ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・レビュー

    たらこ
    たらこの感想・レビュー
    13時間
    4.5
    語る数は少ないのに、パワフル。
    こんなにも暖かで爽やかな余韻が残る映画は珍しい。観ている最中というより、観終わってからくるものがある。

    印象としては重いものを感じるかもしれないけど、全然重くないのになぁ。ただただマイアミに住む1人の黒人青年の成長を3部に分けてさらっと描いただけ。その子の人生に、一般的に重いと言われてしまうキーワードが関わっているだけというか。原作者や監督が目の当たりにしてきた現実を映画化しただけで、実際のアメリカで起きていること。リアルなこと。それをとてつもない映像美と色彩で映している。

    複雑に入り乱れたストーリーじゃないから、え?これだけ?って感じる人もいるかもしれないけど、スクリーンでの一見の価値あり。テレビやPC画面じゃもったいないよ。キャスト全員すばらしい👏
    ゆーま
    ゆーまの感想・レビュー
    14時間
    3.3
    3/23 渋谷ユーロライブ試写会にて鑑賞

    映画の背景にある黒人社会について知らない自分にとってこの映画を理解するのは難しい。

    セリフも少なく、よけいな要素を省いているからこそ、映画ガーデンクラス訴えるメッセージを、社会の背景と組み合わせてみなければならない。

    ララランドのように普遍的に理解できる作品ではないので、観る人を選びそうだ。
    nal
    nalの感想・レビュー
    14時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    試写会にて

    大人になったシャロンが、
    死んだフアンにそっくりだったのが
    すごく切なかった。

    "お手本の大人"像は、
    フアンだけだったのかな。

    あの変わり果てた外見が
    内面の変わってなさを際立たせる。


    繊細な感情の動きを表現するための、
    "あえて"の演出が多かった。
    感情の起伏が大きくなるシーンを避けたり、
    ありきたりな風景の中で語ったり。

    エンターテイメントを求めて
    この映画を見ると
    物足りなさを感じるだろうな。


    個人的には、ケヴィンの気持ちを
    もう少し掘り下げてほしかったというか…
    これも、"あえて"なのかなー

    そういうの読み解いていくのが面白そう。
    だからもう一度観たい。
    スヌーピーマン
    スヌーピーマンの感想・レビュー
    14時間
    3.9
    試写みてきました!!
    ありがとうfilmarks!!

    至極シンプルな作品。
    映画というより
    舞台演劇に近いような
    アートのような

    エピソードの多くは黒人映画に良くありそうなものだが、決定的に違うのが終始パーソナルな視点で描かれている事。重いテーマだろうなあ…と構えていたが、一貫して主人公シャロンの感情の起伏が導線なので、大げさな「何か」は起こらず拍子抜けしてしまうほどだ。それでも引き込まれていくシャロンの痛みは自分の痛みである。111分間痛かった。

    母親役ナオミ・ハリスとマハーシャラ・アリの演技力は突き抜けて素晴らしかった。もちろん全員意味のある素晴らしい演技をみせる。そのせいなのか舞台っぽさを感じた。隙のない演技力の高さと、場の演出力の高さが違和感を感じさせない。やたら説明的な映画は苦手なので、行間を読ませる作品は好きである。

    が、本当に余白の多い作品なので、自分の読みには自信がない。その難しさに、アカデミー賞での珍事と、ラ・ラ・ランドの存在が加勢してくる。チャゼル監督の悲しい顔が頻繁に浮かんで来ては消えるため、行間を埋める作業に集中できなかった。チャゼルのせいだ。チャゼルも好きやで。

    たった25日間の撮影だとか、そのうちナオミ・ハリスは3日間だけの撮影でここまで演じ分けられたとか、シャロン役3名は一切接触を許されなかったとか…低予算にまつわる予備知識を上乗せすればすごいな~と。成功してしまった単館作品だな。3人のシャロンの目の演技が同じなのは、奇跡のひとつなのだと思いました。
    安住いち
    安住いちの感想・レビュー
    14時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    初めて観るタイプの映画だったかもしれない。
    日本では受け入れられにくいトピックを扱ってるけど、少しでも多く観て貰えたらいいなあ。

