったし異性からも特別何かがあるようなこともなかった
長い間片思いをしていた、これはかなり辛かった
結果は勇気がないまま県外に
シャロンからブラックへリセットしたかったのかも
今も多少のプレッシャーを感じつつそこそこ楽しく生きてます。
ほり

ほりの感想・評価

-

どんなに時間が経っても、どんなに見た目が変わっても、初恋の人の前では俯きがちで言葉数が減る。どの時代の役者さんも素晴らしかった。
m

mの感想・評価

3.9
シャロンの「泣きすぎて溶けて水滴になりそうだ」で泣いてしまいました。ケヴィンが想いを受け止めてくれたあの瞬間が光で希望で全てで、本当に眩しくて尊かった。
じんわり静かに沁み入る良さがありました。成長しても表情や態度から面影が垣間見えるのに感心しました。
Hiroko

Hirokoの感想・評価

4.0
じんわりと沁み入る映画。

「アデル、ブルーは熱い色」が失恋の映画だとすれば、こちらは純愛の物語である。凍えるほどの孤独を抱えた人しか希求できない「愛情」への渇望である。

また、アフリカン・アメリカンの文化、特にその男性的な部分へのひとつの回答でもある。対照的に人間の繊細な、深淵な部分を見せてくれる。

こういう映画がアカデミーとるのは、さすが。
ゆと

ゆとの感想・評価

3.7
色んなテーマが含まれてると思いますが、私は純愛映画だと思いました。色んな闇があるから、逆に純愛が浮き上がるような感じを受けました。

成長していっても、垣間見えちゃう雰囲気とかで、ちゃんと同一人物に見えるところがすごい。