ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・レビュー

    doji
    dojiの感想・レビュー
    7時間
    -
    ぼくたちにはだれにも言えないような秘密があるくせに、だいたいのひとが多かれ少なかれ似たような秘密を抱えてるに違いないと思ってる。でもそんなものは幻想で、だれ一人として同じかたちをした秘密を持つものはいない。

    主人公が抱える秘密は、「エブリィ・ニガ・イズ・ア・スター」の煌めきすらも届かない場所にあるものなのかもしれない。それを目の当たりにさせられた観客は、ひとつの幻想が壊れていく感覚をおぼえる。ぼくたちはだれ一人として秘密を共有することなんかできないし、そのことからこんなにも目を背けてきたということ。

    月の下で真っ暗な海を見つめていた、じぶんというものが生まれたときの孤独な記憶が、あまりにも生々しく呼び起こされるような映画だった。
    あやまろ
    あやまろの感想・レビュー
    8時間
    3.2
    序盤の映像でとにかく酔って辛かったけど、内容はなかなか面白かった。
    3人の演技がすごい、幼少期、青年期、大人を通してシャロンであるのがすごかった。
    空飛ぶペンギン
    空飛ぶペンギンの感想・レビュー
    8時間
    3.0
    ずっと夜だった。
    映画の終わりとともにやっと朝が来ると思った。
    チョコミント
    チョコミントの感想・レビュー
    8時間
    4.0
    やっとみれた〜!
    いろいろ考えさせられるお話だった…
    映画としてはなんか独特の雰囲気があって、かっこよかった。
    なんていうのか、、人間て肌の色の違いとか、愛する相手が同性なのか異性なのか、とかってそんなに重要なのかな、、個性では済まないのかな。時代で変わってくるのだろうけど。人の優しさや強さはすてきだー!
    限界集落
    限界集落の感想・レビュー
    9時間
    4.0
    映像が綺麗
    黒人が映える
    あける
    あけるの感想・レビュー
    11時間
    4.5
    幼少から成年後のシャロンを静かに追いかけ見つめた。

    思い出すと涙が出そうになる映画ってあるけどこれもそんな記憶に残る作品。



    人の行間。
    言葉1つ1つ、表情や仕草1つ1つが優しく響いてくる。

    会話や時間の空白に篭っている思いにあらゆる気持ちが膨らむ。

    そして計り知れない。

    気持ちは測れないけど、起きたことがすべて。




    +++



    それにしてもケヴィンやんちゃだったけど何とも言えぬモテ感があって私も惚れてまうやろってなっておりました…。

    エンドロール短い!!
    kana
    kanaの感想・レビュー
    12時間
    3.7
    この作品に関してはいろんな人のレビューをたくさん見た、自分の感想がなかなかまとめづらい。
    シャロンがあのままフアンとテレサの家に住むようになったら普通の映画な感じだろうけどあの母親の元にずっと帰るし、いじめられるけどずっと同じ学校に通う、最初はいじめられっ子にも声かけてくれる友達がいるんだと思ったケヴィンと織り成す恋。呆気なくフアンはいなくなってしまったけど、ああいう大人はなかなかいないからこそ観た人は惚れる。『売人だけどお酒が弱い』『黒人男性の同性愛』。「よくある〜」には全くはまらないからこそモヤモヤした気持ちが残るんだと思った。
    三部のシャロン、ケヴィンを芯、ふとした表情そのまま演じきっていたのは圧巻だった。

    エグゼクティブプロデューサーがブラピ、驚いた
    mtbamboo
    mtbambooの感想・レビュー
    12時間
    3.5
    思っていた以上にボーイズラブがつまっていた。。。
    ぐぅ。。。かわいい。。。つらい。。
    サムカワ
    サムカワの感想・レビュー
    12時間
    4.8
    夜の海に行ってみようかな。


    アカデミー作品賞とか、そういう大々的な場で「大傑作です」とうたわれるほどような作品ではなく、端っこでそっと、さりげなく、それでも確実に、強烈に人の心を揺さぶる、とても繊細で美しく、シットリとした傑作です。


    序盤はかなりアクティブなカメラムーブメント、被写界深度に入らない被写体等々にストレスさえ感じるほど"見づらい"と思っていました。

    しかし話が進むに連れ、それらに意図があり、それ故生まれるカタルシスがあることがわかってきました。

    かなりクローズアップが多いなぁ〜……あ、ここで引きますか!


    さっきまでこの画角にはシャロンくんしかいなかったのに……今は……

    などなど、グッとくるんです。


    そして様々なところで特筆されているカラコレ技術によるウットリさせられる色彩と、波の音。

    中盤 シャロンくんが友人と2人語らう夜の浜辺のシーンで、それらが何故だか涙腺を刺激してきました。

    そのシーンだけでなく、本作の様々な箇所で、起こってること自体は普通の会話なのに……何故だろう、不思議と涙が込み上がってくるんです。


    あ、そこで終わるんだ。と、僕としては少し物足りなさを感じるタイミングでエンドクレジットへ行きましたが、しばらくすると あそここそが幕引きの最高のタイミングだったなぁ…と。

    エンドクレジット中、劇場を出て駅まで歩く道、電車の中、今現在 こうして文を打っている この瞬間まで後引く"何か"が頭の中を駆け巡っています。

    今年もすでにたくさんの最高な映画を観ましたが、本作はそれらとはまた違う、なんというか……

    "大切な一本"になった気がします。
    ぷんやま
    ぷんやまの感想・レビュー
    13時間
    -
    モノトーンな色合い、皮膚越しに流動する赤い血を見ているような映画。(採血ではない)
    とか書きつつ鑑賞前にお酒を飲み過ぎて後半見ていません。飲み過ぎた後に観る映画にしては重い。また観なおします。ぜったい。