    なかなかバイセクシュアルの発想が自分の中になくて「えっ? ケヴィン、えっ??」ってなってしまった。
    フアンが亡くなった原因も時期も明かさないのはカッコいい。ドラッグの関連で死んだのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。どちらにせよ、フアンはもういないという一点が変わらない限り、シャロンはドラッグの売人になっていただろう。それが彼が生き残る術だったんだから。
    KAIRO
    KAIROの感想・レビュー
    14時間
    4.4
    とても美しい映画でした。


    黒人差別、LGBT、麻薬など、扱っているテーマが重いから難しい映画だと思っていたのですが、全然そんなことはなく、とてもシンプルなストーリーでわかりやすく観やすかったです(^-^)

    またシャロンを別の3人の俳優さんが演じているのですが、目が似てる人を選んだというだけあって、どの時代のシャロンも目がとても印象的でした。
    最後の時代のシャロンなんて、いきなりムキムキになってておいおい!?!?って感じでしたが笑、でも目はシャロンで、だからこそ最後のシーンが心に残るのかなとかんじました。


    そう、この最後のシーンがとっても素敵で!!
    シャロンの純粋な愛に、胸がぎゅっとなって涙が出てきました。


    試写会後のトークショーで、比較としてチョコレートドーナツが挙げられていましたが、それよりも断然後味のいい終わり方でした笑


    またもう一回、お金を払って観たいと思いました(^-^)
    salmonchan
    salmonchanの感想・レビュー
    14時間
    3.8
    一見シンプルに感じる映画だが作り手側の意図やセンスを終始、随所に感じられる。
    シンプルに魅せるからこそ、映像の美しさや音楽を強烈に感じられる。

    力強さや秘めたメッセージを感じる映画。

    海のシーンと幼少の頃の白いTシャツ姿が眩しかった。色遣いの綺麗さに自然と引き込まれる。
    クミ
    クミの感想・レビュー
    15時間
    4.0
    試写会にて

    一番思ったのは表情が1秒1秒繊細に描かれているなということ。若い人にはわかりづらいかなと思って観たが、なにか心にくるものがあり、朝になっても映像が頭をよぎっていた。
    きっと個人個人感じるものは違うけれど、多くの人にみてもらいたい一作。
    bravo
    bravoの感想・レビュー
    15時間
    3.5
    3/23 試写会にて鑑賞。

    観終わってすぐよりも後からからじわじわと考えさせられる。
    一夜明けても昨夜の映像が頭から離れない…。
    生まれた国や人種、環境によってどうにもならない人生ってあることを痛感させられる。

    美しい映像と音楽が素晴らしい。
    mdyk
    mdykの感想・レビュー
    16時間
    4.0
    人種の多様性に欠ける日本が退屈だと感じるときがある。人種だけではなくて、性別の多様性への理解の浅さにはうんざり。試写会のときも、美しいと思うシーンで声を上げて笑うオッサンが近くに座ってた。作品内でも、主人公は「オカマ」といわれて虐められる。私は幸運にもLGBTQの友達が何人か居るので彼らの価値観を近くで触れることができるが、テレビが生み出した「オカマ」のイメージの代償は大きい。

    この作品がこの時代にアカデミー賞作品賞を受賞したのには説得力がある。眼を見張る展開や派手さは一切ない。ただ淡々と私たちが過ごす日々と同じスピード感で流れる本作は、アメリカで大きな問題の一つである人種差別には触れていない。というか黒人しか出てこないので、そこで出てくるのは誰にでも馴染みのある差別(人種差別とかじゃなくて、性差別や小さないじめ的な)だからこそ肌の色関係なく、感情移入できる。

    その中で描かれる最高級にピュアな愛情たちが、あまりにストレートに刺さってくる。

    色で捉える像が美しい〜〜空の青い光、洗面台の電気、学校の蛍光灯、、、が彼らの黒に吸収され輝きます。映画館観る価値のある作品です、レンタルでもDVDではなくブルーレイにしましょう。